ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字入力が苦手なサラリーマンなどに最適、音声入力アプリが神ってる!

 

こんにちは、音声入力を未体験だった、ようへいです。今さらですが、音声入力アプリを使ってみました。喋った言葉をそのままテキストに変換してくれる、神的なアプリ。

 

  • ブラインドタッチが苦手
  • テキストの入力に時間がかかる

 

そんな方は利用してみてはいかがでしょう?無料ですし、すごい楽でめっちゃ便利です。なんか、初期のドラえもんの道具にありそうな優れものです。

 

 

音声アプリを使ってみた

ぼくが使っているのはDragon Dictationというアプリを使っています。iphone/ipadに対応しているようです。

 

使い方はめちゃくちゃ簡単で

 

  1. アプリを起動
  2. 録音
  3. はい、終了!

 

びっくりするぐらい、サクッとできます。

 

f:id:yohey-hey:20170316220909j:plain

録音中

 

f:id:yohey-hey:20170316220908j:plain

入力完了。

 

あとは、これをコピペしてブログに貼り付けるだけです。

 

それが、こちら。

 

こんにちは天野洋平です今日はこれから音声入力でブログを書きます。音声入力とは、音声をテキストに変えて表示させてくれるアプリのことです。最近、いろいろな人が使っているのをブログ上で見てはいたのですが、僕が使うのは初めてです。と言うわけで、今日はその音声入力のテストとしてこの記事を投稿しています。いったいどんな感じで仕上がるのでしょうか。

 

めっちゃ、文章になってる!

 

多少のコツは入りそうですが、8割ぐらいはこの音声入力によって完成してしまいそうです。あとは、ちょっと修正してあげて完了。わぉ、ビビる。

これから、全部音声入力にしてしまおうかしら。

 

音声入力のメリット

圧倒的なスピードだと思います。ぼくは、そんなにタイピングは早い方ではないんですよね。最大で30分で2500字ぐらい。どうしても、頭で考えながら入力したり、根本的なタッチのスピードでこれぐらいが限界です。

 

でも、音声入力ならば10分で3000字ぐらいは書けそう。上記のように8割がた出来上がっているのです、すごい楽。5000字ぐらいの記事でも40分ぐらいで、できるようになるのかなー。今までの約半分ぐらいの時間で書けるようになるのか?

 

ちょっと、明日にでも、まずは3000字ぐらいの参考をやってみようかなと思います。パッとかけるのであれば、タッチより音声のほうが有利ですよね、どうしても。

 

音声入力のデメリット

意外に、認識率は悪くないです。というか良すぎるぐらい。

「。」を「まる」とか「、」を「てん」と言わないといけないのが、ちょっとややこしいけど、慣れれば結構すんなりいけそう。

 

ブロガーの人って結構このアプリ使ってたのかな、みんな?ぼく今まで、ほとんど知らなかったので、めっちゃ感激しています今。というか、これってもっと発展したら、

「日本語→英語」にすぐ変換してくれて、凄そう。

 

まとめ

とりあえず、1週間ぐらい音声でブログを更新してみようと思います。多分、ライターの人とか、みんなガンガン使っているんでしょうね。

 

ぼくだけ今までなんとなく、パチパチと入力していたのか。そのうちプログラミングも音声入力とかになるのかな?

 

今まで使ったことない人、どうぞ試してみてください。SNSとかの投稿のもすごい便利。重宝しそうです。 

 

文字入力が苦手なサラリーマンの方は使ってみてください。書類作成や、メールのスピードが今までよりもぐっと上がると思います。

 

Dragon Dictation、調子良すぎてヤバス。

 

ではでは(^ ^)