ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年ウィスラーに住むぼくが、天気・気温・服装についての準備を教えよう。

カナダ移住生活

f:id:yohey-hey:20160816002305j:plain

 

通算2年ウィスラーに住んでいる、あまちゃん(@Yohey_hey722)です。

 最近は、読者からの質問がちょくちょくもらっていて、

 

「ガイドブックにはこう書いてあるけれども、実際のところはどうなのか。」

「夏はどんな服装をしていいのかわからない。」

「グーグルマップなどで見ても地理感がよくわからない。」

 

といった声が寄せられています。

 

ぼくは2年ぐらいしか住んでいないので、ウィスラーの全部を知っている!

っていうと大げさになってしまいますが、一般的な質問には答えられるかなと思います。

 

そういうわけで、今回は天気・気温・服装と、それに対する準備についてです。

感覚的には北海道に似ているんじゃないかな、っと思います。

 

ウィスラーに来る人、これから、ウィスラーに遊びに行きたい人、必見です。

 

天気

f:id:yohey-hey:20160910121550j:plain

 

6月と10月は雨が多い印象。なので、ひたすら家でパソコンでyou tubeをみましょう!

 

っというと、せっかくの海外生活がもったいないので、

雨の時はジムに行くか図書館でのんびりだったり、カフェで読書もいいかなと。

 

12月から4月上旬ぐらいまでは雪ですね。

街でも常に除雪車が走っていて、とても滑りやすいです。

 

7月から9月の夏は、ガンガン晴れてすごく気持ちが良いです。

湖でボートやカヌーをやるのに最適な日が続きます

あと、ハイキング日和でもあります。

 

f:id:yohey-hey:20160807005127j:plain

夏のウィスラーの山でのハイキング

 

気温

f:id:yohey-hey:20160917194532j:plain

山の中腹、このとき確かマイナス10度とかでした。

 

冬はマイナス15度をいくこともざらにあります。

夏場は30度前後に達しますが、比較的カラッとしてすごしやすい陽気。

 

年末年始に旅行でくる人も多いと思いますが、雪が降っている印象があります。

極上のパウダーが味わえますが、北米最大のリゾート地なので人も多いです。

 

パウダー競争が凄まじいので、朝の7時半ぐらいにはリフトを並ぶことをお勧めします。

 

ちなみに、年末年始にウィスラーの遊びにくる読者さんと一緒にスノーボードする予定です。彼は去年も遊びに来てくれていて、ウィスラーにはまってしまったようです!

 

これからウィスラーにくる方がでしたら、ご連絡いただければ、簡単な案内とかできると思います。 

 

服装

冬場はめちゃくちゃ寒いので、ヒートテックが重宝されます。

夏場に関しては半袖でもいいと思いますが、夜は結構冷えたりするので、薄手の長袖があると便利。

 

女性でスカートやら夏着を持ってくるか迷う方が多いようですが、何着かあってもいいと思います。夏のリゾート地でおしゃれを楽しむって旅の醍醐味の一つだと感じます。

 

あと、ユニクロのウルトラライトダウンは必須かなと。

7月でも10度前後の時って結構あって、一着もっていると便利です。

 

その他準備すること 

f:id:yohey-hey:20160825071626j:plain

 

結構夏場の情報って知られていなくて、水着やサンダルはあったほうがいいです。

現地でも売っていますが、高かったり、デザインが気に入ったものが手に入りにくかったりします。

 

お店は一応あるのですが、少ないのですよね。

 

なので、水着とサンダルぐらいであれば、そんなに荷物にならないので、夏場の滞在予定の人は持参してくることをお勧めします。

湖で遊ぶのって本当に楽しいのですよね。

 

f:id:yohey-hey:20160825071628j:plain

プカプカ浮かんだり、その後水没しました 笑。 

 

また、詳しい詳細はこちらの本が役に立つと思います。

ぼくはカナダに来る前に1冊購入して、いろいろと勉強していまいた。

今もたまに、見ると新たな発見があったりしてとても面白いです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

はじめて行く土地ってどうしても、不安や心配事が多いですよね。

 

この記事が少しでも、役立てば幸いです。

ウィスラーは夏も、冬も1年通してめっちゃ面白いところですよ。

 

その他、質問などがあれば、下記の連絡先までどうぞ。

記事にするか、時間を見つけて返信していきます。 

 

 フェイスブック

ツイッター

問い合わせ

 

どんな些細なことでも、平気ですよー!お気軽にどうぞ!!

 

関連する記事

ぼくの人生が劇的に変わった9ヶ月間、カナダのウィスラーでのワーキングホリデー(前編)

 

 

エンジョイ!