ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

日本に上場されるTRON(トロン)を69,548TRX購入した理由と買い方・チャートを説明する

f:id:yohey-hey:20180103035149j:plain

 

・TRONってどんな銘柄なの?

・将来性や買い方を知りたい。

・どこの取引所で購入するのが良いか気になる

この記事はそんな方に向けて書かれています。

 

こんにちは!マイナーコインを買いまくっているようへいです。今回はTRONを69,548単位(約25万円分)購入してみました!なかなかの金額です。これが無くなったら少し泣けるのですが、投資した理由と将来的な展望・買い方などをまとめてみました。

 

一番の要因は日本に上場前というニュースが入り「価格の上場が期待できる」っと判断したからです。日本の市場は世界でもっとも熱い。そこに上場されたら、今以上に取引量もあがり価格も押し上がるという旨味があると考えました。

 

TRON(トロン)は 中国の取引所のBinanceで買うことが出来るので、もしあなたがTRONを気になっているようなら日本上場前に購入することをおすすめします

 

 

目次

 

TRON(TRX)の特徴

TRON is a blockchain-based decentralized protocol that aims to construct a worldwide free content entertainment system with the blockchain and distributed storage technology.

 

The protocol allows each user to freely publish, store and own data, and in the decentralized autonomous form, decides the distribution, subscription and push of contents and enables content creators by releasing,circulating and dealing with digital assets, thus forming a decentralized content entertainment ecosystem.

 

Peiwo App with over 10 million users will become the first TRON-compatible entertainment APP.

波场[TRON]

 

近年注目を集めている分散型のプラットフォーム 。後ほど紹介しますが、中国で1000万人以上のユーザーを誇るエンタメアプリ「Peiwo」での実装がされているそうです。

 

発行枚数は1000億枚と非常に多いがそれだけ幅広い用途での使用が想定される。また、2017年8月28日に公開されてから高い注目を集めている。

 

1,1000万人のSNSユーザーアプリ「Peiwo」と提携

f:id:yohey-hey:20171227062817p:plain

 

エンターテイメントアプリの「Peiwo」。

 

使用感が知りたかったので、実際にアップルストアからダウンロードして利用を試みましたが、どうやら中国国内での携帯電話の番号(86から始まる番号?)が必要のようだったので、利用することは出来ませんでした。

 

調べたところ音楽ストリーミングサービスが利用出来たり、マッチングアプリのようなSNSのようです。 

(中国で使ったことある人いたら、使用感など教えていただけたら嬉しいです。)

 

中国では人気が高いアプリで実装されているという事実は大きいと思います。

 

2, oBike(オーバイク)と提携

f:id:yohey-hey:20171227062821j:plain

 

obike(オーバイク)という自転車のシェアリングを行っている会社との提携。日本でも同じようなサービスがありますが、今後も普及が加速していくと思います。特に観光地に行った時など、自転車があると移動がスムースで楽ですしね。

 

3,アリババとの提携

f:id:yohey-hey:20171227221725j:plain

 

中国版のアマゾンと言われる、アリババとの提携もされています。やや大袈裟かもしれませんが、「TRONはアマゾンと提携した!」っと考えてもらえるとイメージしやすいと思います。これって、ものすごいインパクトのある事ですよね。

 

誰でも気軽に使えるわけで、利用者が増える事が想定されます。実際にアリババを覗いてみましたが、ユーザーインターフェースも良い感じかなという印象。190以上の国々に商品を提供して、40以上に渡るカテゴリーを扱っている。日用雑貨や電化製品や消耗品なども置いてありました。

 

f:id:yohey-hey:20171227221731j:plain

 

上記のように中国で既存のサービスに実装されたり、提携をしていることによりTRONの注目度が高まってきています。

 

TRON(TRX)のチャート

f:id:yohey-hey:20171227062825j:plain

 

で、実際の値動きはどんな感じなの?」っというのが気になると思いますが、今の所は順調に上昇していっています。理由は前述したような企業との提携が発表されたりする度に価格に現れています。

 

f:id:yohey-hey:20171227221648p:plain

 

中国の取引所のBinanceでの取引高が全体の75%を占めていることからも、中国で頻繁に売買されていることがわかります。

 

時価総額

 

発行量が多いので時価総額でも比較的上位に付けています。24時間の取引量も20位以内と比較的高い位置に付けている。それだけ売買が頻繁に行われていて「将来的に面白そうだな!」っと感じる人も多いのだと思います。

 

ぼくがTRON(TRX)を買った理由

f:id:yohey-hey:20171227062829j:plain

 

じゃじゃん!

