ようへいスタイル

ようへいスタイル

年間100回スノーボードをする仮想通貨男子のブログ

absinthe films (アブシンスフィルム)のウィスラー試写会に行ってきました。

 

アマゾンで78時間限定の年末の特大セールを実施!

【12/8(金)18:00~12/11(月)23:59】

年末限定のセール会場はコチラ

2000万点が対象で50%の値引率も多数、お見逃しなく!

 

冬になると100日以上スノーボードをする、ようへいです。

3度の飯よりスノーボードっていうぐらい、大好きです。

 

冬シーズンを前の毎年9月頃から、スノーボードに関連する映像作品が各社リリースされます。

 

で、今回は有名なスノーボードの映像作品会社、absinthe films (アブシンスフィルム)の新作の試写会に行ってきました。

 

absinthe films (アブシンスフィルム)とは?

absinthe films (アブシンスフィルム)は世界で、もっとも歴史の長いスノーボードの映像を作る会社です。

 

かつては、Mack Dawg(マックダウ)、Standard Films(スダンダードフィルム) と共に、世界三大フィルムプロダクションとし称されましたが、この2社は時代の流れに負けて解散してしまいました。

 

個人的にはマックダウのPicture This (ピクチャーディス)という作品を、20回以上見まくっていたので、マックダウが2008年に解散した時はとても残念でした。

 

Picture This (2007年)
出演ライダー:Seth Huot、Andreas Wiig、Wille Yli-Luoma、Darrell Mathes、DCP、Hampus Mosesson、Shaun WhiteKevin Pearce、Jussi Oksanen、Eero Ettala、Jeremy Jones、Aaron Biittne、Etienne Gilbert、Jakob Wilhelmson、Josh Dirksen、Louie Fountain

 

オリンピックで金メダル獲得している、ショーンホワイトや怪我の前のケビンピアースなどなど、今見てもきっと色褪せない凄まじいメンツです。

 

ちなみに、普段なら試写会は個人的に面白くないので行かなかったと思います。ただ、映像を見て終わりだし、別にわざわざ足を運ばなくても良いかな、みたいな。

 

しかしながら、absinthe films (アブシンスフィルム)の作品は普段からあまり、見る事がなかったのと、

  • 今回の作品での出演者が豪華だったこと
  • たまたまウィスラーで試写会があること

 

っと、いう理由で遊びに行ってみました。

 

出演ライダー

Mikkel Bang, Nicolas Müller, Hans Mindnich, Brandon Cocard, Austen Sweetin, Brendan Gerard, Ben Ferguson, Max Buri, Severin VanDerMeer, Kimmy Fasani and more.

 

Mikkel Bangと Nicolas Müllerだけでも、見る価値があるな!っと思ったら

案の定、 Nicolas Müllerがオープニングパートで、Mikkel Bangがトリでした。

 

absinthe films (アブシンスフィルム)の試写会の様子

f:id:yohey-hey:20170928150840j:plain

 

会場はマックス200席以上はいる、GLC。

 

f:id:yohey-hey:20170928150851j:plain

 開演前の様子。250人ぐらいの人がいたのかな?多分。

 

absinthe films (アブシンスフィルム) の試写会の感想

うーん、なんだか微妙(?)っと思ったのが正直なところです。

理由は

 

  • ロケーションの使い回しが多いこと
  • 見所がわからなかった。
  • いまいち何を伝えたいのかわからなかったこと

 

特に、良くなかったのがロケーションの使い回しが多かったこと。

スノーボードムービーの一番の見所は「ロケーション」というのは、スノーボードが好きな人にとっては異論がない部分だと思うのです。

 

たしかに、すごいジャンプでも、10回ぐらい同じジャンプ台を見せられても

ちょっと、面白みにかけるなー。

 

っというのが率直な意見です。同じロケーションを3回以上使われると、正直

「また???!」

っとなってしまいます。

 

あとは作品全体を通して、何を伝えたいのかが、イマイチ見えませんでした。

大手メーカーのバートンなどが無料でプロモーションしているので、この作品を有料でだすのは厳しいなーと思いました。メンツはとても良くて、期待していただけ残念です。

 

まとめ

近年のスノーボード業界全体的に、一般ユーザーとの距離感がありすぎて、

「すごいけど、よくわからない」

っと感じてしまう、部分が多々あります。

 

そうした部分を汲み取ってくれる、映像作品が少ないので、もう少しユーザー目線があると嬉しいところ。

 

あぁ、冬が待ち遠しい・・。

 

今回視聴した作品の予告編はこちら。