ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パウダーボードでスノーボードをすると超楽しい!おすすめを紹介します!

f:id:yohey-hey:20161204213100j:plain

 

スノーボード暦12年の天野洋平です。

買っちゃいました、パウダーボード!むふふ。

 

パウダーボードとは?

f:id:yohey-hey:20161204213104j:plain

 

「新雪=パウダーを滑るための板」

そのまんまですね (笑)。

こんな感じで、カッチョよく滑れる板です!

 

f:id:yohey-hey:20161204213102j:plain

 

普通の板と大きく違うところは、ノーズが長くて雪に埋もれずらいと言った、メリットがあります。パウダーにドカーーッと突混んで、思いっきり転けたり、埋もれたりした事ある人多いのではないでしょうか。

 

f:id:yohey-hey:20161127120754j:plain

(これはいきすぎか! 笑。) 

 

とにかく、そういった事を防止してくれる優れものです!

ぼくは今までパウダーボードは持っていなかったのですが、今回思い切って購入してみました!

 

「雪国に住んでるんだから、パウダーボードぐらい買いなよ!」

っとスノーボードをあまりやらない嫁に、脅されて買いました

(嫁恐るべし。)

 

でも、パウダーボード自体は試乗したり、友達のを乗せてもらって良さは存分に感じていました。良い機会かな。

 

パウダーボードを購入してみた

f:id:yohey-hey:20161205143603j:plain

 

購入したのはカナダのウイスラーの「クリアランスセンター」というお店

安いし、品揃えもまずまずなのでおすすめです。

そして、購入した板はこちら!

 

f:id:yohey-hey:20161204213105j:plain

 

299ドル!日本円にすると約3万円ぐらい。安い!普通はこれの倍ぐらいします。

サロモンのわりとしっかりとした板。定価は840ドルぐらいでした。

2年前の型落ちモデルが奇跡的に残っていました!ありがたやー。

 

f:id:yohey-hey:20161204213103j:plain

 

長さは160㎝。身長180㎝の僕と並ぶとその大きさがよくわかります。

でかいですね。でも、この長さが良いんです!

 

パウダーボードのメリット

f:id:yohey-hey:20161204213101j:plain

 

パウダーがダントツに滑りやすい!

やっぱり、普通の板だと深い雪に入った時に、どうしても対応がしずらいんですよね。

だから、板を別に分けてあげると、かなり調子が良いです。

 

ぼくの住んでいるカナダのウィスラーはかなりの豪雪地帯なので、雪が降った時はこのパウダーボードを愛用していきます。ウィスラーでは比較的使っている人が多い印象があります。

 

日本でも、新潟の石打丸山スキー場で、ペンションで働きながら暮らしていた時、パウダーボードで滑っている人をちらほらと見かけました。白馬あたりでも、最近はパウダーボードを持っている人が増えたかな。

 

また、大したパウダーでなくても、メインスタンスでのロングランやツリーランなどでもある程度の威力を発揮してくれると感じました。板が長くなったり、ノーズが長い分安定感が増している感じがします。

 

そういうわけで、ぜひとも豪雪の時ようにパウダーボードを持つ事をオススメします!

きっと、あなたのスノーボードライフを新しい世界へといざなってくれますよ!

 

パウダーボードのデメリット

パークや小技には向かない。

これはパウダーボードの仕様上、仕方のない事なのかなーと思います。

 

板が長くなると、取り回しがどうしても悪くなるんですよね。トラックよりも、軽自動車のほうが小回りが効くみたいなイメージです。だから、普段からグラトリやパークでのライディングを軸に置いている人にとっては、やや物足りないかもしれません。

 

天候や雪質において、パウダーボードとメインボードを柔軟に使い分けていく事がベストかなと感じます。

 

おすすめのパウダーボード

ぼくがオススメするパウダーボードを5つほど紹介しますね!

どれも定評が高くて良いものばかりです。詳細のリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください!

