読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000回スノーボードした僕が初心者へ捧ぐ、上達のコツ総まとめ

スノーボード

f:id:yohey-hey:20160917194534j:plain

 

スノーボードを12シーズンやっている、あまのようへい(@Yohey_hey722)です。

実施にスキー場のスタッフだったり、インストラクターの仕事 をしていた経験もあります。

 

この記事を見ている方は、スノーボードに興味があったり、既に経験済みで初心者を脱したいと感じている方だと思います。

 

ぼくは18歳の頃から30歳の現在まで、累計で1000回以上は雪山に通ってきました。

 

最初は

「スノーボードって楽しいの?やったことないんだけど。。。」

「初心者だけど、大丈夫かなー」

「どうやったら、スノーボードが上達するのだろうか?」

 

そんな状況でしたが、今ではどっぷりとハマりました。結果的に新潟や長野などのスキー場で働いたり、最終的にはカナダに暮らすことになりました。

 

この記事は、ぼくのスノーボード初心者時代の話や上達のコツを公開していきます。

スノーボード初心者だった頃のリアルな体験を書いていくので、参考になるかと思います。

 

 

そんな、ぼくのスノーボードの経歴や詳細のプロフィールはこちら 

 

この記事もチェック!

 

知っておきたい、スノーボードの歴史

「スノーボード」という名称は、アメリカとカナダを中心とした北米スノーボード協会が発足した時、新しいスポーツのジャンルとしてスノーボードという名称に統一したことに始まる。

 

1970年代まで、同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑るボブスレーのような競技が存在していたが、一般には普及しなかった。 

 

スノーボード - Wikipedia

 

1970年代から80年ぐらいにできてスポーツで歴史も50年に満たないぐらいです。

さまさざまなスポーツの中で、歴史はまだまだ浅いと言えます。

 

f:id:yohey-hey:20161127120753j:plain

 

日本では11月から5月ぐらいまでしかスノーボードができませんが、南半球のニュージーランドなどだと夏場でもスノーボードが楽しめます。

 

ぼくのスノーボード初心者時代の話

f:id:yohey-hey:20161127120754j:plain

 

ぼくがスノーボードを始めたのは高校3年生(2005年)の2月
高校の友人に

「あまちゃーん!スノーボードいこうぜ~!」
と誘われて、ノリだけでよくわからないまま、参加することになった。

 

新宿から深夜の高速バスを利用して野郎8人で北志賀小丸山へ行った。
人生初の高速バス。そして、8人ともスノーボードが初心者。

 

天気は雪が降ったり、降らなかったり。そして、ゲレンデ自体はめっちゃ小さいけど、なぜかやたらコケまくってケツが痛い。

ぼくにとっては丁度良い広さ。ツアー料金も安いし、コースも緩やかだから、初心者にはおすすめのゲレンデだと思う。


よくわからないまま始めたが、すごい楽しかった!

 

全てが新鮮で今までに味わったことにない「高揚感・躍動感」を感じた。もう大分前のことなので、細かいことは全く覚えていないが、あの時感じた「高揚感・躍動感」は今での新鮮に思い出すことができる。


それぐらいぼくにとっては強烈な出来事だった。

 

あまりにも楽しすぎたので、スノーボードの為に、風呂上がりの柔軟も入念にやるようになったし、体力作りの為ランニング、スケートもオフトレがてら始めた。人生の大部分をスノーボードが占めるようになった。

 

それぐらい、夢中なスノーボードなので、ぜひとも多くの人に味わってもらいたい!

そして、経験を重ねるごとにどんどん、上達していきました。

まじで、新しいことがどんどん、出来るようになったり、次の世界が見えてきて、楽しいですよ!

 

スノーボード初心者に大事な持ち物

ウェアや、ブーツ、板はスキー場のレンタルで良いかなと思います。普通に買うと、結構高いです。板だけでも5万円以上。安くても3万円とか。

全て揃えようとすると10万円ぐらいしちゃいます。

 

やる気のある人は、いきなり揃えてもいいと思いますが、まずはレンタル用品で済ませましょう!ただし、スノーボード初心者でも以下のものは用意したほうが良いです。

 

グローブ

 

価格は3000円〜10000円ぐらい。

とりあえず、安いやつで良いと思います。今は、安くても物が良いやつが増えました。

ぼくのおすすめはこちら、

 

ゴーグル

 

価格は5000円前後〜といった感じ。

ただし、なるべく良いものを買うことをおすすめ。

「良いもの=フィット感、曇りづらい」

 

何が良いものなのか、初心者の方にはいまいちわからないと思います。熱気でレンズが曇ったりするので、ショップの店員さんと相談しながら曇りづらいゴーグルを購入することをおすすめします。

ショップ店員さんはスノーボード経験者の方が多いとので、そのあたりに精通していると思います。

上達してくると、良いゴーグルを持っているとより一層楽しくなります

 

 

ニット帽子

 

かわいい、かっこいい!って思う、ニット帽をチョイスしてあげてください。

自分の好きなものを使っていると、テンションが上がりますしね!

