ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99%の日本人は知らない、大麻(マリファナ)を合法にすべき5つの理由

f:id:yohey-hey:20161018191008j:plain

 

「大麻に依存性がある、っていうのは大嘘!」

 

日本では

「大麻(マフィファナ)=悪」

「手を出したら一生薬物中毒になってしまって、抜けだ出せない」

  

っていう考えがすごい、根付いていますよね。

実際ぼくも27歳の時に、カナダに住むまで「大麻」についてそういった考えを抱いていました。

 

有名人なんかが、大麻を吸ったっていう報道が流れて、

「あぁ、またやってしまったのか、馬鹿だな」

っと感じていました。

 

でも、カナダに行ってからは、至る所で大麻の匂いがするんですよね。

というか、わりとポップに売っています。タバコを買うような感覚で。

 

最初は、何の匂いかわかりませんでした。今までに嗅いだことがない匂いだから。

でも、独特な強めなハーブのような匂いは、印象に残っていたので、友人が教えてくれました。

  

2015年11月、ジャスティン・トルドー首相が就任してから、カナダでの大麻は合法化されました。

 

正式には、2017年の春からカナダでは合法化になるのですが、もうその辺で普通にで売っていますまぁ、この辺りは結構、不思議な部分ではあるのですが。

 

とにかく、それぐらいカナダ人にとっては、身近な存在な大麻。

日本ではなぜ、大麻を吸っただけで叩かれるのでしょうか。

 

そもそも大麻(マリファナ)の問題と言われている点は?

大麻が精神等に害毒を起こすことを理由に国際法上、流通や使用が制限された。その有害性は、今日までさまざまに議論されてきた。21世紀に入り大麻の有害性の再評価を求める動きが強まっている。

 

ほとんどの国で違法薬物であるものの、国によって合法化や非犯罪化がされている。

 

日本では大麻取締法により、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)の花や葉の許可のない所持は、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。

 

大麻 - Wikipedia

 

ようするに、害があるから、禁止しますよ!だから、法律ではダメっとなっているようだ。本当にそうなのだろうか?

ぼくはカナダで実態を見た限りでは、直接的な害があるようには思えない。

 

さらに、ぼくは大麻(マリファナ)を合法にした方が良いと考えている。

 

大麻(マリファナ)を合法にするべき5つの理由 

1,大麻(マリファナ)に関する情報が正しく行き届いていない 

f:id:yohey-hey:20161127140257g:plain

 

大麻が何で悪いんだろう?っと考えてみた時に、具体的に答えることができない。

そうやって、国によってそういう教育を受けてきたから。 

 

でも、国の教育は結構古い部分があると、ぼくは考えている。

日本は戦争で負けたから、アメリカの言うがままにされる時代が長い間続いた。

現在も、少なからずそういった風潮がある。

 

戦争後に、アメリカが大麻に対するネガティブキャンペーンを流したから、

本当は、大麻が産業として栄えていた日本を規制したという、話を知る人は少ないのではないだろうか。

 

まぁ、ぼくもカナダに行って、現地の友人たちから聞いた話だから、どういった流通経路だったり、どれぐらいの産業だったか、詳しくはわからない。

 

しかし、少なからず医療的に使用されているので

「大麻=悪」でないのです。

 

戦後より続いた、国による情報コントロールってことに気づいている人は少ないのではないか。

 

2,大麻(マリファナ)に関する法律が古すぎる

f:id:yohey-hey:20161127140255j:plain

 

ぼくは以前、18歳での飲酒がなぜいけないのか?といった記事を書いた。

 

多くの国が18歳で飲酒をOKしているが、なぜ日本はダメなのかって話。

残念ながら、法律だからダメという批判的なコメント多かった。

その法律がなぜ制定されているのか、と踏み込んだ説明をしてくれる人は誰もいなかった。 

 

大麻に関しても同様で、戦後の法律がずっと続いている。

そして、「大麻を合法化しよう!」っという政治家は、立候補しているのに、関わらず、淘汰されてしまう。

 

そもそも、先ほど書いたように、大麻産業は政府によって推奨されていたのだ。

 

 

1948年に施行された大麻取締法は、当時の政府が大麻産業を奨励していたためか、立法目的が明記されないまま現在に至っている。

 

一方で、欧米諸国では所持・使用の非犯罪化が進み、医療やバイオ・エネルギーなど様々な分野での研究が盛んだ。国内外の知られざる大麻草の真実とは。

 

大麻入門 (幻冬舎新書)

 

古いことを、アップデートしないのってどうなんだろう。

 

実際、大麻はお酒やタバコに比べたら健康被害が少ないという、科学的テーダははっきりと、証明されています。

 

「そもそも大麻(マリファナ)なんかやらなきゃいいじゃん!」 

 

そういう意見もおっしゃる通りです。

しかしながら、そうであえれば、お酒やタバコといった嗜好品に関しても同等の論議が交わされるべきではないでしょうか。

 

3,大麻(マリファナ)は医療現場での有効活用が期待できる

f:id:yohey-hey:20161127140256j:plain

 

