ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

オリンピンクのメダルしか信じられなかった人間の末路

 

f:id:yohey-hey:20160810112511j:plain

 

4年に1度しかない大会で結果を金メダルを目指す。

それって、確率的にみてかなり無理があると思うし、写りようによってはちょっと滑稽にも見える。

 

そんなアスリートの末路についての考察

 

オリンピックのメダルの価値

4年に1度の大会に勝利することは、我々の想像を絶する以上の達成感だろう。

どれぐらいなんだろう?

メダルを取ったことがないからわからない。

 

ぼくが学生時代、柔道の大会のメダルでさえ嬉しかったのだ。

世界一となれば、もう計り知れない。

 

しかしながら、そのメダルの価値は結構一時的だと思う。

1年もしたら、誰がどの大会でメダルを取ったとかほとんど覚えてないですよね。

 

そう考えると、メダルの価値ってそんなに高くないと思うんですよね。

だって、継続的に感動を与えたり、世の中に影響を与えることは難しいから。

 

その人のステータスにはなるかもしれないけれども、過去の栄光を肩書きにするのはどうなのだろう?

 

オリンピックのメダルの取得後

よく、

「●●大会の金メダリスト」

 

って、肩書きがあるけれども、あれは結構ダサいと思う。

だから何?みたいな。

 

結局いまのその本人はどうなんですか?

そういう、メダルの肩書きがある人ほど、よくわからない政治家だったり、教育委員会を牛耳ってたりする。

 

今のあなたに変化だったり、魅力的な部分がないと結果的に過去の遺産なんですよ、メダルなんて。

競技によるだろうけど、20年前の世界一は現在の、国内標準レベルだったりすることなんてザラだと思うし。

 

そもそも、4年に1度必死に頑張って、成果を出すっていう時点でナンセンス。

1勝がそんなに嬉しいのだろうか。

 

なぜ、オリンピックを多くのアスリートが目標にするのだろうか。

別に、権威ある大会はたくさんあるのに。

 

一過性の結果しか求めないこと自体に違和感を覚える。

 

一過性の結果に満足しないために

しっかりと勝てるフィールドで戦っていますか?

自分を見つめるってマジで大事だと思いますよ。

1勝よりも、変化を続けて、勝ち続ける方が魅力的。

 

そのための、意識をしっかりと持っていきるべき。

 

 

耐える人生か。選ぶ人生か。
前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくる。

諦めることは、逃げることにあらず。
与えられた現実を直視し、限られた人生を思い切り生きるために、
よりよい選択を重ねていくことこそが「諦める」ことの本質である。
オリンピックに3度出場したトップアスリート・為末大が、
競技生活を通して辿り着いた境地。

 

一過性の勝利ではたどり着けない境地。

そんなヒントがつまった本になっています。

 

終わりに

 

メダル取得後、大半のアスリートは名前を聞かなくなってしまう。

そんな一過性のことでは終わらせずに、日々変化し続けて、世の中に感動を与えるアスリートがモット増えてもいいのではないだろうか。

 

今回のオリンピックでメダルを取得したアスリートの変化が楽しみである。

 

エンジョイ!