ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営が変わったことによる、シルク・ドゥ・ソレイユ「TORUK(トゥルーク)」アバターの感想

f:id:yohey-hey:20161216095854j:plain

 

ぼくは合計で4回シルク・ドゥ・ソレイユを見に行ったことがあるんですね。

ラスベガスのK(カー)、バンクーバーでTOTEM(トーテム),KOOZA(クーザ)

そして、今回のTORUK(トゥルーク)。

 

4日間だけ、バンクーバーの会場で開催されているので、ウィスラーから車で2時間ぐらいかけて妻と出撃してきました。

内容的には今までのシルク・ドゥ・ソレイユのイメージとはちょっと違いました。

 

動的演出から静的演出が増えた印象です。

 

妻はいまいちだったかなーと言っていましたが、僕的にはそれなりに面白かったです。

今日はそんなレビュー記事。これから、日本に上陸する可能性もあるので、なるべくネタバレにならないように、見所を紹介していきます。

 

 

シルク・ドゥ・ソレイユ、アバターの感想

シルク・ドゥ・ソレイユってサーカスだから、アクロバティックな演出が多いイメージですよね。今回の「TORUK(トゥルーク)」は、映画のアバターを元に構成されています。

 

映画が原案という時点で、「ストーリー性がかなり高い構成」というのは事前情報から、ある程度は予測していました。

そして、予想以上にストーリ性の強いショーとなっていました。

 

アクロバティックはちょっと少なめな印象。しかし、ぼくとしてはプロジェクトマッピングで世界観を演出だったり、パフィーマンスもそれなりにあったので、見応えは感じました。

 

シルク・ドゥ・ソレイユの変化

シルク・ドゥ・ソレイユは実は2015年に買収されているんですよね。

 

買収を決めたのは米国テキサス州に本拠地を置く「TPG Capital LP」と中国の「Fosun Capital Group」、そしてカナダ第二の規模を誇る年金基金団体「Caisse de dépôt et placement du Québec」の3つ。

シルクドソレイユが買収された!!騒動をめぐるアーティストの想い | なわとび1本で何でもできるのだ

 

元・シルク・ドゥ・ソレイユのアーティスト粕尾将一さんが当時の現状を綴ってくれています。経営陣が変わるということは、何かしらの変革が起きるということは想定されましたが、今回はその一環なのかな?という、印象を受けました。

 

残念ながら空席が思った以上に目立っていました。感覚的に1〜2割ぐらいは空席だったような。以前よりも集客力が低下している、感じがします。

 

今後はどのようになっていくのでしょう。

ぼくとしてはファンなので非常に楽しみなのですが、この演目の日本での公演はどのよな反響があるのか。

 

エンターテイメントの世界ではさらに変化が激化しているように思います。

新しいものを常にお客さんは求めており、今回の演目の中には新しさを感じることはできました。

 

なので、そういった一面が強みになってくるのではないかと感じます。

 

シルク・ドゥ・ソレイユ「TORUK(トゥルーク)」のアバターのまとめ

サーカスとしての立ち位置から徐々にシフトしている、そんな印象を受けた。

1年に1度ぐらいはバンクーバーにシルク・ドゥ・ソレイユのショーが来てくれるので、次回の鑑賞がとても楽しみです。普段、なかなか見に行く機会はないですからね。

 

日本で公演があった時は足を運んでみてください。

今までとはちょっと違ったショーで面白いですよ!

 

エンジョイ!