ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

早寝早起きで朝ごはんを大事にすると、月19万円得する。【コツや方法】

f:id:yohey-hey:20160831192442p:plain

 

 

毎朝、4時半に起床している、ようへい(@Yohey_hey722)です

 

朝の時間って誰にも邪魔されず、何かの物事にすごい集中できるのです。

ぼくは、この朝の3時間ぐらいを使ってブログを書く事にしています。

そんなぼくが早起きのコツを伝授します!

 

 

早寝早起きをして朝ごはんをしっかりとろう!

朝の時間を有効的に使えると、1日が気持ち良く幕開けできて非常に気持ちいいですね。最近知ったのですが、、世界の名だたる経営者たちはみな「超」が付くほどの早起きだそうです。

 

ティーブ・ジョブズ、彼の後を継いでアップルのCEOになったティム・クック。

スターバックスを創業したハワード・シュルツ、ヴァージン・グループを率いるリチャード・ブランソン

 

この本に詳しく書かれてしました。Kindleだと読み放題なのが嬉しいところ。

 

 

彼らは皆、朝の時間を使って、日中にやるべきことの大半を終わらせてしまうそうです。わぉ、それだけ朝の時間って大事なんですね。

 

今までぼくは、夜はお笑いの動画見たり、本を読んだりしていましたが、やめました。

その時間は無意味で不毛なものだと感じたから。

 

その時間があるならば、とっとと寝て、次の日に備えた方がよっぽどいいのです。夜更かしってなんだか、楽しいけれども、やっぱり健康的な生活が一番。最近、父が病気になってからますます、そう痛感します。

 

そして朝、しっかりと食事をとることにより、体温が上昇して、日中の脳や体の働きを活発にしてくれるのです。会社や学校にいっていても、午前中はいつも眠そうにしているひと必ずいませんか?

  

ぼくの経験上、その人は朝ごはん食べてない傾向が強いように思います。

なぜならば、夜寝るのが遅いと、朝の時間はを有効に取るのは難しいですよね。

 

しっかりと朝ごはんも食べないような、人に良いパフォーマンスが発揮できるのか謎。

プロスポーツ選手は栄養に気をつけた食事をしているじゃないですか。ぼくたち一般人も、忙しい現代を生きる中でそういった、体のケアをしていく必要性が今後ますます増えると思うんですよね。

 

ぼくの早寝早起き・朝ごはんについて

ぼくの場合は何をやっているかっていうと、

 

起床 (4時ぐらい)

簡単に部屋の片付け

ブログの執筆など、ブログ関連の事(4時半前ぐらい)

朝食。(7時ぐらい)

 

朝、書いた文章って、気持ちも清々しいから、すごいのびのびとしているなーって見返したときに思うんですよね。あとは、よく読書をしています。から、早寝早起きをして朝の爽やかな時間を有効に使おうと思います。

 

早寝早起きをして、朝ごはんをしっかりとるコツ!

f:id:yohey-hey:20160831192939p:plain

 

夜はディスプレイを見ない。最近は、スマホの台頭によって、夜も寝る前にゲームやら本を眺めていると思うんですよね。

 

ぼくは本がすきなので、ついつい寝る前まで電子書籍で、ビジネス書やら小説やらを読み漁ってしまいます。

しかし、あるとき思ったのです。

「これって、寝る前の時間にわざわざやらなくて良くね?」

 

寝る前は、簡単なストレッチをして、体をリラックスさせてあげてとっとと寝てしまいましょう。そうすると、早寝できて本をよんでいると脳が活性化してしまって、逆に頭が冴えたりしちゃうときがあるんですよね。

 

なぜ、月19万円得するのか

f:id:yohey-hey:20160713154803j:plain

 

 

毎年、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」から、民間企業で働く人たちの平均給与がわかります。

このデータは翌年9月頃に発表されるため、現時点では紹介している2014年版が最新です。

日本人の2014年における平均年収は約415万円。

会社員の平均年収は400万円前半で停滞!男女別や年齢別など|フクポン

 

国税庁が出している数字なので信憑性は高いですね。平均年収が415万円。労働時間が月に160時間。1年で12ヶ月働いた場合の時間給は

 

4,150,000円 ÷ 160 ÷ 12 =2161円

 

時給は2161円。その時間を朝の3時間に使った場合1ヶ月を30日とすると。

 

2161円 × 3時間 × 30時間=19,45万円

 

お金に換算すると19万円もの金額になるのです。

時は金なり

 

直接的なお金にはならないかもしれないけれども、こういった考えって非常に大事だと思うのですよね。だから、朝の時間を有効に活用してほしい。

 

