ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「親友論」ぼくの人生を120%変化させてくれて、笑顔が止まらない。

ようへいはこんな人

f:id:yohey-hey:20161017205825p:plain

 

ぼくは友達が異常に少ないです。

普段はカナダに在住しているけれども、久しぶりに日本に一時帰国中の現在、直接連絡を取り合う人は数名程度。

 

めんどくさがりで、変わり者のぼくに好意を抱いてくれる人は世間では少ないようだ。30年間生きていて、ちょっと寂しいなって思う時もある。

 

けれども、そんなぼくには、15歳の時から付き合いがある親友がいる。

高校の同級生。名前は「明志」(あかし)。

「明るい志」

 

ぼくが今まで出逢ってきた、どんな名前よりもかっこいい。

明るい志っていう、名前に負けないぐらい、彼はいつも明るかった。

 

彼の一言によって、大好きなスノーボードに触れて、結果的にカナダに住む事になった。今ぼくは、毎日を充実した人生を送っている。

彼がいなかったら、今頃ぼくは、どこで何をしていたのだろうか・・・。

 

そんな「親友」ついて思う事。

 

 

ぼくの親友との出会い

f:id:yohey-hey:20161017205828p:plain

 

親友とは高校時代に知り合い、クラスメイトだった。

けれども、ブッチャケ、高校時代は親友でも何でもなかった。

「ただの友人」

 

顔を合わせれば、話はするけれども、プライベートで一緒に遊んだりした記憶はほとんどない。ぼくらは、3年間「ただの友人」だった。

 

けども、ある出来事がきっかけで、距離が非常に近くなった。

 

親友になったきっかけ

f:id:yohey-hey:20161017210310j:plain

 

ぼくは本当にラッキーなことに、たまたま親友ができた。

運の要素が8割以上だったと思うし、誰もがこのラッキーが起こるわけではないと思う。

 

けれども、ぼくは日頃から意識していたことがあったから、ラッキーを引き寄せる事が出来たのだと思う。それは、ぼくは日頃から

「こんな人生だったら、楽しいだろうな」

 

って、常に妄想するのが好きなんですね。

時間があれば、ありもしない事を、色々と妄想をしています。

まぁ、妄想はただですから(笑)

 

そして、高校時代ぼくは

「今までにした事がない経験で、人生を捧げるぐらい夢中になれるものに出会いたいなー」

っと日々妄想していました。

 

最初のうちは、それが麻雀でした。

しかし、ぼくは体を動かす方が性にあっているようで、何か違和感を覚えていた。

 

高校卒業が近い2月、当時、タダの友人の明志君が

「スノーボードにいかないか、あまちゃん?!」

っと誘ってくれた。

 

めちゃくちゃ、楽しかったし、今でもあの時の衝撃をを鮮明に覚えている。

日常生活では味話ない高揚感、血の騒ぎ。

 

結果的に、ダダの友人と冬になると一緒に滑りまくった。

今では冬は週5日以上もスノーボードをするジャンキーになってしまったし、39度の熱があっても滑るほど、のめり込んだ。

 

寝る間も惜しんだ。

睡眠時間が著しく短い時は、リフトやゴンドラで寝て、降りる時に係りの人に起こされる事もあった。

 

タダの友人は気付いたら、ぼくのなかでは親友と呼べるに相応しい存在になっていた。

 

そして、親友とは一緒に新潟のゲレンデでアルバイトをしながら、切磋琢磨してスノーボードの技術を磨いていった。

お互いプロを目指していたわけではないけれども、1つの事を極めようとする過程は非常に楽しかった。

 

親友が、新しいトリックを覚えたら、ぼくも負けじと対抗して、

親友が、10メートルを超えるような大きいジャンプを決めたら、

ぼくも負けじと挑戦した。

 

時には怪我もした。

2013年2月には新潟の石打丸山スキー上でぼくは左膝を骨折した。

 

ぼくは「もう歩ける事は2度とないかもしれない」っと本気で思った。

受傷直後、左足の感覚がおかしすぎた。

一生車椅子生活だなっと本気で悟った。

 

少し地面に足を着くだけで、激痛が走った。

けれども、そんなぼくの姿を見て

親友が爆笑して「きっと大丈夫だな」っと安心した。

 

「前十字靭帯損傷の恐れがある」っと検査の結果言われたが、

ぼくには妙な安心感があった、親友が笑い飛ばしてくれたから。

 

結果的、3ヶ月後ぐらいには、日常生活を取り戻す事ができて、

5月にはまた、新潟のかくらスキー場で大好きなスノーボードを再開できた。

 

確か、復帰1発目のジャンプがフロントフリップ

(縦回転の技、宙返りのようになるため、リスクが高いとされている。)

で、一緒に滑っていた親友に呆れられたっけな。

 

親友とのこれから

f:id:yohey-hey:20161017205826j:plain

 

ぼくらは結構、きままなタイプで、自由奔放。

親友ってまぁ、そんなもんなのかな。そもそも、向こうがぼくのことをどのように捉えているかは、本当の所は彼にしかわからない。

 

そんな親友は、いつの間にか婚約をしたらしく、近々結構するとの事。

12年前、お互いに結婚して、家庭を築くなんてことは想像もつかなかった。

 

これから、12年後は、親友とぼくはどんな変化をしているのだろうか。

 

親友との関係で一番重要なこと

f:id:yohey-hey:20161017205827p:plain

 

1番大事な事は、「便りがないのが良い知らせ」ということ。

 

世間で一般的に言われる、

 

「親友だから、なんでも言い合う」

「親友だから、頻繁に会う」

 

そういった考えは違うと思う。別に、連絡の取りたい時に、ゆる〜くつながっていれば、いいのだ。

そして、言い合いたい事は、言えばいいし、言いたくない事は言わない。

 

そんな、「言わない」っという事を受け入れてくれる関係性も大事だと思うのです。

そもそも、あった出来事全部をいうって、物理的、理論的に無理だから、知らない事があって、当たり前ですしね。

 

親友論についてまとめ 

親友がいた事は本当にラッキーな事だった。

18歳の自分から見たら、30歳の人生がこんなにも楽しいものとは思わなかった。

親友の一言のおかげで、夢中になれるものに出会え、カナダにも行った。

 

そこで、現在の妻にも出会う事が出来た。

ぼくの人生は親友が変えてくれたといっても、過言ではないし、毎日笑顔が止まらない。

 

これから、時には辛い事もあるだろうけれども、まぁ、大丈夫。

一緒に笑ってバカできる仲間がいるって思うだけで、人生なんとかなる気がしますしね。

 

こんな記事も以前に書いています。

よければ、ご愛読を。

 

友達ではなく、仲間を作ったほうが良い決定的な理由 - たった1度の人生、楽しんでいますか?

 

 

エンジョイ!