ようへいスタイル

ネタバレあり!『全ページ無料のえんとつ町のプペル』の感想と評価・あらすじ

f:id:yohey-hey:20160920112848j:plain

 

「鉛筆だけで制作して、20名以上の人が制作に加わっている絵本」

そんな、絵本をご存知だろうか?!

えんとつ町のプペル。お笑い芸人の西野さんを中心に制作された本です。

  

キングコング西野?って名前は聞いたことあるけれども、いまいちぼくの中ではピンとこない人でした。最近、テレビでも見なくなっちゃいましたからね。

 

でも、西野さんは新たな、フィールドで活躍されていたのです。

 

そして、この作品がめちゃくちゃすごい。絵本を読んで鳥肌がたったのは初めてです。

すげー!!が100回でる、衝撃。10回は読み直してしまいました。

 

画像のように、絵のクオリティが高すぎるのですよ。

しかも、発売1ヶ月前なのに、ネットで全編公開。

 

早速、レビュー。そして、ぼくが感じた疑問点について。

 

発売1か月前なのにオチまで公開、キングコング西野亮廣の『えんとつ町のプペル』の感想と疑問

話題になっていた記事はこちらです。

 

キングコング 西野 オフィシャルダイアリー - 最新作『えんとつ町のプペル』を発売前にブログでオチまで全部見せてみた。 - Powered by LINE

 

なんと、発売前なのに全編公開してしまったのですね。

 

モナリザは世界中の人が知っているから、
グランドキャニオンは世界中の人が知っているから、
今なお、観光地として機能しているわけだ。

 

なるほど、つまりはこの本も、多くの人に知ってもらうことにより、

「作品としての価値が高まる」

って、ことでしょうか。すごい。

 

なかなか、それを実行できるものじゃないですよね。

でも、この手法は斬新であり、効果抜群だと思う。

 

ぼくは、ドラボンボールが大好きで、全話のストーリーは網羅している。

しかし、高校生ぐらいの時、10万円で全巻DVDセットが発売されました。

ぼくは、その時のバイト代を全部はたいて、買いましたもん。

 

内容がしっているとか、どうどかではなくて、やっぱり手元に置いておきたいものってあるんですよね。

 

とりあえず、みなさん、一度全部読んでみてください。

絵のクオリティと世界観に驚かれます。

 

絵本でここまで感動できることって、なかなかないですよね。

全編、文字はなし。

絵のみでのストーリー構成となっています。

 

でも、ぼくの理解力ではわからない点がいくつかあったのです。

 

1、冒頭での争いは、なんの争い?

なにやら争っている、光景ですが、これは一体なんの争いなのでしょうか?

これによって、なにか、えんとつ町に影響があったと考えられます。

 

f:id:yohey-hey:20160920112847j:plain

 

このシーンで、何かが解決されたと思うのですが。

そして、右上のこのキャラは一度しかでてこないのも、ちょっと気になりました。

 

2、最後の涙は?

こちらが一番の謎でした。

うーん、どうも、ぼくの理解力が足りないのですかね。

この謎の道化師はいったい、主人公の子と、どんな関係でどんな影響力がある人なのでしょう。

 

f:id:yohey-hey:20160920112846j:plain

 

オチの部分にあたるのですが、なぜこの涙が流れているのかが非常に疑問でした。

ぼくの理解力の問題なんでしょうけれどもね。

 

キングコング西野亮廣の『えんとつ町のプペル』の感想と疑問まとめ

絵本の制作もさることながら、お笑い芸人という枠にとらわれずに、新たな挑戦を仕掛ける姿勢にぼくは驚きました。

 

この本、爆発的に売れることが間違い無いですね。

ぼくはいますぐ、この本が手元にほしいですもの。

 

そういうわけで、早速予約しました。

 

早く現物が届くのが楽しみです。

そして、各地で展示も行うそうです。西野さん本人にもお会いして、作品の想いとか経緯を聞いてみたい。

 

ぼくがもう少し影響力のある人物だったら、対談とかして、ブログに掲載できたら面白いのですけれどもね。 西野さんいかがでしょう? (笑)はい、すみません。

 

みなさんは、どのようにストーリーを捉えましたか? 

