ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

自宅でマイニングも出来る!bitzeny(ビットゼニー)の買い方と海外取引所「C-CEX」〜チャートや直近のレートについて〜 

こんにちは、天野洋平です。ビットゼニーすごいですね。ここ数日でバーチンと凄まじい勢いで値上がりしています。

 

f:id:yohey-hey:20171208084137j:plain

 

朝起きたら3円→昼食後10円→夜には20円を突破。一時70円以上をつけたようです。バブルっぽい雰囲気もしますが、「第二のモナコイン」などと言われて、仮想通貨をホルダーからは大注目を浴びています。

 

そんなBitZeny(ビットゼニー)についての特徴・懸念点・買い方や今後についてなどまとめてみました。ちなみに、日本国内での取引は今のところはできないので、海外取引所のC-CEXあたりを使っておくのが無難です。

 

 

目次

 

 

BitZeny(ビットゼニー)とは

f:id:yohey-hey:20171208084126j:plain

・リリース:2014年11月7日
・発行上限:2億5000万枚
・マイニング:CPUでマイニング
・ブロック生成時間:90秒

 

一番の特徴は独自のコミュニティを形成しているので、流動性が高い。また、投げ銭制度を利用しているので、「第二のモナコイン」などと呼ばれて人気が高い。

 

SNSでの投げ銭制度は他にもReddCoinなどがありますが、やはりコミュニティの強さが価格の値上げを後押していると思われます。恐るべし、戦闘能力。ちなみに、仮想通貨のアイコンは募集中らしいので、どなたかデザインしてみては?!採用されたら、面白いですね。

 

BitZeny(ビットゼニー)の特徴

・国産の仮想通貨である→コミュニティが活発
・CPUで簡単にマイニングができる

 

1,国産の仮想通貨である

モナコインと同じ、日本国内から始まった仮想通貨。そのため、日本での独自のコミュニティが形成されている。 例えば、実際に以下のようなサイトがあります。

 

Bitzenyフォーラム:ビットゼニーに関する掲示板のようなサイト
グッズショップ:グッズの販売サイト
ぜにぃ姫(投げ銭ボット):投げ銭ができるBot(人気につき、一時停止中?)

 

Tシャツ販売もしているそうです。

f:id:yohey-hey:20171208084952j:plain

 

ZNY払 」というあたりが時代を感じさせますね。

このシャツは、誰か買った人いるのだろうか・・・(笑)。 

 

2,CPUで簡単にマイニングができる

 

Mac・Windows共に自宅のパソコンでマイニングが可能。元々の開発者が、

ビットコインのマイニングしたいのに、自宅じゃ難しいのかよ!

っと思い、ビットゼニーを立ち上げたようです。

 

ちなみに、現在開発者の人は音信普通だとか。ビットコインを作ったと言われる「ナカモトサトシ」のようですね。

 

BitZeny(ビットゼニー)の価格推移・チャート

f:id:yohey-hey:20171208084137j:plain

 

だた、2014年で開発が止まっているようです。でも、新しく開発チームを募って現在開発が再開されるとか。

 

z2.0.x 開発プロジェクト - BitZenyフォーラム

 

あまり活発に開発は進んでいないようですが、今後に期待したいと思います。

 

BitZeny(ビットゼニー)を購入した理由

多くの人が言われていますが、やはりコミュニティが強い仮想通貨は伸びやすいと感じたからです。

 

これは仮想通貨に限らず、人々が活発的な地域は産業も盛り上がりやすいし、そうでない地域は逆に衰退していくと思います。ぼくはカナダの田舎町に住んでいますが、人の流れで驚くほど経済が変わるのだなと体感しています。

 

実際にモナコインは急騰しましたし、カルダノが開発するADAもプレセール時より80倍以上の価格をつけています。ADAも独自のコミュニティがあるような気がします。

 

関連記事:【徹底解説】ガルダノが開発する仮想通貨のADA(エイダ)コインって?おすすめの取引所など

 

また、日本ではあまり知られていませんが、ビットクラブが発行するClubcoin(クラブコイン)もビットクラブ加入者が独自のコミュニティを形成しているので、10倍以上の値上がりを見せています。そのため、多くの人がに応援されている仮想通貨こそ今後も上昇が期待できると思っています。

 

他の通貨と同様に買い方はとても簡単ですが、市場規模や流動性がまだまだ小さいのであくまで小額です。

 

懸念点と今後の課題など  

1,開発者が不在

先ほども少し触れましたが、現在改めて開発が進められています。この辺りでどのように進んでいくのかが、今後のビットゼニーの成長の鍵になると思います。

 

2,取引所リスク

 

ビットゼニーを扱う、海外取引所のC-CEXについて。これはビットゼニーに限ったことではありませんが、上記のようなトラブルがつきものです。ぼくも実際に、Bittrexに送金したはずの小額のビットコインが着金されていません。そして、未だによくわからないまま(泣)

 

対策としては、一度に多くの送金をしないこと、取引所に大金をおかないことが現状ベストだと思います。

 

BitZeny(ビットゼニー)の買い方と取り扱い取引所

海外取引所のC-CEXでの取り扱いをしています。まずは、日本の取引所でビットコインを購入する必要があります。ここでは、C-CEXの登録方法とビットゼニーの買い方について説明していきます。

 

まだ日本の国内の取引所でビットコインを購入したことない人は、Zaifおすすめ。手数料が安いし、使いやすいです。

 

 

関連記事:Zaifの口座開設(登録方法)と入金方法について

 

1,トップページより「creat account」を選択

f:id:yohey-hey:20171208084034p:plain

 

2,フォームに従って必要事項を入力後、利用規約を読んで同意。表示されているアルファベットを入力して登録。

f:id:yohey-hey:20171208084040p:plain

 

3,メールアドレスを確認して、リンクにアクセス後、完了f:id:yohey-hey:20171208084043p:plain

4,トップーページ左側の「LEDGER」→BTCの「Get new address」を選択。

(BTCをC-CEX取引所に送金できるようになる。)

f:id:yohey-hey:20171208084020p:plain

 

5,トップページのTRADE→検索窓ににて「zny」と入力

f:id:yohey-hey:20171208084029p:plain

 

6,画面下の方にビットゼニーのチャートが表示され、取引可能。

f:id:yohey-hey:20171208084024p:plain

 

あとは、日本の取引所と同じように売買する事ができます。 

また、2段階認証も忘れずに登録しましょう

 

BitZeny(ビットゼニー)の将来性と今後の予定

 

Yo-bitに上場予定(?)もあるそうです。現在価格は20円程度ですが、一時70円以上をつけたことも考えると注目の過疎通貨と言えます

 

また現状では、日本人の取引が圧倒的多数を占めているので、海外に波及されたときがどうなるのか楽しみな所です。海外ではレストランなどでもチップ文化が盛んなので、オンライン上での投げ銭についても相性が良い気がしています。

 

そういうわけで今後に注目しています。

 

まとめ

・独自のコミュニティがあり、自宅でマイニングもできる

・買い方は海外取引所の「C-CEX」へ

・現在、改めて開発中なので今後に期待

 

いかがだったでしょうか?モナコインのように急騰してくらたら、嬉しいのですが果たして・・・。「あの時買っておけば、、、」っとなると、とても悔しいので、小額購入してみました。

 

あなたがもし「面白そうな通貨だな!」っと思ったのならば、小額購入してみると良いと思います。

 

ぼくの場合はどちらかというと、値上げに期待というよりも興味づけの範囲です。ご参考になれば幸いです。