 

そういうわけで、Binanceを利用して69,548単位のTRONちゃんを購入してみました。ちなみに、2017年のクリスマスに買いました。自分へのクリスマスプレゼントということにしておきます(笑)。

 

1,日本上場前で価格の高騰が期待できる

これはスーパービックニュースで、TRONの代表者のJustin Sun氏が「日本の取引所に上場するよー!」っということをツイッター上で発表しています。

 

 

もし、コインチェック・bitflyer・Zaifなどの利用者が多い取引所に上場されるようであれば、インパクトはものすごいことだと思うのです。今の所はコインエクスチェンジでの上場が濃厚と噂されています。

 

日本市場はビットコインの取引が世界でもっとも盛んな国なのですが、アルトコインの取り扱い数は非常に少ない現状。そのため、新たなアルトコインが上場されることにより

 

注目度が高まる→価格の上昇!!っというケースが想定されます。

かなりインパクトのある出来事だと思ったので、このツイートを目にした瞬間に慌ててポチりました(笑)

 

2,John McAfeeが言及

こちらは後付けの理由になりますが、セキュリティソフトのマカフィーの創業者John McAfeeさんがTRONについて言及しています。

 

ツイッターでのフォロワーも50万人以上いて、

マカフィーがつぶやいた銘柄は価格が急騰する」っと騒がれています。

 

 

そのため、John McAfeeさんがつぶやく銘柄により自動的に買い注文を入れるbotを運用する人も出てきています。

 

 

それだけ影響力がある方でもあり、セキュリティソフトを世に広めたことから「先見の明」がある人なのだと思います。

 

3,ビットコインキャッシュの立役者ジバン・ウー氏

ビットコインキャッシュに大きく関わった・ジバン・ウーさんが関わっていることでもTRONは注目を集めています。

 

技術は人なり」っという言葉がぼくが在籍していた大学の理念として掲げられていました。素晴らしい技術を生み出すためには、まずは人ありき。ぼくはこの言葉が好きです。

 

そのため、「どんな人がどんな理念でその技術(仮想通貨)」を作っているのかは重要なポイントだと思います。儲かれば良いっという考え方は否定するつもりはありませんが、本来はお金は後からついてくるものだからです。

 

将来性やその他の思うこと

中国との大手企業などとの提携をしていることから、「既ににサービスとしての利用されている」っという事実はかなり大きいと思います。

 

これは勝手な予想ですが、エンタメ系のサービス・銘柄は人気が高まると感じます。YouTubeのCM「好きなことで生きていく」から始まりそういった事が流行っている昨今ですが、エンタメ系の要素はますます時代が必要としているのかなーと感じます。

 

個人的には日本に上場しなかったり、John McAfeeさんがつぶやかなかったとしても気になっていた銘柄だったのでいずれ購入していたと思います。

  

TRON(TRX)の買い方

すでに紹介していますがTRONを買う場合は、Binance一択といった感じです。

手数料が0.05%・日本語対応・扱っている銘柄が80種類以上と豊富な取り扱いなので、取引の幅を広げるたい方にとっては非常によいサービスです。

 

 

こちらの記事に登録方法や入金のやり方、各銘柄の買い方などを書いているので、あわせて参考にしてみてくださいね。仮想通貨を始めたばかりの人でも操作しやすく扱いやすいです。

 

関連記事:図解で3分でわかる!Binance取引所の登録方法(口座開設)と使い方 

  

TRON(TRX)の買い方やチャートについてのまとめ

TRON自体は立ち上がったばかりですが、実績と将来性は投資するのに十分値すると判断したので、25万円を入れてみました。日本に上場された時の値動きと注目度・今後の動向が非常に楽しみです。まずは、目指せ10円台といった感じかな。

 

もし、あなたがこの銘柄を気になっているようであれば日本上場前に小額購入してみることをおすすめします。なぜならば、取引所に上場されると価格が上昇傾向にあるのは、その他の銘柄が証明ずみです。

 

既にビットコインなどの仮想通貨を取引していて、「今後、価格が上昇する銘柄を探している」っという人にっては数万円程度入れておくと恩恵が受けやすいと思います。

 

価格は20円あたりを推移しているので、今が買い時かもしれません。メールアドレスだけで簡単に登録可能なので、まだ利用していない人は利用してみてくださいね。

 

 登録は3分程度で完了

 

関連記事

【厳選6選】仮想通貨投資でおすすめの草コインや海苔コインはコレだ!買い方や取引所について

仮想通貨のADA(エイダ)コインの買い方やカルダノをわかりやすく解説 

「Zaifコイン積立」はおすすめ?申し込んだので、メリット・デメリットをまとめてみた