ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?買い方やチャートを紹介する

こんにちは、ようへいです!

分散型取引所に関するWavesが気になったので、調べてみたことや買い方・チャートについてまとめてみました。!

 

Wavesについて気になる方は読み進めてみてくださいね。ちなみに、海外取引所のBinanceが買いやすくおすすめです。

 

登録は3分程度で完了 

 

Waves(ウェーブス)とは?

f:id:yohey-hey:20171229103947p:plain

 

Wavesはブロックチェーンを利用した、分散型のプラットフォーム。 ETHなどのようにプラットフォーム上での資金調達(=ICO)などを行うことができます。個人的には分散型プラットフォームは今後、さらに成長産業なのではないかなと思っています。

 

ビットコインが大きく注目を浴びたのは管理者がいない、「非中央集権」だったからです。そして、Wavesは取引所に管理者がいません。

 

管理者がいないってどういうこと??」っと思うかもしれませんが、詳しく特徴などを見ていきましょう。

 

Waves(ウェーブス)の特徴

・発行枚数:1億枚

・アルゴリズム:Leased PoS

・ウォレットと取引所が連動対応

→法定通貨(USD, EURO)、仮想通貨(BTC, ETH, WAVES, LTC, ZCASH )

分散型取引所Decentralized Exchange)

トークンの新規発行

 

取引手数料は0.001WAVES(約1円程度)でとても安く、トランザクション数も最大1000取引/秒。確か、ビットコインは6取引/秒とかだったと思います。

 

取引されている仮想通貨は全部で5種類と多くはないが、これから増えてくることを期待。さすがに、5種類ではショボすぎるので。

 

分散型取引所について

メリット

・ウォレットと取引所が統合されている

仮想通貨通貨を送金する手間がかからない
・ブロックチェーンによって管理されている。

→取引が改ざんされることがない
・サーバーがダウンすることがない

・ハッキングや盗難などのリスクを軽減

 

日本のCoinCheckやZaifなどの取引所は管理者が存在しています。(下図の左)

Wavesは管理者が不在のため、ブロックチェーン上で相互に管理されています(下図の右)

 

f:id:yohey-hey:20171229103943p:plain

 

そのため、ハッキングや盗難などのリスクが少ない。また、ウォレットと取引所が一体化されているのでとても便利です。

 

ウォレットから、取引所に送金するのって地味に手間ですよね。BTCの場合だと世界的に取引量が増加しているので、「送金詰まり」の問題も最近では発生しています。分散型取引所(=DEX)ではそういった心配が減ります。

 

サーバーがダウンすることないのも嬉しいところです。っというか、

お金を扱っている取引所がダウンするのってどうなの?」って思いますが、仮想通貨はまだまだ黎明期なので仕方ないですね。

 

ぼくの知る限りでは、CoinCheck,Zaif,bitlyerなどの国内の主要な取引所は数回サーバーダウンしていますし、世界一の取引量を誇るBinanceもサーバーダウンしたこともあるようです。

 

分散型取引所はサーバーダウンの心配がないので、安定して取引が出来て信頼感があるプラットフォームと言えます。

 

デメリットや注意点

・出来高が少ない

→出来高が薄いとスムースに売買ができない
・DEXのプラットフォーム上の通貨が基軸通貨である

 

これはWAVESや分散型取引所のデメリットというよりも、規模がまだまだ小さいのでこれから改善されていくと思います。 

 

Waves(ウェーブス)のチャート

f:id:yohey-hey:20171229103933j:plain

 

iPhoneアプリがリリースされたり、新たに取引所に上場されるたびに価格が上がっています。2018年1月現在、87ペアでの取引ができるので利用者も増えているのかなと感じます。

 

時価総額

 

発行枚数もビットコインの5倍程度と比較的少ない量なので、まだまだ割安な気がします。すでにプロダクトが動いていて、比較的にUI/UXの評判も良いです。

 

 

実際のぼくも触ってみましたが、取引量と取り扱いの仮想通貨が増えてきたら面白そうだなと思います。

 

Wavesについて思うこと

f:id:yohey-hey:20171229103927j:plain

 

分散型取引所に限ったことではないかもしれませんが、分散型取引所は秘密鍵の管理ができない人が多そうだなっと感じました。セキュリティは安全なのかもしれませんが、自分自身の管理能力が問われそうです。

 

究極的には世界に一つ分散型取引所があって、そこで仮想通貨が一元化できれば良いなと思いますし、そう遠くない未来実現するのではないかなと思います。

 

独自トークンの発行もできるし取り扱いペアも増えてくれば、世界1位の取引量を誇るBinanceのような存在になる日はくるのか(?)。

 

Binance取引所でWaves(ウェーブス)を買うのがおすすめ

大手取引所Bittrexなどでも扱っていますが、現在は新規での登録を停止中ですBinanceは世界で1番取引量もあるし、日本語対応もしているので、初心者の方でも安心です。

 

ぼくも3ヶ月ぐらい愛用していますが、とても使いやすいです。また、手数料も0.05%程度と非常に安いのも嬉しいところ。その他の取引所では手数料が2倍以上かかることもザラにあります。

 

f:id:yohey-hey:20180103065034p:plain

 

24時間の取引量も5億円以上あるので、売買しやすい環境が整っています。

 

 

Binanceについてはこちら記事で詳しく買いているので、まだ利用したことないかたは合わせて参考にしてみてくださいね。

 

関連記事:図解で3分でわかる!Binance取引所の登録方法(口座開設)と使い方 

 

Waves(ウェーブス)の買い方やチャートまとめ

分散型取引所は2018年〜2019年にかけて大きな流れがある気がします。ウォレットと取引所が一体化されていた方が便利ですし、間違いなく使いやすいと思います。

 

気になった方は小額から購入してみることをおすすめします。まだまだ、プロダクトとしては改善の余地がある段階かなと思いますので、ぼくは大きいお金は入れています。お金は大切ですからね。

 

カイジの中で「金は命より重い」っといったセリフがありましたが、ぼくもそう思いまます。

 

登録は3分程度で完了 

 

ご参考になれば幸いです。

 

おまけ:他の仮想通貨の買い方