ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

【徹底解説】ガルダノが開発する仮想通貨のADA(エイダ)コインって?おすすめの取引所・買い方など

 

アマゾンで78時間限定の年末の特大セールを実施!

【12/8(金)18:00~12/11(月)23:59】

年末限定のセール会場はコチラ

2000万点が対象で50%の値引率も多数、お見逃しなく!

 

・ADAコインやカルダノ財団について気になる!

・詐欺って言われていたけど、大丈夫なの?

・購入する場合、安く買う方法はあるのか気になる。

この記事はそんな方へ向けて書かれています。

 

こんにちは。

17,000ADA(約25万円)を保有している、ようへいです!

 

ADAやカルダノについて、海外サイトなど読んだりしてまとめてみました。詐欺だと騒がれていた真相や今後の価格など、考察してみたいと思います。ちなみに、ぼくは今後も100円(約6倍)ぐらいまでは上昇すると思っているので、ガチホ(長期保有)していきます。

 

この記事ではADAについてや買い方などをまとめていきます。 

購入する場合は,Binanceが手数料が安いのでおすすめです。

 

 

目次

 

ADA(エイダ)コインとは

f:id:yohey-hey:20171203043130p:plain

  

ADAコインをざっくり説明すると、カルダノ財団が開発する「オンラインカジノに特化した仮想通貨」です。

 

カルダノ(英: Cardano)は、カルダノ財団・IOHKにより開発が進められている、ブロックチェーンのオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトである。

 

同プロジェクトによる、分散アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称でもある。 ADAまたはADAコイン・エイダコインと呼ばれる仮想通貨がカルダノブロックチェーン上で取引されている。

カルダノ (ブロックチェーン) - Wikipedia

 

ADA(エイダ)コインとガルダノの特徴 

インターネット上には色々と難しい解説や技術的な事がかかれているページもありますが、こちらの動画が仮想通貨におけるカルダノやADAコインの立ち位置が理解しすかったです。

 

仮想通貨に疎いぼくの妻でも「わかりやすいね」っと言っていたので、ADAコインやカルダノについて知りたい方は見ておくと勉強になると思います。 6分程の動画なので、移動時間などでもサクっと見れます。

 

CARDANO紹介動画

 

要約すると以下のようになります。

 

・オンラインゲーム市場は2010年から2015年にかけて約2倍に成長

・オンラインカジノ市場の成長の期待がある。

(2015年時点で、利用者は4000万人と言われている)

・カジノ市場は世界で50兆円

イーサリアムの元CEOである天才数学者Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)が開発リーダー

・ユーザーは不正のないプレイ環境、開発者は個人でもカルダノを利用して開発。

・ADAの発行量は決まっている(450億ADA)なので、価値の上昇が期待されている。

 

ゲーム市場が伸びているのはスマホの普及により、多くの方が実感している事かと思います。 カルダノはその中でも「オンラインカジノ市場」におけるプラットフォームの開発を行っています。

 

また、カルダノやADAは注目を集めていますが、その要因の一つに、イーサリアムの元CEOのCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)さんが開発リーダーに関わっている事が挙げられます。

 

f:id:yohey-hey:20171203043151j:plain

 

ツイッターでの自身の活動の情報発信も行っています。

>>Charles Hoskinson (@IOHK_Charles) | Twitter

 

また、仮想通貨に関してTEDでプレゼンしている動画があります。日本語字幕付きで非常にわかりやすいです。「仮想通貨の将来性・可能性」をわかりやすく解説しています。

 

The future will be decentralized by Charles Hoskinson 日本語字幕付き

  

ADA(エイダ)コインが詐欺だと騒がれていた理由

ご存知の方もいるかもしれませんが、ADAコインは一時期(2017年9月以前)

あの通貨は詐欺だから止めておいたほうが良いよ!

っと言われていた時期がありました。 

 

今では世界でも最大級の取引量を誇るBittrexに上場されて多くの人によって売買されています。現在の市場の状況は下記のようになっています。(2017年12月2日時点)

 

  • 時価総額が9位
  • 1日に60億円以上の取引
  • 3 907億円の市場規模。

 

詐欺だと言われていた当時は、ぼくも周囲のその声を真に受けて

詐欺コインはやべーぇよ、やめておこう・・・」っと思っていました。でも、理由はよく知らなかったので、詐欺と言われていた原因を調べてみました。

 

結果的には詐欺ではないことがわかって、良かったです。そもそも詐欺コインが時価総額9位でBitrexなどの大手取引所に上場されるのは考えづらいです

一部ではそういった怪しいコインもあるので、要注意だとは思いますが・・・。

 

プレセールでの価格が一口10万円と高すぎた

f:id:yohey-hey:20171203043146j:plain

 

普通、ICOのプレセールで購入できる量は任意または、小額から購入できるのが一般的です。理由は、その方がより「多くの方からお金を集められる」っというのがあると思います。

 

しかしながら、ADAに関しては一口10万円から。さらに、具体的なプロダクト(サービスや商品)のテストも公開されていないので

これってなんか、怪しくない??!

