ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

「若者の夢を殺す人達へ捧ぐ」八木仁平のブログカレッジはレベルが高すぎるから、おまえらには理解できない。

f:id:yohey-hey:20160916203132j:plain

 

背景

アンチでウンチの皆様へ

夢を台無しにする人を絶対に許せない、天野洋平(@Yohey_hey722)です。

 

何のために、そんなにネガティブなコメントや批判を浴びせるのでしょう。

18歳の大学生の友達がこれから起業します。

 

そんな、仲間が痛烈なコメントが寄せられているようなので、物申す。

そう、何の根拠もなく、批判の嵐を浴びせる、あなたについてですよ。 

よく聞けよ。

 

 「若者の夢を殺す人達へ捧ぐ」八木仁平のブログカレッジはレベルが高すぎるから、おまえらには理解できない。

 

話題に上がっているのはこちらの記事。

 

www.ishidanohanashi.com

 

要約すると、4ヶ月で大学を中退して、これから音楽業界に関わる分野の仕事を自身で立ち上げるとの事。

 

 

いろんな情報に触れたり、たくさんの人を見てきたことで大学に行くことや周りと同じことをすることが正しいことじゃないことを知ったんです。

そして自分の意思もなく、レールに沿って生きることは間違いだということにようやく気づくことができました。

 

 

ぼくは正直に、素晴らしいと思った。

自分の責任で何かを始めるというのは相当な労力やお金がかかるし、18歳という若さ。

 

なにもわからないけれども、とりあえず、やってみよう。

失敗するかもしれないけれども、それも全て経験だ!

 

っと、いう心境になっただけでも、彼はもう大きなモノを手に入れて、きっとこの先の人生の財産にしていくでしょう。

その行動力はかならず人生で生かされるから。

 

ぼくも、こういう葛藤のもと、カナダに行きました。

そして、素晴らしい妻と出会い先日結婚できました。

まさしく、行動した賜物ですよ。

 

しかし、

しかしですねー。

 

まぁ、何か新しい事を始めようとすると、すごい勢いで批判を始めるんですよね。

日本人ってものは特にそうで。

 

この記事に対して、痛烈にコメントが殺到。

 

まぁ、ある程度はしょうがないですよね。

若いし、経験もないし、客観的にみてもリスクは大きい。

特に、時代の変化が激しい今の時代は。

 

 

でもねー、ぼくはこの記事を見た時に爆笑しました。

根拠が薄すぎて。

 

hagex.hatenadiary.jp

 

まず、

「大学をやめる=人生が終わる」

 

っていう価値観。

この発想が終わっています。

なぜ、大学を辞めるのがいけないことなのでしょうか。

 

スティーブジョブズも中退しているし、堀江貴文さんも中退している。

でも、結果的に大成功していますよね?

 

それとも、批判するあなたからみたら、彼ら大成功者の人生も終わっているのでしょうか。

 

前途したように、仮に今回の事業がうまくいかなかったとしても、大きな財産を彼はもう手にしているのです。

 

しかし「オレは、プロブロガーになって日本一になりたい」「月10万円稼ぎたい」と大きな野望を持っている人は、「ブログカレッジ」に参加した時点で、終わりだと思います。

 

ぼくもその一人ですが何か?

終わっているかどうかは、ぼく自身が照明してみせるし、あなたのような匿名、顔出ししていない人に痛烈に批判されるのがぼくは笑える。どこのだれだよ、お前は。

 

そもそも、発言に根拠と責任感がまったくないじゃない。 

 

今回も石田さんが大学を辞めることについて、事前に知らなかった可能性もあるが、カレッジ内で「大学を辞めない方がよい」という働きかけがあったか、気になるところだ(一人はブログで書いてるけど)。

 

これに関しては一切あるわけがない。

ぼくは個人的に知っていたし、応援していた。

 

本当に心のそこから、彼の活躍を祈っているし、彼がもし海外進出したくてぼくの住む、カナダで事業を広げたいといったら、ぼくはできる限り尽力をつくす。

 

芯のしっかりとして、真面目で良い人だから。

 

ぼくのブログも最近多くの人に読まれるようになってきて、毎日のようにアンチから、ブツブツくるようになってきました。

 

 

ぼくたちのやっていることがレベルが高すぎて、彼らには到底理解ができないのだろう。内容もろく知らずに批判している時点で、馬鹿っぽい。

 

もし、批判したいなら、ブログカレッジに入って、1年本気で取り組んでからやるべきじゃね?

そもそも、幼稚園児に何をいっても無駄かな。

 

アンチでウンチの皆様へ

そういうわけで、これからもぼくたちは前進し続けますので、どうぞ批判でもして時間を潰してください。

 

エンジョイ!