ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

続・60歳の母親が60万円払ってウィスラーに遊びにきてしまった!

f:id:yohey-hey:20160722180924j:plain

 

はい、ついに60歳の母親とウィスラーで再開しました。

60歳で一人旅をしているそうです。

いつか、松本人志がやっているクレイジージャニーにでも、でちゃうんじゃない?

って友達が言ってました。まさに、その通り。クレイジー!

パート1の記事はこちら。

www.yohey-hey.com

 

ウィスラーで母親との再開

21日にウィスラーについた母親はそのままピーク2ピークゴンドラにのり、山の景色を堪能した。

午後9時、ツアーできていた母親の自由時間が設けられた。その時間に合流。

f:id:yohey-hey:20160722180945j:plain

母親のとまっていたホテルAava、良い立地で室内もきれいだった。

 

高級梅、羊羹、タオルケット、四国旅行雑誌、日用品、などをお土産として携えてくれたて、とても感謝!ウィスラーでは、貴重品な者ばかりです。

いつになっても母親はありがいものです。

 

そこから、軽く食事へ。(ストーンズエッジにて、このレストラン良かったので、別途記事にします。)

色々と近況報告をしていて思ったのは、やっぱりこの親は悪いことやってるな!

って事。じゃないと、ビジネスクラスで8日間のウィスラーの旅なんて来れないですよ。いや、まじで。真実はよくわからないけど。

他のうちの母親ってどんな感じなんですかね。少なくともぼくの周りの友人は、息子を訪ねてわざわざカナダに来る人は少数派なような。

次の帰国で九州、四国、兵庫などの関西に遊びに行く予定なので、その事について話したり。四国の渦潮?についてとか、母親は無駄に詳しかった。

ますます、カオス。

 

そもそも、元々、母親とはそんなに仲が良くないんですよね。

カナダにいても、メールのやりとりそんなにしないし、電話なんてもっての他。おばあちゃんとは月に何回かはやりとりをしていて、たまに思い出すんだけどね。

朝、6時に一緒に散歩した事とか。体操したことや、朝食を食べた事。

母親は家に一緒にいても、なんだか、空気みたいな存在?とよく例えられる典型的なパターンです。きっと、距離が近すぎたと思うけど、今、こうしてカナダで会える事はなんだかとても、感慨深い。

たくさん迷惑をかけたけど、やっぱり親に会えるのは嬉しいよね。

母親へ一言

きっと、あなたは長生きすると思うけど、ボケないでください。

ボケてもぼくは面倒を見れないので、弟に託しました。

あと、ビジネスクラスの話、無駄にうざかったです。

別に、エコノミークラスを利用する事は悪い事じゃないよ?

プチ自慢、相変わらず激おこぷんぷん丸!って感じでしたw

 

明日は、バンクーバーにプチ旅行いってきますー!

色々なマニアックな場所にいけそうなので、お楽しみに♪

ノースバンクーバーのドーナッツ屋さんとか、写真で見る限りでは良さげ

 

ではでは、エンジョーイ。