読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年間300冊以上読書する、ぼくがおすすめの最強の良書9選

ようへいはこんな人 書籍レビュー

 

f:id:yohey-hey:20160828103132j:plain

 

年間、200冊以上、本をよんでいるあまちゃん(@Yohey_hey722)です。 

 

「あなたが今まで読んだ本を積み重ねた高さが、今のあなたが見えている景色 」

 

テレビで以前、そんなことを言っていました。

確かに、普段から本を読んでいる人と、読んでいない人では、話の深みや面白みがちょっと違うなって思います。

 

ぼくは本によって、さまざまな世界が見えているので、これからもたくさん本を読んでいくと思います。

 

特に、8月より電子書籍のKindleが月額980円で読み放題になっています。

ぼくは普段からipad miniをを持ち歩き、暇があれば、本を読み漁っています。

そんなぼくが、おすすめする本を一挙大公開

 

 

目次

 

お金に関するおすすめの本

 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?【アップデート版】 (徳間文庫カレッジ) 堀江貴文

 

 

あの有名なホリエモンの本。お金持ちになる方法ばかりに目が行きがちだが、稼いだあとに、どうするかが書かれている。

ぼくは、今までお金の稼ぎ方ばかりに、目がいっていたが、それだけではつまらない。

 

本当に面白い人は、お金の使い方がうまいんだなと感じました。

お金はタダの紙切れ。お金をどういう風に使っていこうと、考えさせらえれた一冊。

 

お金の哲学  中島薫

 

 

あなたが手にするお金は、あなたがどれだけの人を喜ばせたかで決まります。
言い換えれば、どれだけの人を幸せにし、豊かにしてきたかです。

そういう人だけが、お金に好かれ、本当に豊かな人生を送れるのです。

 

お金は、人に喜ばれるとついてくるもの。お金を先に求めるのではなく、どのようにしたら、周りに喜んでもらえるか。

そんな考え方と学んだ良書。

  

ブログ運営のおすすめ本

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

 

 

ブログをこれから、書こうとしている方におすすめの本。

なんでもそうですが、自力で何かを習得するよりも、誰かの教えに従ったほうが圧倒的に成長率が高い。

ぼくは、現在勉強中の身分だが、ブログでアクセスを集めている方の10人以上のかたのリアルな声が聞けてとても、参考になった。

 

武器としての書く技術 

 

 

一般ビジネスマンやお店の店員、学生や主婦であっても、自分のブランドを上げ、お金に変えられる手段がある。


それは「書く」ということだ。
自分の知識やノウハウ、経験を書いてアウトプットすることで、世間から注目される。


ブログなどネットの環境は揃った。あとは動くだけだ。
今の時代は「ネットでモノを売れる」人が生き残る時代でもある。

 

主にブログ書く時の、ノウハウについて書かれている。

しかしながら、惹きつける文章、人にわかりやすい文章という視点ではビジネスマンや学生の方にも共通する知識である。

 

小説のおすすめの本

DIVE!! 上<DIVE!!>

 

DIVE!! 下<DIVE!!>

 

 

ぼくが高校時代に読書にはまっるきっかけとなった本。

これがなければ、ぼくは読書をしていなかったと思う、最強に面白い本

映画化もされました。

 

飛び込み競技に夢中になる、中学生、高校生ダイバーたちの本。

マイナー競技でオリンピックを目指す葛藤や、辛さ。

それを乗り越える楽しさがリアルに描かれていて、非常に面白い。

 

哲学のおすすめ本

運に愛される人   中島 薫

 

 

運って目に見えないものじゃないですか?
でも、明らかにこの世の中には運によって、自身の出来事を作用されていることが多々あるんですよね。タイミングが良い人、何かを引き寄せるのが上手い人。
 
そんな目に見えない運から好かれるために本。
運気を上げる。生きていく上で重要な要素の一つだとぼくは思います。
 

恋愛にのおすすめ本 

この人と結婚していいの? 石井希尚

 

 

二十歳前後の時、この先の人生を考えた時に、どんなパートナーが適しているのかと悩んだ時に読んだ本。

著者の石井さんに調布市の仙川まで相談しにいった経緯があります

そのときの記事はこちら。

 

www.yohey-hey.com

 

本当に好きな人と世界でいちばん幸せになる!   石井希尚

 

 

同じく石井さんの本。

パートナーとの関係性について、書かれている本。

結婚を考えている人、いまのパートナーとの関係性に悩んでいる人。

そんな悩みを解決してくれる1冊。 

 

みなさんも読書しててみませんか?

 

エンジョイ!