読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アムウェイ(Amway)を6ヶ月してわかった、勧誘された時の対処方法

お金の哲学 オピニオン

f:id:yohey-hey:20160831200247j:plain

 

俗にいう、アムウェイビジネスを6ヶ月やっていた天野洋平です。 

結構、本気でやっていました。40人ぐらいのグループを形成していた時期もあります。

アムウェイをやったほうが良いのか?やるべきなのか?

 

今回は、なぜぼくがそう思ったのか、詳細を説明していこうと思います。

実名・顔出しで本メディアを運用している、ぼくが実際に6ヶ月やってみてのリアルな感想です。

 

「アムウェイに勧誘された!」

「ネズミ講なんじゃないのか?」

 

そんな、お話が気になる人への記事。 

まぁ、ぼくも例のごとく散々言われましたよ。

インターネットで調べていると、さまざな情報が飛び交ってきます。

 

特にアムウェイに対して多いのがこの種の情報だと思います。

 

 

アムウェイは残念ながら、

「イメージが悪い」

けれども、アムウェイは非常に楽しかったです。

 

ぼくがアムウェイ(Amway)に参加した経緯

2011年頃、新宿でダーツをしていた時。

ぼくはダーツの大会に参戦していました。ダブルスの試合だったのですが、ぼくにはパートナーがいませんでした。

 

運営側が一人できているプレーヤー同士をマッチングしくれるのです。

そこで、パートナーになった方と一緒に試合に参加しました。

 

ダーツの試合後に仲良くなり、一緒にご飯などに行くようになりました。

何回か遊んでいるうちイベントに誘われたりして、それがアムウェイのイベントだったのです。

 

ぼくはアムウェイのことは知っていたので、特に悪いイメージもなかったので、参加してみることにしました。

 

アムウェイ(Amway)を勧誘された人へ

アムウェイについて

一言でいう

「アメリカを発症にで60年ぐらいつづく、俗にネズミ講と言われている会社」です。

 

このフレーズをみてどう思います?

とりあえず、会社の歴史は非常に長いです。

でも、イメージもめちゃくちゃ悪いです。

 

アムウェイって聞いて良いイメージは浮かばないのは仕方のないことなのです。

事実、ぼくの周りにもそういった、イメージが悪いメンバーの人たちもたくさんいました。

 

アムウェイ(Amway)はネズミ講?

アムウェイの会社がしっかりとしているのも事実です

日本で非合法のネズミ講の会社が、大々的に会社運営できるとなのでしょうか?

 

f:id:yohey-hey:20160831200222j:plain

 

アムウェイする、しないはあなたの自由だからどっちでもいいと思いますよ。

 

ただ、アムウェイをネズミ講とは違ったシステムを採用しています。

ここで大事なのが

 

「アムウェイは誰でも成功できるっと」っと言われています。

 

確かに、アムウェイで成功している人はいろいろな人がいます。

 

フリーター、OL、看護師、美容師などなど。

誰でも気軽にできて、誰でも成功できる。

 

でも、勘違いしてしまうのは。

「アムウェイで全員が成功できる」ってわけではないのです。

 

成功できた人に共通点としてかならず、信念があり自分の強みを正確に理解している人たちでした。自分の長所を客観的かつ・主体的に見る力が非常に強かった。

 

これは、アムウェイ以外のビジネスでも言える事ですが、自分の強みをわかっているっというのは非常に大事なことだと、当時学びました。

 

アムウェイにやらない人も、これからやろうとしている人も自分の強みを分析することは非常に重要です。

 

アムウェイ(Amway)に勧誘されたら

もし、あなたが少しでも興味があるなら、本社ビルを見てください。なかにも入れますし、色々と学べます。

地方ならアムウェイプラザに行ってください。製品がたくさんあって使えます。

 

特許もたくさんとっているので、あなたの目でしっかりと見極めて見てください。

アムウェイに関わっている人たちにも、触れ合ってみてください。

いろいろな人がいて、さまざまな事がわかります。 

そして、気が向いたらアムウェイに参加してもても面白いかなと思います。

 

  • 起業したい!
  • お金を稼ぎたい!

 

そんな人は多いけど、アムウェイがイメージが悪いなーという人は、

【期間限定無料本】ビジネス・マニフェストをご紹介します。

 

この本の詳細
f:id:keita-agu-ynu:20160512170649j:plain

ビジネス・マニフェスト

※期間限定で無料テスト配布中!

リッチ・シェフレン 著 中谷佳正 監訳

 

海外のインターネットマーケティングの第一人者であり、グーグルやヤフーにもコンサルを行う、

リッチ・シェフレン。彼が書き記し、全世界で100万人以上の起業家が読んだ伝説の「マニフェスト」が、完全版として日本に上陸しました。 

 

この「ビジネス マニフェスト」という本はまさビジネスに対する最新情報でありながら、稼ぐ方法まで記載。めっちゃわかりやすいです。

しかも期間限定で無料配布していたので、ぼくも慌ててポチりました。

 

今より収入を増やしたい人にはオススメの本です。

ぼくもこの本のおかげで、徐々に年収が増えています。

 

 

周囲の人からアウェイは(Amway)ネズミ講と言われたら

「ネズミ講はじめたの?」

ぼくが、アムウェイを始めた当初はいろいろなことを言われました。

 

