ネットで稼ぐ

電子書籍の作り方と販売方法(KDP)

自分で本を出版したい、ブログで反響が良かった内容をリライトして出版したい

そんな時は、KDPで電子書籍を出版する手段もあります。費用もほとんどかからずに、出版できて非常にお手軽です。

 

動画でも解説しているので、合わせてどうぞ。

 

 

電子書籍を作るにはKDPが主流

 

KDPとは「Kindle Direct Publishing」の略で、アマゾンで電子書籍の出版の事です。

 

様々な電子書籍の出版サービスがありますが、日本ではKindleの市場が一番大きいです。そのため、KDPを活用して電子書籍を作ることにより、多くの人に見られやすい状況を作りやすくなります。

 

読み放題サービスがあるから、読まれやすい

また、読み放題サービスの「Kindle Unlimited」に陳列することにより、加入者の目にとまりやすい。

 

Kindle Unlimitedは月額500円のサービスですが、30日間の無料お試し期間があります。そのため、「無料お試しで読めるなら読んで見ようかな?」っという作りやすいです。

 

出版した人にはしっかりと、1ページ読まれるごとに単価が支払われるようになっている仕組みです。出版側も手軽に出版できて、読む方の金銭的負担も少ないので人気が高いです。

 

KDPでの電子書籍の作り方

大きな流れは以下の通り

 

  • テキストファイルがあればOK!
  • ストアに登録

 

2019年2月現在、ブログなどの既存の無料コンテンツの流用はできなくなってしまいました。でも、基本的にはブログを書くのと同じように、価値提供できるコンテンツであれば上記の手順で取り組むことができるので、興味がある方は是非ともトライして頂ければと思います。

 

 

・Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングで登録

・txtデータ作る

・ファイル変換サービス「でんでんコンバーター」でepubファイルに変換

・Kindle Previwerでチェック&修正


・ストアに登録

 

 

大きくは稼げないけど、自分の商品を生み出せる

いくらぐらいかせげるのだろう?

正直、大きく稼ぐのは難しいです、月に数万点程度になります。でも「知識を体系的に届ける」っいった点では、非常に優れていると思います。また、自分の商品として収益源の一環として取る組んでみると面白いです。

 

何事もいきなり大きな成果を生み出すのは難しいので、収益化の一歩として取り組んでみるのがよいかと思います。

 

KDPを効率よく活用してみよう!

 

ブログにある程度慣れてきたら、KDPによる収益化をしてみましょう!

自分の商品で収益化したことがある」っというのは大きな経験になります。なぜならば、多くの人が自分の商品を作る経験をしたことがないからです。

 

自費出版などに比べると金銭的負担が圧倒的に少ないので、ハードルがかなり低いです。

自分で商品を作ってみたい!」っという方は、是非とも活用してみてくださいね。

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