ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

 

海外生活をしたい人へ、3年間経験して感じた事をまとめる

・海外生活に興味がある

・仕事や学校を辞めて、一時的に海外で暮らしたい

・海外移住してのんびりと生活したい

この記事はそんな方向けてに書かれています。

 

こんにちは!そろそろ海外生活歴3年の天野ようへいです。

初めて海外で暮らすときは不安な事が多かったですが、結果的には楽しくやっています。

 

将来的に、海外での生活を考えている」っという人は、読み進めていただけるとリアルな体験談をお届けできて、参考になると思います。 

 

インスタにて、「ようペー」という名前で、カナダ生活や英語についての投稿をイラストで毎日行なっています。

 

f:id:yohey-hey:20180717083307p:plain

 

詳細を見たい方はこちらからアクセスしてみてくださいね。 

ようぺー(@yopei0722) • Instagramを見る

 

もし良ければ、フォローお願いします^ ^

 

目次

 

ぼくの海外生活歴

f:id:yohey-hey:20180208054459j:plain

 

2013年から「スノーボードをやりまくりたい!

っという気持ち一心でワーキングホリデーを利用してカナダに遊びに来ました。とりあえず、気軽に遊びにきたら住んでしまった。というのが、大きな流れ。

 

日本の仕事をやめる前はなんとなく不安だったり心配でしたが、海外生活はなんとかなるもんですね。

詳細はこちらの記事に掲載しておりますので、よければどうぞ。

 

関連記事:天野ようへいのプロフィール

 

海外生活をする前のイメージ

・生活するのにお金がたくさんかかりそう

・言葉が通じない

・しっかりと生活していけるか不安

 

「なんとなく」のイメージで物事を考えていたのですが、実際に必要なお金を算出することによって不安も軽減された。言葉も英語であれば、学校で習った範囲でとりあえず大丈夫。

 

海外生活に対する詳細のイメージが高まれば、不安や心配が軽減されてくるのかなと思います。やっぱり、経験したことないことは不安に感じやすいですよね。

 

海外生活の費用

・固定費:132,025円
・変動費:116,000円
・その他:40,000円
・合計:288,025円

 

夫婦二人で諸々合わせると月々約29万円、年間約345万円となりました。

月々いくら必要?カナダで夫婦二人ぐらしの生活費を計算してみた!

 

以前書いた、生活費の記事より引用。

カナダのウィスラーというスキーリゾートの場合は月々約29万円が必要となりました。独身の場合は、単純に計算してこの半分ぐらい

 

これは物価によって大きく異なってくると思いますが、家賃や食費などの大まかな項目が出せれば概算の値が算出できるのではないかと思います。 

 

なので、これから海外生活をしてみたいと思う方は、ざっくりで良いので生活に必要なお金を算出してみることをおすすめします。この辺りは、国や地域によって大きく異なりますが、インターネットで調べればさほど難しくないかと思います。

 

実際に海外生活をして辛かった事

f:id:yohey-hey:20180208054456j:plain

言葉の問題や日本食があまり手に入らないことは想定はしていました。やっぱり、梅干しや納豆は食べたいじゃないですか(笑)。しかしながら、現地ならではの食文化を楽しむ方向にシフトすると意外に悪くないと思います。

 

個人的には

  • 日本との時差
  • 読みたい本が読めない

 辺りが地味に、不便さを感じます。電子書籍で読んだりできますが、まだまだ対応していない作品も多いのですよね。

 

友人や親と連絡したい時も、時差が地味に面倒でした。

ただ、海外生活ならではの苦労みたいなものは、あまりないような気がします。やはり、プラスの側面が大きいので。

 

海外生活をしていて気づいた事

f:id:yohey-hey:20180208054524p:plain

それぞれの生き方やスタイルがあって良いと思った

多種多様な価値観があって楽しい。ぼくは今のところ、カナダしか経験がないけれども、ヨーロッパや東南アジア方面での生活もしてみたいと思う今日この頃です。 

 

日本はマジで住みやすい

よく「日本は●●が遅れれている。だめだ!」みたいな、批判を聞いたりしますが、

いやいや、それでもめっちゃ住みやすいよ!

