ようへいスタイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくが実施している、時差ぼけの3つの対策と解消方法。

f:id:yohey-hey:20160826121810j:plain

 

先日、カナダから日本に一時帰国した、あまちゃん(@Yohey_hey722)です。

 

海外旅行や出張にいかれる方、時差ぼけに苦しんでいませんか?

ぼくは結構苦しんでいました。

 

カナダから日本へのフライト飛行機が約9時間半。

結構ながいですねー、時差が16時間。今は昼の12時ですが、カナダは夜の8時。

ほぼ、昼夜逆転ですよ。

 

1週間は結構時差ぼけに苦しむ人多いんですよね。

ぼくもその一人。

 

はじめて、カナダに行った時は、無駄に夜の2時とかに目が覚めたりしていました。

なぜならば、その時は日本では、日中で普通に活動している時間だから。

 

そんな時差ぼけに苦しむかたの対策や解消方法をまとめてみた。 

 

3つの時差ぼけ対策と解消方法

時差ボケの3つの対策方法

1,出発前日は睡眠時間を少なくする。

出発の前日から、時差ボケ対策は始まっています。

前日は、しっかりと寝よう!!

って、いうのは個人的には合いませんでした。

 

逆に、睡眠時間を少なく。

この方が、体のリズム的に調子がいいように思います。

 

2,飛行機のなかではたくさん寝る

そして、当日。

飛行機の中ではたくさん寝れます。

どうせ、飛行機の移動って本を読んだり、映画を見たりすることしかできません。

本を読んでいても、車と同じように結構揺れます。

 

とてもじゃないですが、1時間以上連続して読むのは結構な疲労、画面を見ていても、チカチカして、目が疲れます。

ひどいと吐き気を感じたり。

 

だったら、飛行機のなかではしっかりと寝てしまった方がいいのです。

 

その方が旅先ですっきりとした状態で迎えられます。

 

3,機内食は必ず、しっかりと食べる

たくさん寝るのはいいのですが、機内食食べない人結構いますよね。

でも、個人的にはしっかりと食べた方が良い。

 

理由は、食べることによって体に栄養がしっかりと入るし、何よりリズムが整う。

何も胃に入っていないと空腹から、疲労などを感じたりもしやすい。

 

最近は、飛行機でアイスをだしてくれる航空会社もあるので、ひんやりしてリフレッシュできる。

 

時差ぼけの解消方法

太陽光をしっかりと浴びて、散歩しよう。

これが、一番。

 

ぼくは日本に帰国して6日目ですが、しっかりと朝の太陽光を浴びながら、散歩、ストレッチをすると体がシャキッとします。

起床したら、5分でもいいので、外に出てリフレッシュしましょう。

 

時差ぼけの解消方法と対策まとめ

こんな記事もあります

 

JAL - 到着後 時差ぼけの上手な克服法(快適な空の旅のために)

 

ぼくの書いている部分と異なる部分もありますが、正直、時差ボケに関しては個人差が大きい。

日本からカナダに行く際、まったく時差ぼけにならなかったと言っています。

 

これから、海外へ行く方のご参考になれば。

 

 

エンジョイ!