読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事の極意「遊びを極めることで、感性を磨く」←激しく同意。

仕事・働き方

f:id:yohey-hey:20161114133450j:plain

 

「毎日の仕事を楽しくできたら、最高だなって思いませんか?』

 

多くの人にとって、人生の大部分を占めるのが、なんだかんだいいって仕事なわけです。その上で、良い収入が得られたら最高ですよね。

そんなことを日々感じていたら、この記事に出会いました。

 

年収2000万円以上稼ぐ人たちの「6つの行動習慣」 (NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース

 

こちらの記事に関して、激しく同意。

ぼくは1度の人生だから、できれば、毎日楽しく生きたいのです。

イメージ的には、「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」。

 

 

仕事をしている人は遊んではいけないのか?

仕事ができる人って、なんとなく仕事ばかりしていてバリバリに働いているイメージがあります。休みを返上、残業は当たり前、仕事至上主義。

 

でも、ぼくの周りにもいる、ごく一部の仕事ができる人は、どこかいつも余裕を持っていて、仕事至上主義とは別の考えている気がしていました。

 

そんなことを感じていると、上記の記事中に以下のような記載。

 

3.「遊び」を極めることで、感性を磨く
 私がお付き合いしているエグゼクティブたちは、オンとオフをきっちり切り替え、趣味やレジャーも楽しんでいます。思い浮かぶところでは、ランニング、トライアスロン、マリンスポーツ、絵画、陶芸、楽器演奏、料理、旅行、映画・演劇・コンサート鑑賞など。

 

 オフの時間に気分転換をすることで、仕事への集中力が高まっているようです。また、趣味やレジャーを極めていくことは、「感性」を磨くことにもつながります。

 

 メリハリが利いた人、感性が豊かな人、人生を楽しんでいる人は、自然と人間的な魅力を醸し出します。それが人をひきつけ、「この人と一緒に働きたい」「この人に学びたい」と周囲に集まってきます。つまり、協力してくれる人の輪が広がり、より大きな仕事を成し遂げるというわけです。

 

メリハリををつける。

 

中学校の時に、繰り返し言われました。

メリハリを付けなさい。勉強と部活をメリハリよく!

 

でも、大人になって、メリハリよくこなしている人って結構少ないんですね。

遊びばかりの人、または仕事ばかりの人のどちらかに偏ってしまいがち。

 

でも、そうやって、メリハリを付けていくことによって、毎日の仕事にもよ活力が湧いてくるものなんですね。

毎日の仕事だからこそ、しっかりとメリハリよく、過ごして生きたいものです。

 

まとめ・仕事と遊びを本気やれる人がかっこいい。

「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」。

以前、そんなフレーズをどこかで聞いたことがあります。

何かのCMだったのかな。

 

そうやって、メリハリを付けられる、かっこよく素敵な大人になりたいものです。

今日からメリハリをつけるって、そんなに難しいことではないと思うのです。

 

やるときはやる。単純なことでそれだけだし、中学生でもできる話なので。

メリハリつけて、楽しく生きませんか?

 

エンジョイ!