 

っと言った声が広まってしまいました。しかも、日本だけなぜか2回のプレセールが実施されていたようです。 

 

度々、上場が延期されている

2015年9月にプレセールが行われてから、2016年には上場するよ!っと発表があったのですが、一向に上場しなかった。いつまでたっても上場しないってどういうこと?!っという声が高まってしまいました。

 

いつまでたっても上場されないので、詐欺だといわれても仕方なかった一面もあるかなと思います。しかしながら、ADAコイン以外にもこのような上場延期の出来事は起こっているので、ADAがこんなに詐欺だと騒がれてしまったのは不思議なものです。

 

泉忠司さんが怪しいと騒がれたいた

決定打はこちらの要素が大きいようです。

 

泉忠司さんという方が、「絶対に儲かる」「今すぐ買わないと損!」っとブロックチェーンや暗号通貨の技術的な部分や理念にあまり触れずに、お金の部分だけクローズアップされていたので、怪しがられていた。

 

しかしながら、事実プレセールの時の価格(約0.2円)からすでに80倍に近い価格をつけているので、10万円分買った人は800万円になっているから「これは正しかった」っという事になります。

 

でも、人間「絶対に儲かる」だけ強調されてしまうと斜に構えてしまうのは仕方のない事かなと思います。

 

ちなみにカルダノ財団理事長のMichael Parsons(マイケル・パーソンさん)は「1ADA=1ドルを目指す」発言していた時期もあるので、実現を前提とした場合伸び代はまだまだありそうです。 

 

ADA(エイダ)コインの価格推移・チャート

f:id:yohey-hey:20171203043135p:plain

 

プレセール時約0.2円〜-0.3円

2017年10月:Bittrexに上場後8円→3円前後に落ち着く 

2017年12月現在:15円前後を推移 

 

Bittrexに上場されてからも、価格は上昇傾向にあります。今後、

1ADA=1ドル(約110円)を目指すのか、個人的に楽しみなところです。

  

ADAコインを購入した3つの理由

ぼくはADAに注目しているのでBittrexに上場した10月中旬の3円ぐらいの時に11,000単位と、Binanceで6,000単位合計で約17,000ADA保有中です。

 

1,カジノ市場は今後も伸びると思う

オンラインカジノ市場はかなり高い確率で伸びると思っています。オンラインゲーム産業自体が伸びているので、今後もジャンルの一つとして成長すると感じています。

 

海外だとポーカースターズなどのオンラインカジノが人気ですが、この流れがブロックチェーンに実装されて「新たな波を呼ぶのでは?」っと思っています。

 

2,今後も多数の取引所に上場される(っと思われる)

この記事を執筆時点での仮想通貨の時価総額ランキングは以下のようになっています。

f:id:yohey-hey:20171203050332p:plain

 

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインなどなど。これらの時価総額が上位の仮想通貨が、どれぐらいの数の取引所に上場されているのか調べてみました。基本的に、上場している取引所の数が多いほど取引量も上がり、需要も高まりやすいっと考えたからです(=価格の上昇)。

 

(この中には、同じ取引所でもBTC/JPY・BTC/ETHなど異なる通貨での取引も含まれています。)

 

ビットコイン:400以上

イーサリアム:400以上

ビットコインキャッシュ:147

リップル:85

ダッシュ:119

ライトコイン:400以上

ビットコインゴールド:42

アイオータ:13

 

上場されている取引所の数にばらつきはありますが、いずれも

時価総額上位の仮想通貨は多くの取引所に上場されている傾向が強い」っということがわかります。

 

で、「ADAコインはどれぐらい上場されているの?」っというところを見ていきます。

  

f:id:yohey-hey:20171203050420j:plain

 

3社でした。

わずか3社で時価総額が9位。これってすごい事だと思いませんか?ぼくは単純にすごいと思いました。今後、上場されるごとに価格が上昇していくと考えられます。

 

そして、上場予定について。

 

f:id:yohey-hey:20171203050426j:plain

 

カルダノのホームページより。

これ以外のその他の取引所にも上場されることが考えられるので、価格の上昇を期待しています。

 

