ようへいスタイル

なわとびの教え方の達人、縄のまっちゃんのプロモーション映像がかっこよすぎる件

f:id:yohey-hey:20160812051806j:plain

 

こんにちは、小学校の時、前跳び1000回以上やっていた、あまちゃん(@Yohey_hey722)です。

 

なわとびを仕事にしている人が世の中にいるんですね!

 なんと、シルクドソレイユのもとパフォーマーなんです、この方。

その映像がメチャクチャかっこよすぎました!

 

なわとびの教え方達人、プロモ映像

まずはご覧下さい!縄跳びでここまでできるのは、ぼくはメチャクチャすごいと脱帽。

 


Skipping Rope Artist SHOICHI KASUO 2016 縄跳びパフォーマンス【縄のまっちゃん】

 

冒頭の子供のとのふれあいのシーンからはじまり、そこからなわとびの演技の連続。

最後の腕に絡めて、

 

「ドヤッ!!!!」

 

っていうキメ顔。しびれますねー。シルクドソレイユでパフォーマンスをしていたぐらいの、演技力。ただのなわとびなのにここまでできるもんなんですね。

 

なわちびの教え方ってそんなに重要なの?

ぼくの心を撃ち抜かれたのはこの記事。

 

だいぶ前の記事ですが、子供目線に立つことが本当に重要なんだなと考えさせられました。逆上がりができるようになった後の子供の一言。

教えた方からみたら、衝撃な結末でした。

 

www.shoichikasuo.com

 

子供の目線と大人の目線ってだいぶ違うんですね。

そういった子供目線を意識する教えた方。

とても大切だなと感じさせられます。

 

実際に教えてもらうにはどうしたらいいの?

精力的に活動をされているそうです。

 

www.shoichikasuo.com

 

ぼくも子供がいたら、教えてほしいなー。

というか、大人向けの活動とかやっているのかな?

ダイエットプログラムとか、運動不足解消プログラムとか。

 

もし、そういうのやっていたら、ぼくも受けてみたいな。

だって、この映像みているとなわとび無性にしたくなるし、童心が思いだせそうで楽しそう!

 

なわとびの教え方達人に注目!

各ソーシャルメディアで情報発信を積極的におこなっており、ぼくもよく拝見しています。きっと、これからの日本の教育現場にとって、なくてはならない人物の一人になるとぼくは確信しています。

 

子供の頃の小さな成功体験って本当に大事だと思うんですよね。

 

ぼくも、なわとびで新しい技ができるようになったりした時は本当に嬉しかった記憶があります。

それと同時に、このやり方は自分には合わない、こうしたら良いと自然と学んでいた記憶があります。

 

縄のまっちゃん(粕尾将一) (@macchan8130) | Twitter

 

フェイスブックページもありますが、なぜかリンクが貼れませんででした。

気になる方は、要チェック。

 

あぁー、なんだかなわとびしたくなってきた。

これから、ジムいくから、なわとびしてこようー。

 

ではでは、エンジョイ!