ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

ネム(XEM/NEM)を買い方と直近チャートについて

こんにちは!ネムを1万単位(約23万円分)保有している、ようへいです。この記事では、ネムついての将来性や買い方などを綴ってみました。個人的にはネムは将来的に大きく動くのではないかなと思っています。

(あくまで、個人の判断ですよ!)

 

ちなみに、ネムを買う場合は、Zaifがお得です。Zaifは手数料も安く独自の仮想通貨も多く扱っているので、登録しておくと取引の幅が広がります。

f:id:yohey-hey:20170528171236p:plain

Zaifの登録はコチラ!

ネム(XEM/NEM)とは?

f:id:yohey-hey:20171030133254p:plain

NEMNew Economy Movement(新しい経済の動き)の頭文字をとっています。NEM表記方法はXEM(ゼム)。総発行量は約90億枚となっている。

 

ネムの特徴

・Proof of Importance(POI)が革新的

・ハーベストで手数料が貰える

 

POI

f:id:yohey-hey:20171030133252j:plain

NEMの最大の特徴はProof of Importance(プルーフオブインポータンス)を採用。直訳すると、「重要な証明

 

Proof of Importanceは、取引を活発的に行った人が報酬を貰える仕組みです。ビットコインのマイニングとは異なる、ハイスペックなパソコンや電力などのランニングコストがかかりません。

 

これにより富裕層だけではなく、広く一般の方に利用されるような、「新しい経済の動き 」を実現しようとしています。

 

ハーベスト

f:id:yohey-hey:20171030133246j:plain

 

ネムの公式ウォレット「Nanowallet」を使って、手数料をもらうことができます。10000XEM以上を持っている人なら、パソコンをオフの状態でも貰うことが可能。

 

ぼくは、まだ設定をしていないのですが、近々試してみようと思います。小額ですがコツコツと入るみたいです。塵も積もれば山となる(?)

 

 

また、ブロックチェーン「mijin」がヤバイんです。

 

ブロックチェーン「mijin」について

 

mijinとは?

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

 

テックビューロ株式会社開発中のブロックチェーン。2018年以降に導入予定で「金融機関のインフラコストを1/10未満に削減すること」が期待されています。カタパルト(mujinのバージョンアップ)の実施に伴い、大幅な機能向上が注目を集めています。

 

上記の映像では、具体的な用途がややイメージしづらい部分がありますが、それだけ「今までにない新らしい技術」だという印象を受けました。

 

ネムのチャート

f:id:yohey-hey:20171030160617j:plain

 

2017年からのチャートです。5月(上記のチャートの真ん中あたり)40円以上の高騰をつけた後に、現在は22〜23円付近で落ち着いています。

 

で、将来性はどうなのよ?

っという、人が多いと思いますが、ぼくは期待できると思っています。

あくまで個人の理屈や直感ですが 、大まかな理由としては

 

・実際にICOで広く使われている。

・ネムを扱っている、テックビューロ社の勢いがある。

mijinブロックチェーンが実際に使用され始めている。

 

世界一の投資家フォーレンバフェットの言葉で

投資をする時は「事実と実績を見よ」っといったセリフを聞いたことがあります。

  

仮想通貨業界は、事実も実績もほとんどないような「期待値」だけで、値動きしているものが多い。事実と実績」で考えた場合、ネムに1万単位以上投資するのは、悪くないのでは?っと個人的には思っています。

 

前述したように、カタパルトの実施に伴って今後、ネムの価格上昇すると読んでいます。

 

同じような理由で、取引所のCoincheckを利用して、リップル(XRP)を1万単位程保有中。リップルはFRB(連邦準備制度)が後押しをしているぐらいの仮想通貨なので、期待が持てるかなと思っています。

 

時価総額

f:id:yohey-hey:20171030133258j:plain

  

仮想通貨の時価総額ランキング7位、約2,080億円となっている。ちなみに、ビットコインは約11兆円。ここからどれだけ伸びるのか?楽しみなところです。

 

Zaifで購入するのがおすすめ

ネムは下記のように、様々な取引所で扱っています。

 

・coincheck(コインチェック)
・Zaif(ザイフ)

・Poloniex(ポロニエックス)
・Bittrex(ビットレックス)

 

国内取引所の、「coincheck」か「Zaif」が安心です。海外取引所はサポートがいまいちだったり、使い面で最初のうちは慣れない事が多かったです。

 

Coincheckは扱っている仮想通貨の種類も多いのですが、購入手数料が安いZaifが良いと思います。ぼくも実際に、Zaifでネムを保有しています。

 

大きな流れとしては、以下のようになります。

 

1,メールアドレス認証

2,本人確認書類の提出

3,入金→取引開始

 

登録自体は3分程度で、とても簡単にできます。

さらに、詳しい登録方法を下記の記事に買いているので参考にしてみてくださいね。 

 

関連記事:Zaifの口座開設(登録方法)と入金方法について

 

ネム(XEM/NEM)の買い方

ここではZai取引所でのネムの買い方を紹介します。

 

1,「取引」→「XEM/JPY」と選択。

f:id:yohey-hey:20171030133304j:plain

 

このケースでいうと、1単位,22.7円で取引をすることができます。 

買いたい数量決め、「買い注文」を選択すると、注文が完了です。

 

ネムの買い方・まとめ 

  • ブロックチェーン「mijin」に将来性がある
  • さらに、mijinのアップデートが控えている
  • 実際に、使われ始めている
  • 安く購入する場合は、Zaifが安心

 

Zaifは手数料も安く独自の仮想通貨も多く扱っているので、登録しておくと取引の幅が広がります。ぜひ、使ってみてくださいね!また、「自動積立」を利用することにより、毎日コツコツと自動で積み立てることもできます。

 

ネム以外の仮想通貨も手数料が安いため、他の取引所よりも安く購入できるケースが多いです。Coincheckbitflyerと併用しておくと手数料で損をしないで済みます。正直、Zaifを適宜使わないと、無駄に手数料ばかり支払ってしまうことになるので、もったいないです。

 

まだ、開設していない人は是非とも利用してみてくださいね。

f:id:yohey-hey:20170528171236p:plain

Zaifの登録はコチラ!

 

もし、わからない点などがあれば、コメントよりお気軽にお問い合わせ頂けたらなと思います。