テレビとかでも報道されたことがあるので、ご存知の方もいるかもしれない。

 

・風邪・癌、喘息に効く

 

これだけの効能がある事が、世界保健機関などの研究で認められています。

今日も、世界中のどこかで医療大麻により命が救われた人がいると思うと本当に早く大麻を合法化してほしい。

 

先日、膵臓癌で手術をしたぼくの父も、その恩恵を受けることができるのだから。

そうしたら、ぼくの父の回復に役立つ可能性は高い。

父の元気な姿を観れるのは、ぼくにとっては本当に有難いことだから。 

 

こういう期待を望む声も少なからず、潜在的にあるのだから。

 

4,大麻合法により新たな市場の創出となる

f:id:yohey-hey:20161127140258p:plain

 

お酒やタバコが良くて、なぜ大麻は違法なのでしょうか。

日本は人口がこれから、どんどん減少していくなかで,廃れていく産業がどうしても出てきてしまうでしょう。

 

しかし、大麻合法化となれば、嗜好品としての新たな産業の創出つながると思う。

アメリカでは6500億円の産業規模と言われています。

 

また、今後も市場規模が大きくなることが期待されており、税収も期待できるとの事。

 

ちなみに、お金について学びたい人に最適な「インターネットビジネスマニフェスト」という本があります。

 

  • 今より収入を上げたい。
  • インターネットを使って、時間と場所に囚われずに仕事をしたい。

 

そんな想いはあるけれどもイマイチよくわからないし、イメージが湧かないなーという人はも多いと思います。そんな方に向けて、

【期間限定無料本】ビジネス・マニフェストをご紹介します。

 

この本の詳細
f:id:keita-agu-ynu:20160512170649j:plain

ビジネス・マニフェスト

※期間限定で無料テスト配布中!

リッチ・シェフレン 著 中谷佳正 監訳

 

海外のインターネットマーケティングの第一人者であり、グーグルやヤフーにもコンサルを行う、

リッチ・シェフレン。彼が書き記し、全世界で100万人以上の起業家が読んだ伝説の「インターネットビジネスマニフェスト」が、完全版として日本に上陸しました。 

 

この「インターネットビジネスマニフェスト」という本はまさブログを含むインターネットでのビジネスに対する最新情報でありながら、稼ぐ方法まで記載。めっちゃわかりやすいです。

しかも期間限定で無料配布していたので、ぼくも慌ててポチりました。

 

今より収入を増やしたい人にはオススメの本です。

ぼくもこの本のおかげで、徐々に年収が増えています。

 

 

この本はこちらでもレビューされています。

 

合わせて読みたい!

【期間限定無料】1円でも多くお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本

 

5, 大麻(マリファナ)は中毒性、依存性が高いは嘘!

f:id:yohey-hey:20161127140259j:plain

 

まったく、依存性がないとは言わない。

けれども、タバコやお酒のような中毒性は極めて低い。

 

周りで大麻をやっている人で、「大麻中毒」になっている人を見たことがない。

アルコール中毒や、タバコが辞められない人はたくさんみてきたけれども。

 

依存性が低いから、そんなに危険な扱いしなくてもいいんじゃないですかね。

簡単に止められるわけだし。

 

大麻(マリファナ)が合法になった時のデメリット

覚せい剤などのドラッグに手を出す恐れ。

これが一番懸念されているのではないでしょうか。

さらなる刺激を求めて、覚せい剤などに手を出すこと。こうなると、結構自体は急変してしまいますからね。

 

その辺りが課題となりそうです。合法化に向けては、現在導入している国から学ぶ必要が多そうです。

 

ネット上の大麻合法化の反応 

 

他にもたくさんの、大麻合法化の声がありました。

それと、同時にたくさんの批判的なコメントもあった。

 

 

デリケートな問題ではあるけれども、大麻を合法化にするメリットは非常に大きいと感じる。 

 

大麻合法化に関するニュース

そもそも、日本メディアでタレント医師が言うように、医療大麻は「必要ない」のならば、米国ではなぜ合法化の議論が活発に起きているのだろうか。

 現実には、米国に「医療大麻」は間違いなく存在するし、その存在感はどんどん高まりつつある。医療大麻は日本では「不都合」なものかもしれないが、世界的には医療分野での活用だけでなく、経済にも大きく影響するなど「医療」うんぬんだけでは説明できない「真実」がある。

 

筆者は医療大麻推進派ではないが、客観的に、米国の大麻事情とは一体どんなものなのかを見てみたい。

 

世界を読み解くニュース・サロン:日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

 

アメリカなどの諸外国で大麻の合法化が進んでいる中で、日本が

「だめ、絶対!」っと声をあげつづけることに疑問を覚えるないようとなっている。

 

諸外国が期待している薬用大麻の有用性について

細胞レベルでの大麻の効果

 

ここ数十年の疾患および障害の広い範囲の治療に大麻が提供する自然な利点の再発見がありました。細胞レベルでの大麻の影響に関する科学的知識の巨大な増加となって、そしてどのカンナビノイドは異なる苦情のために最も効果的であるしています。