 

以下、2016年11月追記

 

えんとつ町のプペル展に行ってきました!

この度SEZON ART GALLERY(セゾンアートギャラリー)では、 おもしろ絵本作家・キングコング西野亮廣氏による『えんとつ町のプペル展』を開催いたします。

 

完全分業制やクラウドファンディングなどのアプローチで制作に4年半を費やした絵本、そして細密描写を得意とする西野亮廣氏の細部までこだわった原画の魅力を伝えるため、60cm×60cmという大きなサイズに引き伸ばした「光る絵」を展示、販売いたします。

 

にしのあきひろ『えんとつ町のプペル展』 » SEZON ART GALLERY

 

先ほど紹介した、絵をライトアップさせて展示しよう!という、企画。

めっちゃ、面白そうだったので、えんとつ町のプペル展に突撃してきました!

 

f:id:yohey-hey:20161130083241j:plain

 

f:id:yohey-hey:20161130082519j:plain

 

写真ではイマイチ伝わりづらいかもしれませんが、絵がライトアップされていて独特の空間・世界観が演出されています。

 

平日の日中にえんとつ町のプペル展にいったのですが、たくさんの人で賑わっていました。

 

f:id:yohey-hey:20161130082520j:plain

 

すごい人ですよね。

たまたま、夕方に行われるサイン会の整理券をゲットできたので、再び夕方に訪れたときは、長蛇の列になっていました。

 

「ディズニーランド?!」って思ってしまうほどの、人気ぶりでした。

恐るべし、えんとつ町のプペル!

 

えんとつ町のプペル展に行った人達の感想 

 

えんとつ町のプペルの作者のサイン会

f:id:yohey-hey:20161130082524j:plain

 

えんとつ町のプペル、サイン会にいってきました!

予め配られた整理券を元に、並んだのでスムースにあまり行列にはなっていませんでした。

 

西野さん、めっちゃ忙しそうでした。

 

f:id:yohey-hey:20161130082527j:plain

 

えんとつ町のプペルの作者の西野さんとの2ショット。

オーラがあり、カッコ良いお方でした。

 

西野さんに頂いた、サインはこちら

 

f:id:yohey-hey:20161130084501j:plain

 

「謎のキャラが地味にかわいい!」

(気がする。笑)

 

えんとつ町のプペルにあまりにも、感動しすぎたので西野さんの他の絵本も買ってしまいました。

 

 

僕が恋した少女は、「好き」という言葉がない国で育った。けれど、少女は、僕の知らない美しい音楽を知っていた―。

 

世界をひとつにする魔法を見つけた、ちっぽけな僕たちの物語。タモリの発案を、キングコング西野が、過去最高の純度でモノクロームの絵本に。

 

世界をひとつにする魔法。

絵本なのに、現在の社会情勢、争いが起きてしまう起源を考えさせられました。

えんとつ町のプペルと同じぐらいおすすめの本です。

 

えんとつ町のプペルに関する最新情報

 

絵本『えんとつ町のプペル』の発売から一ヶ月チョイ。


このたび8度目の重版が決定し、発行部数は12万部を超えた。
自分で言っちゃあ世話ないが、それでも「5000部でヒット」と言われる絵本業界において、この状況は『事件』と言われている。売れているのだ、とても。

 

キングコング 西野 - 悪魔、再び。

 

11月上旬の発売から、1ヶ月で12万部の発行部数に到達したそうです。

クリスマスの時期に向けてますます、需要が高まるのではないだろうか。

 

ぼくもお世話になっているご夫妻に「えんとつ町のプペル」をプレゼントした。

内容もとても良いのだが、やはり絵の力でとても引き込まれる。

 

プレゼントされた相手もとても喜んでいたし、ぼくもなんだか、嬉しかった。

贈り物としても最適なえんとつ町のプペルです。

 

また、アメトーク、行列のできる法律相談所でのプロモーションを行うとのこと。

そうした、プロモーションをしっかりと行うことに商才を感じます。

 

 絵本の内容がニュースになることはあまりないので、絵本を一人でも多くの人に届ける場合は、作り方や届け方といった《外側》をニュースにしていかねばなりません。


今回の場合だと、『超分業制』ということや、クラウドファンディングで資金を募り、クラウドソーシングでスタッフを募ったことや、


予約販売サイトを立ち上げ、予約販売だけで1万部を突破したことや、
個展を無料開催する為のクラウドファンディングで国内記録を出したことなど。

 

