ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画感想とあらすじ、ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズが見所満載すぎる、※ネタバレ含む

f:id:yohey-hey:20160826215315j:plain

 

子供の頃、ミュータントタートルズが大好きだった、あまちゃん(@Yohey_hey722)です。

公開初日に映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』を鑑賞してきました。

 

昔懐かしのアニメ作品であり、心を揺さぶられる。

昔とは違った大迫力に、見所満載な展開。

 

そんな映画の感想とあらすじで、映画を振り返りたいと思う。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズのあらすじ

アニメ番のミュータント・タートルズを見たことあるだろうか?

今回の映画版、そのイメージと大分、近い。

 

タートルズの宿敵シュレッダー(ブライアン・ティー)は、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士(タイラー・ペリー)と、マヌケな子分ビーバップ(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ)とロックステディ(ステファン・〝シェイマス″・ファレリー)の協力で脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとする。

 

タートルズたちはTVレポーターのエイプリル・オニール(ミーガン・フォックス)、そして新たな仲間、ホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシー・ジョーンズ(スティーヴン・アメル)らとともに悪事を阻止しようとするが、彼らの前に立ちはだかるのはイノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディだった!


さらには異次元からきた新たな敵、悪の帝王クランゲの世界征服の野望も加わって、戦いの舞台はNYからブラジル、そして空中戦へともつれ込む!


そんな中、甲羅よりも強い絆で結ばれていたはずのタートルズに分裂の危機が…?!最大のピンチを迎えたタートルズは世界を、そして仲間を救えるのか――?

 

引用:映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』公式サイト 

 

今回の映画版では、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士がシュレッダーと手を組むのだ。

さらに闇の組織(?)のクランゲ(大王イカ)と同盟を組み、地球ごと征服してしまえ!!っという話。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズの面白いところ

ここからは、ぼくがこの映画をみて面白いとおもった箇所を紹介。

懐かしいアニメ作品の映画版ということで、とても感激した。

 

迫力あるCG技術

 

f:id:yohey-hey:20160826215508j:plain

 

昔のアニメ作品とは違う、現代のCGを駆使した映像。

冒頭でのバスケットの試合を観戦するときに、スケートボードに乗ったり、ドローンを使用したりするのだが、時代の変化を感じる。

 

そもそも、ぼくが子供のころにはドローンっていう存在時代がなかったですからね。

 

f:id:yohey-hey:20160826215348j:plain

 

大違いじゃないですか?

テレビで小さい頃見ていたのとは、大違い。

確か、あの頃はファミコンのゲームもあって、よく遊んでいた。

 

あの頃にはCGっという言葉すらもなく、このような迫力ある映画を大人になってから改めてみるとは、夢にも思わなかった。

 

あれから、約20年。

映像がとても迫力あるので、ついつい見入ってしまう。

 

ブラジルからニューヨークの飛行機での空中戦

敵のロックステディたちを追って、ニューヨークからブラジルに向かうタートルズ達。

しかし、その頃ロックステディたちは、ブラジルからニューヨークへ戻る、飛行機だった。

飛行機同士が、高度900mの違いで、すれ違うその時。

 

タートルズ達は、自分たちの飛行機から、相手の飛行機に高度900メートルの差があるにもかかわらず、飛び降りるのだ。

 

ラファエロがビビっているあいだに、先行して飛び降りる3人。

ラファエロは、なかなか飛び降りれずにいる。

 

その間にも飛行機はどんどんと距離が離れていく。

どうする、ラファエロ、どうするタートルズ?

 

緊張の中、意を決して飛び降りるラフェエロ。

とても見ごたえのあるシーン。

 

タートルズがの存在が人間にバレてしまう

敵が世界征服のために、必要な紫の液体を入手することにより、タートルズ達は亀から人間に戻れることを知るラファエロ。

 

仲間割れを起勃

ラファエロの単独行動

紫の液体を入手するためロス市警に潜入→紫の液体を入手して、人間に変身したいラファエロ。

 

その時、

ロス市警には潜入できたが、警察一同に影の存在であるはずのタートルズがバレてしまう。

 

「モンスター!」

 

ミケランジェロはその一言に失望するが、父であるスプリンターが慰める。

今まで、ロスを影から支えてきた、タートルズだけにこのショックはとても大きかった。

 

人間とニンジャ・タートルズのコラボ

しかし、ロス市警の人々は、今回の捜査にはタートルズの存在が不可欠だと、次第に悟る。

そこで、なんと!!

 

タートルズとロス市警のコラボ。

タートルズと力を合わせて、敵のシュレッダーを倒す作戦。

 

マンホールから出てきた、タートルズを迎え入れるシーンは圧巻です。

タートルズの存在が影のヒーローと懐疑的なロス市警。

 

タートルズは

「全方向から、拳銃を向けられながらの、登場」

とても、協力しようと思える体制ではないですが、この後、激闘が待ち受ける。

 

 

タートルズが人間に戻る(?)

個人的にはここが一番の見所だった。

クランゲが地球征服のために必要な紫の液体。

これが、実は、タートルズが亀から人間にもどる薬だったのだ。

 

人間にもどろうかと葛藤するタートルズたち。

その時に、タートルズがとった行動とは?

 

ぜひ、映画館でご覧頂きたい。

 

日本語吹き替え版では、あの人気芸人が声優

敵役のロックステディと、ビーブアップ。

中盤には紫の液体により、人間から凶暴なサイとイノシシに返信してしまう。

 

そんな、凶暴な変身を遂げる適役だが、声優は宮川大輔と藤森慎吾。

 

二人とも声が特徴的なので、戦闘シーンや切迫した場面でも、どこか笑的な要素を追加してくれる。

この二人のことは個人的に大好きなので、とても好感がもてたし、二人のキャラクターにぴったりとマッチしていた。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズのラストシーン

敵のクランゲとシュレッダーを倒し、見事、悪の組織から地球を救ったタートルズ。

ロス市警から表彰を受けて、英雄の証。

「街の鍵」

を受け取る。そこでの一コマ。

 

「人間達と普通にくらしてみてはどうか?」

 

果たして、その答えは?

 

ラストにふさわしいとても、印象的な1コマでした。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズを見た人の感想

 

たくさんの方が面白いという感想をツイッターでは投稿されていました。

ぼくもとても面白かったので、ぜひお勧めします。

 

ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズの感想まとめ

劇場で映画を見たのはとても久しぶりでしたが、大画面でとても迫力があり、上記のような見所満載の映画だった。

また、ぼくは今回一人で初めての映画鑑賞をしたが、とても有意義なものだった。

  

現在30歳だが、同じようなアラサー世代には特に懐かしさがあって、面白いのではないだろうか。

ぼくが鑑賞したときは、親子で来ているお客さんも見かけ、子供も楽しそうにしていた。どの世代でも楽しめる、人気のアニメだと感じた。 

 

 

ぜひともこの夏、映画館に足を運んで、ミュータント・ニンジャ・タートルズ影、シャドウズを鑑賞していてはいかがだろうか。

 

映画好きならHuluというサービスがオススメです!

スマホやパソコンから観れる映画配信サービスもあるので、移動時間などに観点に映画を楽しむ事ができます!

 

サクサク入力すれば1分くらいで登録出来るので興味ある方はどーぞ。

無料期間が2週間あるのでその間に登録解除しても料金は発生しません。

 

 

エンジョイ!