ようへいスタイル

拡散希望、父が膵臓がんです、病院の情報ください。

 

f:id:yohey-hey:20160801034001j:plain

 

2016年7月31日、追記。

おかげさまで、3000人の目に止まり、数十人の方から連絡を頂けました。

現在、検査の結果待ちですが、今後どのような展開になるのか、具体的な事例を含めわかる事ができました。

 

状況はあまり良いとは言えませんが、皆さんのお力により自身のやるべきことや、今後の想定ができたことを大変感謝いたします。

本当に有難うございます。

できることであれば、一人一人にお会いして、お礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。

家族がこのような危機にさらされるのは、本当に心身ともに辛く、今でもあまり受け止める事ができませんが、やるべき事としっかりと向き合って、家族で乗り越えていきたいと思います。

現在は十分な情報が集まりました。シェア有難うございます。

(2016年7月31日、追記。)

 

f:id:yohey-hey:20160730130811j:plain

 

拡散希望です。皆さんの力を貸して下さい。

大切な父が死んでしまうかもしれません。

ツイッターや、フェイスブックでシェアお願いできますか?

切実です。父が膵臓がんになりました。どなたか病院の情報ください。

 

 膵臓がんになった経緯

7月27日、胆石が体内に詰まっているだろうという事で地元の亀有の東部地域病院にて診断。

その時の検査結果で、膵臓の腫瘍が発覚。父は癌と宣告されました。

現在は入院していて、8月4日付近に詳細な検査結果がわかるそうです。

もしかしたら、その他の臓器に転移しているかもしれないとの事。

 

医学に乏しいぼくですが、インターネット上で色々と調べてみると以下のような事がわかりました。

「膵臓がんはわかりづらく、治療が困難。」

「他の臓器に転移している場合、摘出が困難」

「生存率が低く、再発率が90%以上」

 

要するに、ぼくの父は死と直面しています。

ぼくにとっては世の中でたった一人の父です。

 

今、30年間生きてきた中で、一番悲しいです。

  • 「親が死ぬかもしれない」
  • 「10年前、おじさんも膵臓がんでしんでいる」
  • 「母が一人になってしまう」

最初は耳を疑いました。父はいつも元気に趣味のオンライン将棋をしているし、まだ60歳ぐらい。

母とスカイプをしていて、涙が出てきました。

いつもは陽気で明るい母も、かなり暗い声でした。

 

今、全力で病院を探しています。膵臓がんは治療や手術が難しいようです。

医学の知識がないぼくでは、国立がんセンターぐらいしか思い浮かびません。

また、母も同じ状況で途方にくれています。

父に死んで欲しくないのです。

お父さん、もっと長生きして下さい。あなたに家族が出来たのです。

 

膵臓癌を完治して、新しい家族をみてほしい

このブログで書くのはじめての事ですが、実は先日結婚しました。

現在、カナダに在住しているのですが、9月には一時帰国して顔合わせをする予定です。

 

妻を父に会わせてあげたいのです。

これから幸せな家庭を築く姿を見て欲しい。

カナダで立派に成長している姿をみてほしいし 

近い将来、父には、まだ見ぬ孫と一緒に将棋をしている笑顔をみたい。

 

その為に、膵臓癌の治療に優れた病院を探しています。

でも、どの病院が良くてどうしたら良いのか、情報が不足しています。

病院選びは非常に大事だと思うし、なにより父の命が掛かっています。

 

膵臓がんの治療に優れた病院教えて下さい。

皆さんのお力を貸していただけますでしょうか。

どんな情報でも構いません。

  • 「わたしの知り合いはあの病院で治療していた」
  • 「この病院がいいんじゃないか?」

などの情報を頂けると助かります。

 

このブログのコメント、フェイスブック、問い合わせフォーム、またはツイッターに連絡いただけませんか。

 

ツイッター

フェイスブック

問い合わせフォーム 

 

最後まで目を通していただき有難う御座いました。

皆様からの貴重な情報おまちしています。