ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

【次はいつ?】ビットコイン保有者は読まないと損する!ハードウォーク時にやっておくべきこと

 

アマゾンで78時間限定の年末の特大セールを実施!

【12/8(金)18:00~12/11(月)23:59】

年末限定のセール会場はコチラ

2000万点が対象で50%の値引率も多数、お見逃しなく!

 

こんにちは、ビットコインにハマっている天野洋平です。この記事では、ビットコインがハードフォークした時の対応と、損しないためにやっていることを綴っていきます。

 

次のハードフォークいつなのよ?って人や、ビットコインを保有している人は読んでおくと機会損失が減ると思います。

 

目次

  

ビットコインのハードフォークとは?

f:id:yohey-hey:20171128070554j:plain

 

ハードフォークは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

ハードフォークとは

 

2017年はビットコインのハードフォーク(分裂)が頻繁に行われる年となりました。現在までに3回、今後も少なくとも6回のハードフォークが予定されています。

 

ハードフォークについては様々な説明の仕方があると思いますが、簡単に言うと

「今までとは別のブロックチェーンに分かれて、別の仮想通貨に生まれること」です。

 

いまいちピンとこないと思いますが、ビットコインの場合は「ビットコイン●●」っといった全く別の仮想通貨が誕生します。そして、保有者は新たに生まれた「ビットコイン●●」を受け取ることチャンスがあります。

 

過去のビットコインのハードフォーク一覧

・2017年7月31日:Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)

・2017年10月24日:Bitcoin Gold(BTG・ビットコインゴールド)

・2017年11月25日:Bitcoin Diamond(BCD・ビットコインダイヤモンド) 

 

この記事を書いている時点での価格はそれぞれ以下のようになっています。

 

・ビットコインキャッシュ:約179,000円

・ビットコインゴールド:約39,000円

・ビットコインダイヤモンド:約90,000円(1BTCにつき、10単位配布されました)

 

これらの金額を合計すると308,000円になります。

うーん、地味に大きな金額ですよね。

 

今後のビットコインのハードフォークはいつ?

・2017年12月1日:Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム)

・2017年12月15日:Super Bitcoin(SBTC・スーパービットコイン)

・2017年12月31日:Bitcoin Uranium(BUM・ビットコインウラン)

・2018年1月2日:Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス)

・日時不明:Bitcoin Silver(ビットコインシルバー)

 

少なくとも5回以上の分裂が予定されています。言い換えると「ビットコイン保有者は5回は無料で仮想通貨を受け取れるチャンスがある」っということです。

やや不思議な話ではありますが、現状はそのような仕様になっています。

 

過去のハードフォーク後も、ビットコインは値段は上がっている。 

過去三回のハードフォークの時の前後1ヶ月間のビットコインの価格を比べてみました。結論から言うと、分裂の影響を受けずに上昇傾向にあります

 

ビットコインを購入、アルトコイン→ビットコインにしたところですぐに値崩れするリスクは低いです。

 

ビットコインキャッシュの時

f:id:yohey-hey:20171128072450p:plain

 

2017年7月31日に分裂されてからも、ビットコインの価格は上昇

緑の線が価格で・水色の線は取引された価格です。

 

ビットコインゴールド

f:id:yohey-hey:20171128072445p:plain

 

2017年10月24日もビットコインキャッシュと同様にゆるやかに上昇

 

ビットコインダイヤモンドの時

f:id:yohey-hey:20171128072441p:plain

 

2017年11月25日の分裂後に、ビットコインの価格は100万円を突破しました。こちらはまだ分裂されたばかりなので、数日分のデータになってしまいますが、これらの過去の事例から

 

ハードフォークによる価格の下落は起きづらい」ということがわかります。

 

価格が下落しづらい要因としては、ハードフォークが起こる度に、改めてビットコインの注目度が増して買う人が増えているためだと思われます。

 

一年間の価格推移

f:id:yohey-hey:20171128072456p:plain

 

ご存知の方も多いと思いますが、2017年1月に1BTCが10万円だったが、現在は100万円を超えてきました。現状では、

 

ビットコインを保有しておくと、価格が上昇傾向。ハードフォークも起きて利益も上がりやすい

っといった図式になると思います。 

 

「ビットコイン●●」受け取り損ねないために、やるべきこと

「分裂したコインを取り扱っている取引所に登録すること」っが必要になります。

 

