YouTubeノウハウ

keynoteでYouTube用のスライド動画を撮影する方法

YouTubeを始めたいけれども、何をしてよいかわからない!

そんな方はKeynoteを活用して、スライド形式の動画を撮影してみる事をおすすめします。ブログを書いている人ならば、ブログのコンテンツを動画や音声に残す事ができるので、ユーザー層も広がります

 

Macの方向けの内容となっていますが、Keynoteを活用してスライド動画をサクッと撮影して、YouTubeにアップしてみましょう!

 

動画でも解説しているのでで、合わせてご参考にどうぞ

 

 

KeynoteでYouTube用のスライドの作成方法

  • スライド作成後、マスタースライドを16:9に設定
  • スライドの録画
  • 動画ファイルの書き出し

 

それぞれ細かく見ていきます。

 

スライドのサイズを変更

撮影用のスライドを作成したら、マスタースライドのサイズにを変更しましょう。

 

 

スライドの録画。

ツールバーの「再生」→「スライドショーを記録」を選択。スライドの録画画面となります。

このように次のスライドを見ながら、説明することができます。時間も確認することができるので、大まかな尺の調整もしやすいです。

 

 

動画にはスライドが1枚ずつが録画されています。

動画ファイルの出力

「ファイル」→「書き出し」→「ムービー」で動画ファイルの書き出し。

書き出し後は、YouTubeにアップロードしてみましょう

 

動画撮影時の注意点

 

騒音や雑音などが入り過ぎてしまわないようにしましょう。また、イヤホンマイクを使ってあげることにより、「音量が小さい」といった事も防げます。

 

マックで標準で搭載しているマイクだと、再生した時に音声が小さかったりする場合があります。イヤホンマイクを使ってあげると、

音量が小さくて聞き取りづらい!」などの事態を防げます。

 

せっかく撮影した動画の音量が小さかったら、意味がないのでご注意くださいね。

また、騒音や雑音などが入りすぎてしまわないように気をつけましょう!

 

動画撮影は意外に簡単

 

最初はやや慣れないかもしれませんが、スライドの作成から動画のアップロードまで30分〜1時間程で完了すると思います。これぐらいの作業時間であれば、負担も少なく撮影しやすいですよね。

 

ブログの内容をYouTubeで残すことによって、移動時間などでも音声のみで届けやすくなります。さらに、移動時間などに2倍速で聞いてもらうことにより、時間の節約や文字では伝えづらい部分も伝えやすくなります。

 

動画市場は2020年に5Gの導入により、さらに拡大が期待されているので是非とも取り組んでみてくださいね。

 

また、コンテンツの再利用は常に考えておくと発信活動全般がやりやすくなってきます。

 

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