 

ネックウォーマー

 

雪山はかなり寒いです。マイナス5度とかそれ以下になることも、珍しくない。

その時に、首回りが暖かいとだいぶ体感温度が違うんですよね。

あとは、顔を守ってあげると、お肌にもやさしいですしね(笑)

 

お尻のプロテクター

 

初心者はめっちゃ転びます!小さい時の自転車の練習を思い出して下さい。

あれぐらい、転びます。痛い記憶も蘇りましたか?

 

お尻から転ぶことが異様に多いので、プロテクターを購入することをおすすめします。スノーボードあるあるで、お尻が痛いから嫌だ!って人、結構いるんですよね。

 

スノーボード初心者が知りたい、お金の話

場所や、宿泊日数にもよると思いますが、スノーボード初心者の人は旅行会社のツアーとかを使うことをおすすめします。

 

ぼくが初めて利用した、ツアーの場合2泊3日でリフト券、宿泊施設、レンタル、バスなど諸々こみで19800円ぐらいでした。

 

車で行く場合は、もう少し高くなると思います。

そして、雪の高速道路、や雪山に向けての道は慣れないと結構危ないし、怖いです。

 

ここだけの話、

「雪道の高速道路でおもいっきり、スピンして、突っ込んだ壁に突っ込んだ事があります。」

 

「・・・」

 

まじです(笑)。

スピンオン規模の割には、車体が少し凹んだだけですみました。

もし、車で行く場合はくれぐれも、安全運転を!

 

スノーボード初心者が上達の為の練習方法

ひたすら、滑りまくってください!!

これしかありません。 

 

まぁ、これだけでは味気ないアドバイスになってしまうので、

ぼくがスノーボード初心者時代に役立た、上達に必要な4つほど紹介していきます。

 

スノーボード上達に必要な事1:スクールに入る

f:id:yohey-hey:20161127120751j:plain

 

スキー場では2時間〜3時間で5000円前後〜のレッスンをやってくれる所が多いです。

ぼくも、初心者の時に利用しました。

 

  • リフトの乗り降り
  • 滑り方
  • 転び方

 

基本的なことになりますが、スノーボード初心者にはまったく、わからないことばかりだったので、こういった事を順番に教われたのは良い経験になりました。

特に、転び方って結構重要なんですよね。上達するに連れて転び方も上手くなっていき、結果的に怪我もしづらくなっていきます。

 

スノーボード上達に必要な事2 ,友達と切磋琢磨する

これはめっちゃ楽しいです。

友達と声を掛け合っているうち、どんどん刺激をもらえて対抗意識も出ますしね。

余裕があれば、スマホで動画の撮影をしてみる良いと思います。

 

初心者時代の動画を収めておくと、数年後に

「うわっ、だせー!やべー!」ってなって面白いですよ(笑)

 

ぼくも、昔の映像をたまに見ますが、上達の過程がわかって役に立ちました。

 

スノーボード上達に必要な事3:DVDなどの動画でイメージを高める

 

イメージトレーニングってすごい重要なんですよね。

人間はイメージできないことは体が反応しづらい。だから、実際にうまい人たちの映像をみてイメージを高めましょう!

 

ぼくがスノーボード初心者時代は、石川敦士さんというプロの方のDVDをよく見ていました。当時はyotubeがようやくで出始めたぐらいだったので。

 

今だと、youtubeなどの動画サイトなどで色々とみれますので、自分がかっこいい!って思う人の滑りをどんどん見て、上達するイメージを膨らますことをおすすめします。

 

ちなみに、石川敦士さんは年来は30代後半ですが、現在も現役です。

スムースにかっこいい滑りや、ジャンプを見せてくれるので、初心者にはオススメですよ!

 

 

スノーボード上達に必要な事4:ブログや日記などに記録をつける

これは、めっちゃおすすめします!