 

おすすめのパウダーボード1:BURTON (75,000円)

 

天下のバートンが作っている板ですね。

個人的に、バートンはプロ野球でいうところの、巨人といったメーカー。

メーカーとても大きい会社で、研究開発費にもかなりのお金と投じているので、品質はピカイチです。

 

おすすめのパウダーボード2:CAPITA (55,000円)

 

クラシックなサーフロッカーシェイプ、ワイドなウエストでパウダーから春のスラッシュまで幅広く対応可能なファンボード。
コリースミスの感性でデザインされたシェイプは最高のライドフィーリング。

 

シンプルなデザインですが、洗礼された感じがいいですね。

春先まで幅広く対応してくれるので、長いシーズン使えるオススメのパウダーボードです。

 

おすすめのパウダーボード3:MOSS SNOWSTICK(66,420 円)

 

このパウダーボードをやたら見かけるのは、ぼくだけでしょうか?

それぐらい、パウダーボード=SNOWSTICK、というイメージが強いです。

友人の板を試乗しましたが、乗り心地は抜群でした!

 

おすすめのパウダーボード4:NOVEMBER (70,000円)

 ハイスピードでの浮力は最も高く、コンタクトレングスに対してセットバックをとらずあえてセットフロントポジションをとることでフォールラインへの落とし込みをスムーズにし、

 

浮力に対するスピードの減速を抑えるととも前後の体重移動による多彩なパウダーライドを可能にするハイスピードモデルです。軽快な操作性はそのままにツリーなどのシチュエーションでもスピードを求めるライダー用です。 

 

セットバックをとらない板ということで、よりフリースタイルの要素が近い板です。

国産の評判が高い板です。 

 


おすすめのパウダーボード5:SALOMON (50,000円)

 

ぼくが、はじめて購入したスノーボードはサロモンでした。

元々、スキーメーカーがスノーボードの開発を行うようになったので、製品開発に関するノウハウは高いレベルで有しています。

 

有名なプロスノーボーダーも在籍しているメーカーだけあり、おすすめです。

 

パウダーボードを使っている人たちの声

 

 

パウダーボードを使用している人たちは、新雪をこれでもかってぐらい満喫していますね!1本もっておくと、全く違った楽しみ方ができるので、超絶おすすめです!

 

パウダーボードのまとめ

それなりにお値段はかかりますが、1本持っているとゲレンデに出撃した時に楽しみ方が全然違います。より深いところを、より軽く。

 

今回パウダーボードを購入して感じたことは

「もっと早く、購入してパウダーを満喫すればよかった!」

っということ。

 

そんなスノーボードの醍醐味、パウダー。

パウダーボードを購入して目一杯楽しんじゃいませんか?

 

また、スノーボードはとても、お金がかかるスポーツで出費も大きいです、そんなお金に関して悩みや抱えている方も多いと思います。

 

「お金について勉強したいけど、まずは何から初めて良いのだろう?」

「今後の、わたしの生活で経済的には充分なのだろうか。

そんな思いがきっとあると思います。でも安心してください。

 

ぼく自身もお金について学んだ事で、収入を増やす事ができたり、余計な出費を抑える事ができています。逆に言えばお金について学んでいなければ、収入は上がらず、余計な出費が今より多かったです。それだけ、役に立った知識です。

 

「とりあえず、学びたいけど、何をすればいいかわからない」そういった昔のぼくみたいな人には、「お金の教養講座」をおすすめします。

その方が手っ取り早くお金を学べるし、何よりアイディアをすぐに具現化できますからね。こんなに便利な講座は早々ありません。

 

もしかしたら周りの同僚・友人は既に学び始めてるかもしれませんよ。悩んでる暇があるのなら今すぐ「お金の教養講座」を受講しましょう!

 

しかも無料で受講できるのに行かない手はない!まあ多くの人がここで一歩踏み出せず、その一歩が2年後3年後に大きな差になってしまうんですけどね。あなたは本当にそれでいいんですか?

 

たったの3分で申し込めます。今申し込まなければどんどん先を越されていきますよ?

悩むのは無料説明会に申し込んでからでも遅くはありません!行動してから考えてみましょう!

※無料講座の申込みは、席に限りがあるので今すぐ申し込みしてください!