実は、朝起きてからの2時間というのは、人間が最もクリエイティブな活動ができる時間であると言われています。  

 

アメリカのデューク大学心理学・行動経済学教授のダン・アリエリーは、朝、完全に目が覚めてからの(ここがポイントです)2時間が「最も生産的な時間」であり、この貴重な時間を高度な認知能力を要する仕事に使うべきだ、と言っています。

 

引用:ポジティブ・チェンジ  メンタリストDaigo

 

つまりは、学問上、朝の時間は最強!っと言われているのです。この時間を有効に活用しなかったら、あなたの人生はめっちゃ損していることになります。ただ、電車に揺られているか、普通に仕事をしている時間になってしまうのです。うーん、ぼくからするとなんだかもったいないかな。

 

ブログ書いたり、運動したり、本読んだりするほうがよっぽど生産的で、夜になったら疲れるから、早く寝ればいいのだ。

 

簡単に早起きできる方法

朝は太陽の光をたくさん浴びることで、体が反応しやすくなるのをご存知でしょうか?

朝、起きる時間になったら、太陽の光をしっかり浴びて目覚められるように、カーテンを開けることもポイントです。そのために、寝る時は窓のある部屋にしましょう。

 

光で目覚める「光目覚まし」を使う

 

音で目覚めさせる目覚まし時計や携帯のアラームでは起きられない人も、自然な光ならばスムーズに起きられます。

 

ぼくは夏になると、たまにキャンプにいきますが、キャンプの時はみんなで夜遅くまでわいわいやっていても、朝になると自然と起きられるものなんですよね。テントから朝日による光が入ってきて、心地よく起きられます。

 

生活サイクルが夜型になってしまった場合、朝型に戻すには、セロトニンという目覚めの物質を朝の時間に発生させる必要があります。

 

太陽光を浴びれば、セロトニンが発生するのですが、朝起きれない人はカーテンを開いて急に太陽光を浴びせても、布団にもぐってしまい、なかなかセロトニン発生→脳に起床の合図を送る…というプロセスが上手くいきません。

 

そこで、オススメなのが光目覚まし時計と呼ばれている目覚まし時計です。

 

 

 


光目覚まし時計は、太陽光を浴びるのと同じ効果を発生させる最新の目覚まし時計です。5分~30分かけて徐々に光を強めていくので、ストレス無く目覚めの合図を脳におくり、朝しっかり起きれるサイクルをサポートしてくれます。

 

夜型から朝型に切り替えるのに、科学的にアプローチするため、無理に起きて日中ストレスに悩まされる事もありません。公式ページのQ&Aにもありますが、赤ちゃんから中高生の子供から大人まで、幅広い年代に効果があります。

 

実際に使ってみた感想など「めざましテレビ」でも紹介されています。


エナジーライト インティ inti めざましテレビ

 

もちろん大人の方が使っても効果があるので、ぜひ検討してみてください。

目覚まし時計は"音"から"光"の時代へ!最先端の目覚まし時計とは


これらの方法で朝、目覚めることが出来るようになれば、あとは生活リズムを崩さないことが大切です。寝る時間、起きる時間など生活リズムを正しましょう! 

 

早寝早起きをするコツ・方法のまとめ

 昔から、

「早起きは三文の得」

言われていますが、本当に大事な事なんだなと痛感。やっぱり、人間は太陽と共に生活をしているので、その流れ通り暮らすのが結局は1番いいのですね。ちょっとした習慣やコツを身につければ難しい事ではありません。

  

「朝の時間を有効に使いたいけど、ついつい寝すぎてしまう。」

「目覚ましをかけても起きられなくて・・・

そんな時があると思います。でも安心してください。実際にぼくもそうでした

 

ぼく自身も早起きの生活をするようになって、時間を有効的に使えるようになったり、余計な夜更かしをせずにすんでいます。早起きができていなければ、有効的に使える時間が今より少なくなっているでしょう。それだけ、大きなメリットです。

 

「とりあえず、早起きしたいけど、なかなか起きられない」そういった昔のぼくみたいな人には、光の目覚まし時計の使用をおすすめします。その方が手っ取り行動に写せますし、何より簡単です。こんなに便利な商品は早々ありません。

 

TVでも取り上げられているので、もしかしたら周りの同僚・友人は既に朝の時間を有効的に使い始めているかもしれませんよ。悩んでる暇があるのなら、今すぐ行動に移しましょう。!

 

多くの人がここで一歩踏み出せず、その一歩が2年後3年後に大きな差になってしまうんですけどね。あなたは本当にそれでいいんですか?

 

今取り組まなければ、どんどん時間を無駄に使ってしまうかもしれません。