自分の記録をつける事により、毎回の積み重ねが少しずつ変化を与えて食えている事に、気づきます。伸びているところや改善していところなど。

 

プロの岡本圭司さんも「上達ノート」を書いていると、雑誌のインタビューで答えていて、実際にノートの写真も掲載されていました。

 

岡本が2011年あたりに作成したノートを開くと、「フロントサイドスピン」「バックサイドスピン」「ロデオ」「ダブルバックフリップ」といった具合に、回転方向やトリックに分けて、そのコツがギッシリと書かれている。

 

さらに、自分でトライした結果を分析した記述もビッシリ! 「このノートがあったから、スランプに陥ったときも、ひとつ一つ修正すべき点がクリアになって上達できた」とのこと。

 

ワンランク上のスピンを練習しては、そのベースとなるトリックの安定度をアップさせるなど、とにかく練習に励んだ岡本。この上達ノートの冊数が増えるたび、自身の持ち技も増えたことは想像に難くない。

 

もっとフリースタイルに遊びたい人に捧ぐ! 岡本圭司流・上達術 | スノーボード総合情報サイト-トランスワールドウェブ

 

いまだと、LINEブログとか流行していて、スマホから簡単に更新できるので良いと多います。写真も手軽に貼り付けられますしね。

 

中には、ブログをきっかけに声をかけてくれる人もいますしね。

 

スノーボード初心者の方も自分の気づいたことなどを、どんどんメモして上達の為に活用してみてください。

 

スノーボード初心者は上達の為に友達をどんどん作ったほうが良い! 

「三本の矢」という言葉をご存知の方も多いと思います。

一人で何かを成し遂げるのは難しいけれども、複数人になれば達成への道のりが早い。

 

スノーボードに置き換えると、同じような高め合いたい友達を作って、刺激を与え会う事は非常に上達の為に有効です。今は、便利な時代なので、ネットなどからSNSを活用しても面白いです。

 

ぼくの場合は、2006年(当時20才)の時、mixiがめっちゃ全盛期の頃。

スノーボードのコミュニティを活用して、連絡をとり群馬のスノーボードチームの代表の方と交流する機会が得られました。

 

f:id:yohey-hey:20161127120752j:plain

 

今は無くなってしまったのですが、クレイジーモンキーというチームに所属していました。名前が表すように、めっちゃクレイジーな連中の集まりでしたが、皆んなスノーボードが好きな人たちで楽しかったです。

 

雪がなくても滑ろう!っていうフレーズで、ブラシを敷いてスノーボードできるスペースを作っていました。

 

そうやって、友達を作っていく事はスノーボードを上達するのに非常に重要なことだと感じます。

 

スノーボードを上達したい初心者の声

最初はコケまくってて「スノボなんか嫌い」状態でしたが、だんだん滑れるようになると、めっちゃ楽しかったです。

これからはスキーじゃなくてスノボにします。来年はちゃんとウェア買わないと。

今回初のゲレンデで初の大雪地帯、温泉にお酒にバイキングに・・・それだけで私的には十分楽しかったです。
仕事が忙しい時期にせっかく頂けた2連休なので、皆様に感謝しつつ思う存分はっちゃけて来れました。

 

アフタースノーの、温泉だったり、お酒でワイワイなどそういった楽しみがあるのも良い所ですね。ぼくの場合は、皆んなで夜にその日に撮影した映像をみながら楽しんでいます。

  

スノーボード上達して初心者を卒業したい方への近道! 

時間が許すようであれば、スキー場で働いてみる事をおすすめします。

いきなり敷居が高いようですが、大丈夫です。

社会人の方でも、年末年始を利用して一週間ぐらい来ているも人いました。

 

メリットとしては、リフト券、食事、住む所(寮)が提供されるので、お金はほとんどかからない、っという点です。

 

ぼくの場合は、ゲレンデのレストランで働きながら、ひたすら滑りまくっていました。

お金を使う機会があまりないので、20〜30万円ぐらい貯まっていました。

 

やはり、何事も反復練習が一番の効果が高いので、年末年始だけとかでも環境を変えると、どんどん上達しますね。それに、スキー場で働くっていう経験はあまり出来ることではないので、結構楽しいですよ。

学生の方には特におすすめです。

 

年末年始ぐらいなら会社も続けながら、お金もかけずスノーボードを楽しめるので社会人の方でも大丈夫です。こちらのサイトで、ゲレンデの仕事情報がチェックできるので、参考にしてみてください。

 

新しい出会いや仲間が増えて、スノーボードもさらにガンガン上達して楽しいですよ!

 

 

スノーボード初心者必見、上達のコツ総まとめ!

この記事を執筆している間に、妙に初心者時代のことが懐かしくなりました。

 

主に、スノーボード初心者に向けて書かれていますが、 中級者・上級者の方の上達の参考になる部分があると思います。是非とも参考にしてみてください!

 

スノーボードはとても楽しいスポーツで、日常生活では味わないような高揚感や刺激を与えてくれます。少しでのこの記事が参考になったら嬉しいです。スノーボードをガンガン楽しみましょう!

 

もっと上達したい!っという方は、こちらのサイトからスキー場のお仕事をしてみるのも面白いです。ぼくも実際に利用していましたし、簡単に仕事が探せます。

 

 

エンジョイ!