お金の哲学

プロスノーボーダーの年収はサラリーマン以下なのが謎すぎる

12シーズン、スノーボードしているあまちゃん(@Yohey_hey722)です。

 

カナダに住んでいると、スノーボードのプロに会う事が結構あるけれども、その人たちの生活に疑問を抱いた。

 

収入が低すぎる!もっと、もらってもいいはずだ!

プロスノーボーダーってどんな仕事?

スノーボードで生計を立てている人たち。

主に、大会の賞金、スポンサーからの契約金、イベント出演料、プライベートレッスンが収入源。

 

1年中雪を求めて、世界中を転々とする人もいれば、日本のシーズンのみ活動する人などさまざま。

 

また、多くのプロは映像撮影をする事により、自身の滑走スキルを売り込んだり、アピールしている。

 

プロスノーボーダーの実態

でもね、大会賞金ってビックリするほど低いですよ。

 

www.airmix.tv

 

日本一大きな大会ですら、賞金100万円。

 

協賛はムラサキスピーツらしいけど、もっとお金もってないのかな?

こんな低い金額じゃムラサキスポーツのイメージが悪くなると思うんだけれども。

 

普通に暮らしたいたら、半年も暮らしていたらなくなるし。

プロとなったらら、活動費でとても金がかかるんですよ。

 

車を購入したり、移動費、宿泊費などなど。

 

スポンサー料とやらもメーカーによると思うけれども、これもまぁ、なんというか。。。

レッドブルの契約で、やっとまともなプロって感じ?という、状態です。

 

なぜ、プロスノーボーダーの年収が低いのか

ぼくはスノーボードが大好きです。

けれども、この実態はとても悲しい出来事だし、もっとよい待遇を受けてよいはずだと常日ごろから感じている。

 

オリンピック出場を狙える選手ですら、資金提供をクラウドファンディングで募っている現状です。

ちなみに、4月にカナダに練習にきていて、一緒にバーベキューする機会がありました。

 

actnow.jp

 

もっと、多くの人にスノーボード認知されて、その結果、競技者の待遇も良くなればこれ以上ない幸せなのです。

 

プロスノーボーダーを志す人へ

ぼくはプロではいです。けれども、カナダで暮らし年間120日以上スノーボードをしてさまざまなプロを見てきました。

 

伸びているプロは、常に高い環境に身置いています。

数年前に名前が売れていたプロは、高い環境に身を置いていないために、淘汰されていきました。

 

ここでいう高い環境とは海外に出る事。

国内のレベルは低すぎます。

12月にカナダのアマチュアのレール大会にでましたが、日本のトップくらすのやつらがごろごろいます。

 

花形種目であるジャンプもキングス頼みの一辺倒で、

個性の欠片がありません。ダブルコークができても、今は何も目立た無いのです。

 

だから、少しでも早く海外に出る事をオススメします。

もっと、長い距離とタフなコースを滑ったら、プロに近づきます。

室内ゲレンデでは世界基準のトリックは習得できても、環境の変化に対応できません。

 

実力ある日本人ライダーが海外の大会に勝て無いのは、経験不足だから。

少しでも早く海外にでて、経験を積む事がキャリアにつながります。

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

f:id:yohey-hey:20180816132459j:plain

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ

インスタにてカナダ移住生活を毎日投稿中!

英語と海外生活に興味がある人はフォローすると役立つよ^ ^

@yopei0722