ブログの書き方

断言します!あなたの常識は世界の非常識

ようへい
ようへい

ブログに興味がある人がブログを始めるのを躊躇する理由のひとつとして自分の発信には価値がないという思い込みがあります。

 

しかしこの理由で行動できず結局やらないというのは非常にもったいないです。なぜならどんな人でも価値のある発信をすることができるからです。

 

今回は全ての人が価値のある発信をできるということについて書いていこうと思います。

 

  • 自分みたいな平凡な人が発信しても意味がないと思ってる人
  • 発信に限らず自分には価値がないと思っている人

などは読んでみてください。

 

 

結果を出している人の発信でないと意味がない?

何かの分野で結果を出してから発信しないと説得力がないから意味がない。こう思っている人は多いと思います。確かに一理あると思うのですがそれはターゲットの選定次第でなんとでもなります。

 

 

例えばあなたが「月に100万稼ぎたい人」をターゲットにしてブログを作るとします。

しかし自分は月に100万も稼いでないので記事を書くことができません。

 

稼ぐ方法を推測で書いたとしてもそこには自分の体験が含まれないので説得力がありません。その結果、価値のない発信となってしまいます。

 

一方で、プログラマーとして完全リモートワークでカフェで仕事をしている人は、どんな内容が発信できそうでしょうか。

その時は、「プログラマーとして自由に働きたい人」に変えてみます。

 

プログラマーになる方法やリモートワークのメリットデメリットなどを体験を交えて書くことができます。体験談を書くと説得力が上がるので信頼性の高い記事となり、価値のある発信となるのです。

 

つまり自分が価値を提供できると思う人達をターゲットにブログを書けばいいんです。最初のターゲット選定はちょっと考えますが決まってしまえばあとは書くだけです。

 

 

仕事で全く結果を出していないという人は

 

  • うつ病にかかったことのある自分がうつにならないための考え方を書く
  • 人見知りを克服した自分が克服するためにやったことを書く

 

みたいに自分が辛い思いをした経験を書いて、そうならないためにどうすればいいかを書くのも手です。

素直な感想を書く

ターゲットが決まったなら更にオリジナル性を出してライバルと差別化をはかっていきましょう。次にやることはとても簡単であなたが思ったことを素直に書くということです。変にかっこいいことを書く必要はないんです。

 

 

初めてサーフィンをやった経験を記事にするとしたら、

「サーフィン楽しいし女性にモテるようになるので最高!!」

みたいな記事を書かないといけない気になるかもしれませんがそんなことはないです。

 

 

正直な感想はサーフィン1回で6000円もしたので高すぎるのと波を待つ時間が長いので趣味としてのコスパが悪いでしたw

でも、全然OKです。

 

この感想を正直に記事にすればいいんんです。正直な記事にはその人の個性がもろに出るので読んでる人は面白いんです。面白いというのも価値の1つです。

自分の価値観を発信しよう!!

ここまでの解説でちょっとした工夫で価値のある発信ができるようになるとわかったと思います。

 

 

自分の価値観を発信していると自分が好きな人が周りに集まってきます。会ったこともないのに自分を好きになってくれる人がいるし、会ったこともないのに自分を嫌いになる人もいます。自分のことが嫌いな人は近づいてこないので自分のことを好きな人とだけ仲良くなれます。それって最高じゃないですか?

 

 

発信は読者に価値を与えることができ自分も生きやすくなるので絶対した方がいいです。ブログだと大変って人はSNSで自分が感じたことを毎日投稿することから始めてみてはどうでしょうか。

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