ようへいスタイル

羽生善治さんの「直感の7割は正しい」から学ぶ「直感力」の重要性と鍛え方

昔々、とあるセミナーでこんな言葉を聞いた事があります。

「一流は直感で決めて、三流は理屈で決める。」

画像の説明文

当時の心境は、「うーん、なんとなくわかるような、わからないような・・・」

ただ、頭の片隅になぜか、ずっと残っていました。

 

そんな中、羽生善治さんの「直感力」という本に出会いました。

その中の学びや気づきを紹介します。

 

直感とは

直感と聞くと、「ヤマカン 」のような当てずっぽうな感じで思われるが、それとは正反対。

 

直感の正体とは何か。  たとえばひとつの局面で、「この手しかない」とひらめくときがある。一〇〇%の確信をもって最善手が分かる。論理的な思考が直感へと昇華された瞬間だ。  

 

以前、カーネギーメロン大学の金出武雄先生と対談をさせていただいたときに「論理的思考の蓄積が、思考スピードを速め、直感を導いてくれる。

 

計算機の言葉でいえば、毎回決まったファンクションが実行されているうちにハードウェア化するようなものだ。それまでは毎回発火していた脳のニューロンが、その発火の仕方がいつも同じなので、そこに結合が生まれ、一種の学習が行われたということではないか」と指摘してもらったことがあった。

 

つまり、直感とは、論理的思考が瞬時に行われるようなものだというのだ。 

直感力 (PHP新書) 羽生 善治

 

一瞬で脳が導きだしてくれている結論の事。これってものすごいことですよね。

一目惚れで結婚したカップルは離婚率も低いのだとか。お互いが自分自身にとって必要な存在というのが根底に強くあるそうです。 

 

ぼくが感じた人生で感じた直感 

ぼくはスノーボードが好きすぎて、カナダに遊びにいったりしたわけですが

「ここに行ったら、結構ヤバイ経験ができそうな気がする」といった感覚的な要素で決断しました。ただ、これがぼくの人生にとっては一つの転機でした。

その後も、長く住む事になったのですから。

 

このブログ運営についてもそうです。あるとき、プロブロガーのイケダハヤトさんの本に出会い「なんとなくできそうだなー、やってみるか!」っと言った、感覚的に始めました。おかげさまで、ブログだけで生活できるぐらいの水準にはなってきました。

 

羽生さんは著書の中で「直感の7割以上が正しい」といっています。そして、ぼくの経験からも例え直感が外れたとしても、大きく外すってことは経験上あんまりないかなーと感じています。

 

たまに、麻雀の時に

「嫌な流れだなー、これめっちゃ負けそう」と感じると、本当になってしまう時もしばしば(笑)まぁ、逆もしかりなんですけどね。

 

直感力を鍛えるには?

羽生さんは以下のについて、挙げていました。

 

  • 底を打つ
  • 何も考えずに歩く
  • 他力を活かす
  • 道のりを振り返らない

 

世田谷区の駒沢大学駅の近くに住んでいた時に、たまたま羽生さんが駒沢公園を散歩していたのを見かけたことがあります。駒沢公園は1周2キロぐらいの比較的大きな公園なのですが、そうした時間が羽生さんにとって直感力が鍛えられているそうです。

 

ぼくは朝か夜にランニングをしているのですが、この記事書いたら面白そうかも?とか、インスピレーションは「ふとした瞬間」に降ってくる事が多いです。

 

現代人は忙しいので日々何かに追われがち。

ですが、1日に10分でも良いので、「何も考えない、何もしない」時間を作ってあげると、不思議と「良い気づき」と出会える事が多いです。

 

意識しないと何も考えない時間というのは作る事が意外に難しいので、少しでも何もしない時間をつくって直感力を鍛えて、自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

直感力に関する本 

羽生さんの本を読んでから、直感力って面白いなーと感じて感じたので、いくつか読みました。なので、羽生さんの本当合わせてご紹介します。

 

直感力(羽生 善治)

f:id:yohey-hey:20170428161501j:plain

生涯通算獲得タイトル数歴代1位、史上最速での1200勝達成、王座を奪取し三冠! 進化を続ける希代の棋士の「直感力」を初めて開陳。「直感」と「読み」と「大局観」。棋士はこの三つを使いこなしながら対局に臨んでいる。そして経験を積むにつれ、比重が高くなり、成熟していくもののひとつが「直感力」であるという。

 

(中略)

 

迷走続ける現代社会に生きる我々に、自分を信じ、突き進む力と勇気を与える一冊。

 

将棋の棋士が場面によっては、直感力で手を読んでいるってちょっと意外な感じじゃないですか?複雑で状況によって、変化する将棋においても直感力は大事なものなんですね。

 

 

中学生でプロ棋士になってから、第一戦で活躍しつづける棋士の名作です。

将棋がよくわからない人にも、とてもわかりやすく書かれています。

 

 

直観力(メンタリスト DaiGo)

f:id:yohey-hey:20170428161042j:plain

 

2秒で最高の決断ができる。

 

私たちの人生は選択と判断、決断の繰り返しです。『直観』を使いこなしている人は、「意志決定の速さ」と「後悔のなさ」を可能にします。本書では、直観力をアップする「生活習慣」や「トレーニング」を紹介。

 

日本一のメンタリストが初めて明かす、初の直観本。直観は鍛えることのできる技術です。直観とは脳がこれまでにインプットしてきた経験や学習のデータベースから、無意識に答えを引き出してくる超高速の脳の意思決定のプロセスです。

 

ちょっとコツを掴むだけで、驚くほど高速に決断できるテクニックを収録!
恋愛、結婚、仕事、夢…。即断即決ですべてを手に入れる人は、『直観力』を磨いていた! 

 

最近は、企業のコンサルタントやセミナーなどで活躍しているメンタリストのDaiGoさんの本。

 

直感が働きやすくなる4つのサイクルや直感を働かせる為の時間の使い方などが読んでいて面白かったです。早寝早起きは三文の得とよく言われますが、実はこれには直感が生かされるための秘訣と、しっかりとした科学的裏付けもあったのです。

  

最近は特に、夜に作業しないようになりました。

「何をやるかよりも、何をやらないか」の方が重要かなと改めて気づかされたので。

 

 

一流をつくる「直感力」トレーニング

人生を左右する仕事・就職・投資・恋愛・結婚…大事な選択・決断を間違わない技術。イチロー、T・ウッズなどスーパーアスリーツを研究する「スポーツ天才学」の第一人者が、右脳を活性化させるトレーニング法を伝授。

 

将棋の羽生さんも著書の中で書かれていましたが、

「直感力はトレーニングによって上がる」との事。

 

羽生さんの場合は将棋に関する事柄も多かったですが、汎用性の高いトレーニングの方法が記されています。

 

 

直感力に関するまとめ

振り返ってみると、「自分の頭でしっかり考えなさい!!」みたいなことを学校や職場などで言われたことはありますが、「感じなさい」と諭してくれる人はあまり居ませんでした。

 

しかしながら、ぼくの周りにいる尊敬できる人や仕事でバリバリ活躍している人は、「考えるのは二の次」となっている人が多いように思います。

  

世の中には考えても分からない事は結構多いもので、そうした時に「直感力」を羅針盤にしていきたいですね。また、直感は自分で決める事だから、例え間違えたとしても後悔は少ないはずです。

 

合わせて読みたい!

kindle unlimitedを1年間使ってみたので、 おすすめ本・漫画などを紹介