仕方のない事なんです。事実、世間的なイメージは未だにあんまりよくありません。

良い人はたくさんいるのですが、悪いイメージはどうしても目立ってしまいます。

アムウェイは人と人の関わりが強いビジネスなのでより顕著に。

 

しかし、周りのイメージで物事を判断していると、損している事っていっぱいあります。イメージ戦略って言葉があるけれども、それだけ人を洗脳してしまうのです。

仕方のないことなのですがね。

 

ぼくがアムウェイ(Amway)をやらなくなった理由

アムウェイでは身内のもめごとが絶えなかった。これに尽きます。

人と人の関わりが強いビジネスなので、常にどこかで揉め事が起きています。

 

アムウェイはビジネスだから、ある程度の問題発生するのは仕方のないことなのですが、「人と人」っという点にだんだんと疲れを感じてきました。

 

アムウェイは良くも悪くも人との距離が近いです。これはネットワークビジネス全般に言える事だと思います。そうすると、どうしても揉め事が多発するんですよね。

 

人にアムウェイに事をどう言われようが、ぼくに批判の眼差しを向けられようがあまり気にはなりませんでした。ぼくの場合は。

しかし、周囲の人たちが揉めている姿はどうにも、耐えられなかった。

 

だって、それなりの希望をもってアムウェイを始めた人たちが、ゴタゴタやっていて、仲間がどんどん去っていく姿は悲しいですから。

 

アムウェイ(Amway)をやっていて実際に起こった問題

たくさんの問題が発生していましたが、本当に嫌だったのが、

「離婚問題」

一見、なんのこっちゃって感じですよね。

 

アムウェイは「人から人」に伝わってくるビジネスであり、「人」が重要になってくる。アムウェイを教えてくれる人が、離婚するとどうなるのか。

ぼくたちの事をよくお世話してくれている、直近の夫婦が離婚した時

 

これは悲惨でした。

内部崩壊。

 

離婚するとどうなるのか?

簡単にいうと夫婦のうちの一人は、アムウェイの関係上はぼくとは関わりのない人になってしまいます。

 

それによって、ぼくらのグループもかなりの大打撃をうけました。

混沌、混乱。

 

離婚はまぁ仕方のないことです。人間だから、そういった出来事もあると思います。

そうして、新たな道を歩むのも一つの手段だと思います。

ただし、アムウェイのシステム上夫婦が離婚すると必ず一人は抜けます。

 

そして、それによって困る人が必ず発生します。かなりの勢いで。

自分とは関係のないところで、こういった問題にぼくは巻き込まれてしまったのです。

 

これには非常に残念だったのと同時に、だんだんとぼくのモチベーションも下がり、次第に距離をおくようになりました。もっと、ぼくがアムウェイに対する強い意志があれば、継続することもしたのかもしれませんが。

 

アムウェイをやっていて、良かった事もいくつかありましたが、こういった件が発生してしまったので、非常に残念な結果となってしまいました。

 

アムウェイ(Amway)関連の書籍

アムウェイ関連の書籍がいくつか出版されています。

インターネット上の個人メディアとは違い、わかりやすく解説されています。
もし、これからアムウェイに参加してみよう!と思う方の参考になると思います。

 

図解日本アムウェイ―ひと目でわかる! 

 

 

日本アムウェイは、米アムウェイの10番目の拠点として79年に設立、「マルチレベル・マーケティング」と呼ばれる販売方式で販路を拡大し、成長を続けてきた。

 

本書は、「アムウェイとは」と「アムウェイビジネスの仕組み」に重点を置き、図解でわかりやすく紹介する。

 

 

日刊工業新聞社 が出版しています。

新聞社が出版しているだけあって、アムウェイの会社の歴史・概要、システム、扱っている製品などの事が細かく書かれています。

アムウェイに関して非常にわかりやすい内容となっています。

 

アムウェイのセールス哲学―愛・誇り・挑戦 

 

アムウェイの創業者が出版している本。

 

平凡な男が偉業をなしとげるようになった理由は何だったのか? アムウェイをつくった男デヴォスが,信念の哲学を語る。

 

一般の人が成功するまでのストーリーが描かれています。

しかし、アムウェイについて書かれている本ですが、成功哲学に関する内容も満載でした。やはり、1代会社を大きくした方のお話は参考になりますね。

 

アムウェイを勧誘時の対処方法まとめ

アムウェイを実際にやってみて良かった事もたくさんありましたが、残念ながら上記のような件で非常に残念なものとなってしまいました。

 

もし、興味があるなら、やってみても良いと思います、非常に成功している人もたくさんいます。上記のようなリスクはありますが。

 

そして、ぼくは自分の強みが理解できたことは有益なもの一つだったと思います。

これからのぼくの人生において、有益な情報の一つでした。

 

いろいろとあったアムウェイ人生でしたが、これは、唯一よかったなと思える点です。

一生使える武器になりましたし、これからの生活で「不安」から解放されました。

 

そんな強みがわかったのも、先ほど紹介したビジネスマニフェストとの出会いが大きいです。おかげで、年収が増えているので、大変有り難いです。

 

  • 独立・起業したい!
  • 今より少しでも多くの副収入がほしい!
  • いつか今の会社を辞めたい!

 

こんな人には無料のうちに、ぜひポチッとしてください。

 

※この本を出しているダイレクト出版は本屋での販売はしておらず、本の入れ替わりも激しいので、絶版になる前に本をもらうことをオススメします。

もうすでに絶版になってしまって買えない本もいくつかありますので、このチャンスをお見逃しなく!