ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

3000回以上のありがとう、父の膵臓癌に対する情報提供を心から感謝致します。

f:id:yohey-hey:20160801042416j:plain

 

この度は父の、膵臓がんに対する情報提供本当に有難うございます。

おかげさまで、3000人以上の方の目に止まり、フェイスブック上で130以上のシェア、

ツイッターでもたくさんのシェアをしていただく事ができました。

父の癌を知った時は、視界が真っ暗になって涙が止まりませんでした。

 

  • 「父の死が近づいている」
  • 「もう1度会うことはできるのかな?」
  • 「妻をまだ紹介できていないのに。」

この先、ぼくはどうなるのだろう?なんだか、心に大きな穴があいて、目に映る全てがグレーに写って、色を失っていました。

しかしながら、たくさんの支えの連絡を頂き、今は徐々に平常心を取り戻しつつあります。

 

日本にいる知人、カナダの友人、医療に従事している方、家を一緒に住んでいるオーナー夫妻。悲壮な顔をしてる僕の側にいてくれた妻。

ぼくと会ったこともない人達もが、親身になって父の心配をしてくれて、本当に助かりました。心から感謝致します。

 

その結果、有益な情報がたくさん集められました。

 

膵臓癌の父の検査後の展望

その中でスノーボード仲間の母が、ぼくの父と同じ病院に通っていて、同じ膵臓癌、似ている事例を知る事ができました。

 

地元の亀有にある東部地域病院に診察、膵臓癌の摘出が必要。

がん研有明病院 

 

という流れだったそうです。

8月4日ごろに出る検査結果待ちですが、恐らくぼくの父も同じようになると思います。

がん研有明病院 は日本でもっとも癌に対する研究、治療が進んでいる病院の一つで、とても高い医療技術を誇っていることが分かりました。

 

ただ、転移していた場合はそもそも抗がん剤での延命治療をするのみになってしまうですが。

 

たくさんの連絡を頂けたことにより、事前の想定をすることができました。

 

www.yohey-hey.com

 

はっきり言って、状況はかなり厳しいと思います。

  • 2センチの腫瘍であっても、膵臓癌においてはかなり進んでいる
  • 転移がしやすい癌である
  • 生存確率がその他の癌に比べると低い

うん、なんかこれを読んでいるだけで、ぼくが父の立場だったらうつ病になってしまいそうです。

実際、4割以上の癌患者の方がうつになってしまうとの医学データもあるそうです。

 

日本に帰ったら僕の元気な姿を見てもらって、父の側にいてあげたいです。

 

今回は本当にたくさんの方に支えられました。

助けてくれて有難うございます。

平常心を取り戻しつつありますが、心がやや不安定です

もし、またぼくが困ったら助けてください。一人では潰れてしまいそうだから。

 

そして、父の膵臓がんが少しでも良くなるように祈ってください。

 

本当に有難うございました。