インスタグラム

インスタ・ツイッターでの埋め込みコードの注意点について

他の人のツイートやインスタの投稿を利用しても大丈夫なの?

そんな時は、埋め込みコードを活用して効率よく利用することが出来ます。

 

ブログの場合はツイッターの投稿を引用して、利用するケースが多いので今回はツイッターを例に説明をしていきます。インスタでも基本的には同じようなルールやマナーとなっていますので、インスタに置き換えて読み進めてもらえればと思います。

 

使用方法や注意点など理解しておくべき点がいくつかあるので、ブログやWebメディアの運営者は気をつけてくださいね。

 

動画でも解説しているので合わせてどうぞ。

 

 

Twitterの規約について

Twitterは他人にシェアされるのを前提で投稿

そもそもTwitterは、他者へシェアされることを承知した上で投稿してね、ということを規約に書いている(嫌なら、Twitterなら鍵をかけるなどする)

 

ブログで使うときには埋め込みコードを使ってね

ツイッターの画像や文章を使いたい場合は埋め込みコードを使うのが一番最適です。(具体的な使い方はのちほど!

 

画面のスクリーンショットはNGです、ということなんです。これは「APIを使ってシェアは許す前提でみんなツイートしてね」と言ってるに等しいですね。

 

つまり、引用がどうのこうのとか、著作権がどうのこうのを超越して、そういうルールで使うのがTwitterというものだよ、ということです。

 

また、他のブログやWebメディアを運営する場合しっておきたいルールやマナーの一つとなります。

 

ツイッターやインスタの埋め込みの方法

 

1,利用したい投稿より「ツイートをサイトに埋め込む」を選択

 

 

2,埋め込みコードをコピー

 

 

あとは、あなたのブログにコードを貼り付けて上げると完了です。

基本的にはインスタやYouTubeなどでも同じような手順となります。

埋め込みでの注意事項

埋め込みコードを使うと画像や文章を引用しながら、記事に書くことができますが、

いくつか注意しなければならない点があります。

 

画像が消える可能性もある

元のツイートがなんらかの要因により削除された場合は、ブログに掲載されている内容も削除されてしまいます。

 

そのため、多くの人に読まれている記事や、長期的な需要がある記事の場合は埋め込みコードの利用には気をつけましょう!

 

違反ツイートの拡散

ツイートがそもそも規約や法律に触れているであろうケースの時は拡散や埋込コードを利用した掲載はおすすめしません。あまり聞いたことないケースではありますが、最悪のケースの場合、なんらかの法的な処置をとらなければならない可能性もあります。

 

埋め込みを利用した、安全な使い方

  1. ツイート元の人の考え方・感想などのツイートを埋め込みで用いる
  2. ツイート元の顔写真などのツイートを埋め込みで用いる

 

SNSは予想以上の拡散性があるので、取扱には注意が必要です。アルバイトのモラルに欠けた動画の配信などが、騒がれた時期もあります。

 

あなたが面白いと思った内容でも、いつのまにか大きな事件やニュースにすらなってしまうケースもあるので、留意しておきたい点です。

 

余談ですが、ディズニーは無断使用に厳しいですが、ディズニーの公式アカウントのなら安心です。

 

 

まとめ:インスタ・ツイッターの引用について

 

すごく当たり前の話になってしまいますが、ルールやマナーを改めて見直してみましょう。「知らなかった!」では済まされない場面に遭遇してまってからは、かなり大変です。

 

規約的にOKだったとしても、人間関係のこじれにつながる恐れもあるので、その辺りについても注意が必要です。

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