どの取引所が良いか?はその都度異なってきますが現状では、分裂が発生する日時までに海外取引所の「Binance」にビットコインを送金しておくことが、一番良いと言われています。

 

先ほども紹介しましたが、今まで分裂により1BTCあたり合計で約30万円の付加価値がついています。所有しているのが、0.1BTCだったとしても3万円の資産が増えるので、やっておかないともったいない損かなと思います

 

ぼくも12月の分裂に備えて、保有しているビットコインをBinanceに一旦全て送金しました。

 

 

日本の取引所は「対応しない or 対応が遅い」

日本の取引所では取り扱わなかったり、取り扱うのが結構遅いのであまりおすすめはしません。

 

「ユーザーの安全性を確認している」っというのが主な名目になっていて、それは有難いことなのですが、その間にも価格は前後してしまっているので、出来るだけ迅速にハードフォークした仮想通貨を受け取れるに越したことはないかなと思います。

  

分裂したコインを受け取ったあとは?

長期保有しても良いし、短期で売り抜けてもどちらでも良いかなと思います。ツイッターを見ていると短期で売り抜ける人が多い印象ですが、「どの選択がベストなのか」は正直良くわかりません。

 

ビットコインキャッシュが誕生した時は、

「この仮想通貨には価値がない」っと言われていましたが、全ての仮想通貨の中では時価総額3位の価値をつけています。

 

一瞬ではありますが、イーサリアムの価値を上回った時期もありますし、将来的にもっと注目を集めて用途が増えるかもしれません。長期保有or短期売り抜けは、個人の好みや趣向が強く影響する部分かなと思います。

 

個人的には長期保有していこうと思っています。前述のように、長期保有による価格上昇の傾向が強いためです。

 

ハードフォーク前のアルトコインの価格について

アルトコインは一時的に価格が下がる傾向にあります。これは

 「ハードフォークするなら、アルトコインを売却してビットコインを保有しておこう!

っという流れが働くため、売りが殺到して価格が下落するからです。

 

ハードフォーク前にビットコインを保有しておき、新しい仮想通貨をゲットするのは王道の流れですが、特定の仮想通貨を買い増ししたい場合はチャンスとも言えます。

 

ハードフォークについて思うこと

ぼくが勉強不足なだけかもしれませんが、

そもそも、ハードフォークを行うメリット

がいまいちわかりません。

 

別のブロックチェーンにより新たな仮想通貨ができることは、「儲かる」っという観点では良いのですが、それ以外に思いつきません。あまり長くは続かなそうな傾向な気もします。

 

とりあえず、現状では「貰えるものはもらっておこうかな?」っという感じで、海外取引所のBinanceにビットコインを移しています。

 

長期保有する場合はハードウォレットの活用しよう

「Binance」に送金したビットコインのハードフォークが終わったら、極力ハードウォレットにビットコインを保管することをおすすめします。ぼくはレジャー・ナノSというハードウォレット活用しています。

 

現状では一番使い勝手が良く、安全性が高いと言われています。

 

Ledgerは、仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。Ledgerシリーズは、その安全性を妥協することなしに、他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。


デバイスをPCのUSB端子に接続するだけでWebブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることがありません。

  

これはビットコイン以外の仮想通貨にも言えることですが、取引所がGOX(破綻)したりすると保有する仮想通貨が全て失われてしまうからです。

 

ハードウォレットはそれなりの費用がかかりますが、「全額失う危険性」に晒されたままビットコインなどを保有しているのは嫌なので、活用しています。

 

 

 

使い方も比較的、簡単のようなので今後レビューしていきます。

   

まとめ

  • 今後も5回のビットコインのハードフォークが予定
  • 分裂したコインを受け取るためには、「Binance」にビットコインを送金
  • 長期保有の場合はハードウォレット活用

 

2018年以降もハードフォークが行われるかは現在は未定です。しかしながら、ブロックチェーンの分岐は仕様上、今後も続く可能性があります。

 

日本の取引所に保有していると、少なくとも今後の5回の分裂によるコインの付与を行わずに損してしまうかもしれません。この機会に海外取引所のBinanceを利用してみてはいかがでしょうか?

 

日本語対応もしているので、とても使いやすいです。

 

3分程度で登録ができますので、ビットコインを保有している方は今すぐこちらに送金しておくことをおすすめします。

 

f:id:yohey-hey:20170528171236p:plain

Binanceに登録する

合わせて読みたい!

図解で3分でわかる!Binance取引所の登録方法(口座開設)と使い方