 

現代の研究では、大麻のためにさらに多くの治療用途を発見し続けています。エイズ、関節炎やリウマチに苦しむ人々への化学療法を受けている癌患者から、世界中の患者の数十万人は、今の医薬品の使用のために特別に開発された大麻を処方することができます。

 

未来

完全な利点は、この驚くべき植物の治癒特性を利用することができる前には長い道のりがまだあるものの、多くの国の法律は、大麻が合法的な薬として処方されることができるようにするために改訂されました。

 

Medicinal cannabis | Hash Marihuana & Hemp Museum

 

先ほど少し触れたが、薬用大麻の研究が進められており、こうした活用方法が大きく期待されています。

薬用大麻が導入されることによって、多くの方の病気や健康の悩みが解決できるので、あれば、取り入れてみる価値はあるのではないだろうか。

 

もちろん、それに対する解決しておくハードルは諸々とある。

しかし、有効性の高いものを利用しない手はないのではないだろうか。 

 

 大麻(マリファナ)の合法化についてまとめ

個人的には、大麻が合法化されることによって、

「もっと温和でのんびりした日本」

になる気がするんですよね。

 

友人で、アメリカなどに在住していて、大麻を吸っている人たちってそういうのんびりした空気がとても漂っている。日本でもアーティストが大麻を吸ったっていう、報道をみるとわかる気がする。

 

大麻はそういった、リラックスした時間を提供してくれるから

創作活動をする上で大事な要素の一つなのではないだろうか。

 

日本人はとても生真面目で良いことだと思う。

一方で、効率を求めすぎていて、隙間時間だったり、効率化という話が頻繁に聞かれる。

 

でも、こう言った嗜好品を味わいながら、リラックスする時間があっても良いのではないか。別に効率化をするだけなら、全部機械に任せちゃえばいいわけですから。

 

多分、この記事を読んだ人の中には、

「こいつマジでやべーやつだな」

って思った人もいるだろう。

 

ぼくも、3年前ぐらいにこの記事を読んでいたらそう思っていた。

でも、日本も近い将来その流れがくるのは世界的な情勢を見ても明らかです。

 

とりあえず、医療で活躍するのに、使わないっておかじいじゃないですか。

それで多くの人たちが助かるのに。

 

近い将来、大麻が日本でも出回っていて、医療現場や一般社会で嗜好品として活躍してくれる日が近いと感じます。

 

いまいちピンとこない人はこちらの本をぜひ、読んでみてください。

 

 

戦後、GHQ主導による新憲法の下で初めて規制された大麻は、遥か太古から、衣食住はもちろん医療や建築、神事など、日本人の生活になくてはならないものだった。

 

1948年に施行された大麻取締法は、当時の政府が大麻産業を奨励していたためか、立法目的が明記されないまま現在に至っている。

 

一方で、欧米諸国では所持・使用の非犯罪化が進み、医療やバイオ・エネルギーなど様々な分野での研究が盛んだ。国内外の知られざる大麻草の真実とは?

大麻入門 (幻冬舎新書)

 

また、タバコ・お酒などの嗜好品などのお金に関して悩みや抱えている方も多いと思います。

 

「お金について勉強したいけど、まずは何から初めて良いのだろう?」

「今後の生活で経済的には充分なのだろうか。

そんな思いがきっとあると思います。でも安心してください。

 

ぼく自身もお金について学んだ事で、収入を増やす事ができたり、余計な出費を抑える事ができています。逆に言えばお金について学んでいなければ、収入は上がらず、余計な出費が今より多かったです。それだけ、役に立った知識です。

 

「とりあえずお金を増やしたいけど、何をすればいいかわからない」そういった昔のぼくみたいな人には、先ほど紹介したインターネットビジネスマニフェストをおすすめします。

 

その方が手っ取り早くお金を学べるし、何よりアイディアをすぐに具現化できますからね。こんなに便利な本は早々ありません。

 

もしかしたら周りの同僚・友人は既に学び始めてるかもしれませんよ。悩んでる暇があるのなら今すぐ「ビジネスマニフェスト」を読んでみましょう!

 

しかも無料で読めます!まあ多くの人がここで一歩踏み出せず、その一歩が2年後3年後に大きな差になってしまうんですけどね。あなたは本当にそれでいいんですか?

 

たったの3分で申し込めます。今申し込まなければどんどん先を越されていきますよ?

悩むのは本を読んでからでも遅くはありません!行動してから考えてみましょう!

※期間限定で無料の本のため、このチャンスをお見逃しなく!

 

この本の詳細
f:id:keita-agu-ynu:20160512170649j:plain

ビジネス・マニフェスト

※期間限定で無料テスト配布中!

リッチ・シェフレン 著 中谷佳正 監訳

  

 この本の詳細はこちらの記事でもレビューされています。 

 

合わせて読みたい!

【期間限定無料】1円でも多くお金を稼ぎたい人が今すぐ読むべき本