キングコング 西野 - 絵が1000万円で売れた。 

 

クラウドファンディングを利用して、プロジェクトを立ち上げるってだけでも、だいぶすごいですもんね。国内1の金額が集まったそうです。

 

この辺のニュースはマグレでも授かり物でも何でもなく、連日、会議で話し合い、確信犯的にニュースを作りにいっておるわけです。
ちなみに、あと3~4発、弾を残しております。

 

これだけ躍進を遂げているえんとつ町のプペルですが、まだまだ先の手が売ってあるそうです。今後のさらなる、飛躍に期待ですね! 

 

えんとつ町のプペル全ページ無料化

キングコング 西野 公式ブログ - お金の奴隷解放宣言。

 

なんと、えんとつ町のプペルを2017年1月19日に全ページ無料でインターネット上に公開しました。

 

しかし僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。

 

1億人を楽しませることができたら、その瞬間は1円にもならなくても、後から何とでもなると思っていますし、なんとかします。
それに、「西野君、こないだはありがとね」と夜ご飯ぐらいご馳走してもらえるんじゃねぇかな、と思っています。

 

言いたい事はわかる。

そうする事によって、今まで読めなかった人たちにとって作品が届く事ができてより広く知られる事になるから、非常に良い取り組みだとは思う。

 

えんとつ町のプペル無料化に伴う声

 

出版社や書店へのダメージはかなりありそうだが、どうなのだろうか?!

なんとかします!と西野さんが言っているので、今後の動向に注目です。

いずれにせよ、無料化に伴いえんとつ町のプペルはかなりの注目を集めています。

 

えんとつ町のプペルが100万部に到達するのが楽しみです!

 

えんとつ町のプペル作者の関連する本

Dr.インクの星空キネマ 

 

どうして星は流れるの?どうして人は夢を見るの?丘の天文台にひとりで暮らすおじいさん、時代遅れのハシゴ屋さん、村人から恐れられているバケモノ、世界中のみんなのために“夢の脚本”を書き続ける人―。

 

それぞれの思いで毎日星空を見上げる孤独な人たちが、小さな幸せを見つける感動のファンタジー。星空を見ることを忘れてしまったあなたへ―。大人が泣く。子供が微笑む。優しさが心に沁みる物語。

 

えんとつ町のプペルはここから、始まったと言っても過言ではないでしょう!

西野さん、初の著書! 

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長、ついには上場企業の顧問にも就任しちゃったキングコング西野が語る「新しい仕事の広げ方」、「本当のお金の話」、「常識の覆し方」、「エンタメの仕掛け方」とは?

 

肩書きを自由に飛び越える異端児の型破りな実例満載! 世間からハミ出す人のためのビジネスヒント集

 

お笑い芸人なのに、えんとつ町のプペルを鉛筆1本で書いてしまう西野さん。

そんな西野さんのビジネスだったり、これからの世間の流れについてが語られていて非常に面白かったです。

 

芸人なのに、「ひな壇にはもう出ない!」

って言える、思いっきりの良さ。適性を客観的に見極めていたんでしょうね。

 

嫌われ西野、ニューヨークへ行く 

絵本作家としても活躍中のキングコング・西野亮廣。クラウドファンディングで531万1000円の資金を集め、NYで原画展を成功させるまでの軌跡と、1枚の絵が完成するまでの一部始終を公開します。

 

夢を叶えるヒントが詰まっています。

 

531万円の資金を調達して、ニューヨークで個展を開催!

ちなみに、えんとつ町のプペルでは46,373,152円という金額をクラウドファンディングで調達しています。

そんなに、たくさんの金額を出資してもらえる、人徳があるということですかね。

素晴らしい!

 

『えんとつ町のプペル』の感想と評価あらすじのまとめ

久しぶりに絵本を読みましたが、めちゃくちゃ良かったです!いつぶりだろうか。


ぜひとも、えんとつ町のプペルを読んでみてください!

絵本なのに、リアルに鳥肌がたつぐらい感動します!