読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達ではなく、仲間を作ったほうが良い決定的な理由

オピニオン

f:id:yohey-hey:20160821104145j:plain

 

友達と仲間の違い。

ぼくは、友達の定義や、意味について考えることがよくある。

なぜならば、世間的には友達は多いほうが良いとされていることに疑問を感じる。

 

そんな中プロブロガーの宮森さん、以下の記事を投稿

 

www.miyahaya.com

 

でも、友達よりも、もっと大事な存在がある。

それは仲間。

 

友達とは環境によって形成された集団

例えば、学校、会社、バイト先、サークル。

そういった、誰もが属している環境によって形成される人とのつながり。

 

だから、例えば、学校が変わったり、社会に出たら、付き合ってた友達と疎遠になり、会わなくなる。そして、次第に人間関係は薄くなり、消滅。

誰でも経験はあるのではないだろうか?

 

ぼくは久しぶりに日本に戻ってきたが、連絡を取り合う学生時代の友達は数える程度。

今は何しているかさえもイマイチわからない。

なぜならば、環境によって形成されているから。

 

仲間とは価値観によって形成された集団

仲間は友達とはだいぶ異なる。

 

漫画、ワンピースでは、まったく違った環境にいた人々が同じ価値観のもと行動している。それぞれのキャラクターが目指す、大元の部分は一緒なのだ。

●誰も成し遂げていないことを、遂げる。

 

ぼくの好きなドラボンボールでもそうだ。

●強敵を倒すために、結束する。

 

どちらも、同じ価値観の元に集まった人々。だからこそ、数ある問題や死線をくぐり抜けられるのだ。

 

これは、現実社会においても同様のこと。

例えば、ビジネスで成功したいっと思っている人たちは、同じ人々と結束するべきだ。

ルフィーが、山賊と交流していたら、イマイチ意味がわからないですよね。

 

そうやって、自分の価値観と同じ人たちと結束することによって、より大きな壁や死線をくぐることができるのだ。

 

仲間は自分の心境に大きく共感してくれる。

友達という環境の繋がりでは、大きな深い繋がりはできない。

なかには、あるかもしれないが、それはその時点でその人とは同じ価値観で形成された人生の仲間なのだ。

 

仲間によって、大きなつながりをもち、一人では成し遂げられなかったり、困難な部分を助け合える。

 

だから、よくある

「人脈は大事」

っというのはやや間違っている。

 

仲間を持つことによって、人は成長できるし、変化できるのだ。

 

あなたは仲間をもっていますか?

上記の理由により、ぼくは仲間がほしい。

ぼくの価値観に共有して、一緒に高め合える仲間。

 

ぼくにとっての最大の仲間は妻だ。

今は、日本とカナダ。環境は違うけれども、同じ価値観で形成されているので、本当に心強い。人生においての最愛の人であり、最大の仲間なだ。

 

もし、あなたが今より少しでも豊かになりたいのなら、仲間を作ったほうがいいのだ。

それは、人生において太くて長いつながりをもたらし、大きな助けとなるから。

 

あなたには仲間がいますか?

 

エンジョイ!