3,ぼく自身が利用してみたいサービス

ぼくはギャンブルとかカジノとか結構好きなタイプでして、「実際に利用できたら面白そうだな!」っと単純に感じました。カルダノのオンラインカジノがあったら、1日中遊んでいると思います。

 

っというか、すでにある既存のオンラインポーカーサイト(ポーカースターズ)などで、めっちゃやりまくっていた時期があります。

 

1週間ほど、ろくに睡眠も取らずに、ポーカーのテキサスホールデムにハマっていた時期があって、「嫁に3日間、口を聞いてみらえなくなった」みたい事件もありました(汗)。

 

それはさて置き、色々なギャンブルをブロックチェーンを活用して、オンラインカジノで遊べたら「不正の入る余地がない」ので、公平に遊べるし楽しそうだと思います。ぼくみたいな人は結構いると思うので、需要は高いと感じています。

 

懸念点と今後の課題など

具体的なサービスやテスト製品がない

理念や計画などは打ち出されていますが、残念ながら現段階で実績は1ミリもありません。「期待値」が先行している状況です。

 

ビットコインであれば決済で少しずつ利用されていたり、日本では現在4500箇所で使用できるのが、2018年には20万箇所で利用といった具体的な実績と計画があります

 

しかしながら、カルダノやADAには具体的な部分が乏しいです。2018年には徐々に明らかになってくると思います。

 

カルダノが市場を取れるのか?

オンラインゲーム市場は今後も間違いなく伸びると思いますし、それに伴ってオンラインカジノも盛り上がると思います。どれぐらい盛り上がるかは分かりませんが、少なからず、現在より認知が高まり利用者が増えるはずです。

 

しかしながら、「カルダノが市場を取れるのか?」っと言われると、競合が現れて負けてしまう可能性もあります。ビジネスは先行者優位と言われているので、今の所似たようなプロジェクトは立ち上がっていないので、カルダノは優位に立っているかもしれません。

 

競合にオンラインカジノ市場を大きく取られてしまう可能性もあるのをリスクの一つとして考えておく必要はあると思います。ちなみに、 既にある仮想通貨「Game」とは市場が被らないので、現状では競合はいない状態です。

 

ADA(エイダ)コインの購入方法(買い方)・取引所

大手のBittrexでも購入ができますが、Binane取引所の利用をおすすめします。理由は、

 

  • 手数料が安い(0.05%〜0.1%)
  • 海外取引所なのに、日本語対応をしている

 

Bittrexの手数料が0.25%なのでBinaceより2.5倍も高い事が分かります。少しでも安く買えたほうが良いと思いますし、日本語対応しているのはストレスがなく取引をする事ができます。

 

また、Binanceでは扱っている仮想通貨の種類も豊富なので、最近はVERGEなどの他の通貨を購入して主に使っています。

 

関連記事:図解で3分でわかる!Binance取引所の登録方法(口座開設)と使い方

 

 

ADA(エイダ)コインの将来性と今後の予定 

 

上記のように韓国の取引所に上場されるようなので、注目しています。韓国は時価総額2位のイーサリアムの取引がもっとも盛んな国です。そして、ADAの開発者はイーサリアムの元CEOのチャールズ・ホスキンソンさんです。

 

そういった意味でもADAに一定の注目が集まり、買いが入ると思います。取引所に上場されると認知度も高まるので、価格の上昇が見込めるかなと思います。 

 

1ADAが100円は実現可能なのか?

ADAの発行量は450億枚です。すごいざっくりになってしまいますが、現在のカジノ市場の50兆円のうち1割がカルダノの市場で成り立ったとします。

 

その場合市場は5兆円になるので、それらをADAで賄った場合5兆円÷450億円=111円。1ADAあたり、111円をつける事になります。この半分だとしても55円程度。これぐらいが結構現実なラインなのではないかなーと読んでいます。

 

そもそも、世界中で5兆円の市場規模になるのか?ADAの開発が順調に進むのか?などの課題はあると思います。市場の成長とADAの将来性に期待できる人は、まずは小額もっておくと良いと思います。当たり前ですが、カルダノが破綻するリスクもありますしね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ADAは現在15円でまだまだ十分に安い価格なので、保有しておくと価格の上昇が見込めると感じます。

 

カルダノでオンラインカジノができるようになる日を楽しみにしているので、17,000ADを保有→100円を超えるまで長期保有していきます。

 

購入する場合はBinaceが手数料も安くて、使いやすいのでおすすめです。取引の幅も広がるので、「今後も仮想通貨投資を続けていこうと思っている」っという人は利用していないともったいないです。前述したように、無駄な手数料を払い続けている事になるので。

 

まだ、使った事ない人は是非とも利用してみて下さいね。