 ってぼくは思います。

 

アマゾンで頼んだものは大体3日以内には届きますし、最近では1時間以内に届くサービスもあるらしいじゃないですか。

「周りの人を思いやる気持ち」も強いと思うので、それはとても良い一面だと感じます。

 

コンビニいけば大抵の買い物は出来るし、本当に素晴らしいです。

 

収入が減っても幸福度は上がる

これが一番大きな発見だなと思うのですが、日本では

「収入=幸福度」と捉えられがち。実際、収入が増えると出来ることが増えるし、行動範囲も広げやすいから、一概に間違ってはいないけれども、過剰に収入に意識が向きすぎている気がする。

 

住む場所が変わると、幸福度も上がる」っていうのは一つの大きな体験でした。そして、海外で生活するにあたり収入は減りました。けれども、幸福度は高まったので、収入に拘り過ぎるのもあまりよろしくないなと痛感。

 

関連記事:「日本は超拝金主義」お金より大事だと思う2つの事

 

逆も然りで、住む場所が良くないと幸福感は得られづらいのだなと感じました。

 

やっておいて良かった事

f:id:yohey-hey:20180208054506j:plain

 

ブログは「本当にやっておいてよかったな」と思います。記録することによって自分と向き合うことができるし、発信することによって新たな情報を得やすい環境を構築することできました。

 

また、ブログからの収入を得ることができます。旅をしながら生活するノマドワーカーに憧れている人はブログ運営をしておくと、めっちゃ良いですよ。

 

いわゆる、「時間と場所に囚われない生活」を目指しているのであれば、ブログを持っておくと集客ツールであり、お金も生み出しやすいです。

 

海外生活に書かれている本やセミナー

これは広く知られていると思いますが、地球の歩き方編集室が出版している本を一読しておくと良いです。必要な情報が体系立てて、まとめられているので非常に便利です。比較的、旅行者向けですが長く暮らす上でも知っておくと役立つ情報が多い。 

 

 

あとは、都市部では無料で海外留学セミナーみたいのが開催されていたりするので、そういったセミナーに参加してみるのも一つの手段。無料なのに、そのセミナーならではの有意義な情報を得られたりします。

 

海外生活を経験して後悔している人はいない

f:id:yohey-hey:20180208054511j:plain

 

別に目標なんてなくて良いと思うのです。住みたいから、なんとなく住む。 

 

仕事をしていると、「現在のキャリアがなくなるのが勿体無いな」とか感じると思うのですが、気持ちはすごいわかります。ぼくも実施にわりと大手企業に勤めていて、それなりのキャリアを積んで待遇を得られていました。

 

しかしながら、

仕事をやめる(学校を休学する)→海外生活を初めて、後悔している人を見たことがありません。

 

少なくともぼくの周りでは「あの時、海外生活を経験してよかったな」っと思っている人が99%です。

 

だから、海外生活に憧れを抱いていたり、興味があるのであれば

とりあえず、やってみれば?」って思います。まじで。

死にはしませんから。

 

まとめ:海外生活してみると人生の幅が広がって楽しい

もし、この記事を読んでいて、

海外生活に興味がある」っという人は、とりあえずで良いので経験してみたらいいじゃん!っと声を大にして言いたい。

 

もし、海外生活がうまくいかなかったとしても、長い人生にでみたとき、きっとプラスになると思いますし。

やってみれば、なんとかなりますよ!

実際にぼくがそうでした。

 

もし、迷っているようなら、ご連絡いただければ簡単な相談ごとぐらいはのれるかもしれないので、お気軽にどうぞ!おそらく返信がまばらですがご了承を(笑)。

 

ようぺー(@yopei0722) • Instagramを見る

 

ご参考になれば幸いですー!

 

関連記事

重複する部分もあると思いますが、ぼくの実際のカナダ生活などは、こちらにまとめています。

「カナダ移住」約3年住んでわかった、7つのメリットと5つのデメリットまとめ

 

カナダの永住権取得の道のりはこちら。海外に永住に興味あるひとは参考になるかも。

カナダに移民に必要な手続きとは?永住権の取得方法や費用など

 

その他の海外移住生活に関してはこちらのカテゴリーでまとめています。

カナダ移住生活 カテゴリーの記事一覧 

ワーキングホリデーではクレジットカードを絶対に2枚以上持つべき理由

 

有料になりますが、永住権取得の課程をこちらに綴っています。

カナダの永住権獲得するまでに行った全行程