ブログの書き方

メモの威力とブログネタへの活用方法【日常全てがネタとなる】

こんにちは!みなさんはメモをする癖はあるでしょうか?

メモというとなんだか面倒くさいと思う方もいるでしょうがブロガーさんならメモを最大限活用した方がいいです。メモをする労力以上の効果が大いにあるからです。今回はメモを活用する2つのメリットについて書いていきます。

 

  • ブログをやってるけど普段メモをしたことがない
  • メモはしてるけどあんまり活用できていない

 

というような人は読んでみてください。

 

動画でも解説していますので、合わせてどうぞ。

 

 

ネタを生み出すことができる

メモを活用するメリットの1つ目はネタを生み出すことができるということです。

 

ブログを書こうと思ってパソコンを開いたけど書くことが全く出てこないというのはブロガーあるあるですよね。経験上、こういう時って時間をかけて考えても良いアイデアは出てきません。

 

なぜならブログのネタは日常に潜んでいるからです。普段歩く道、すれ違う人、よく行くお店など。何気ない日常に面白い発見はあるものです。パソコンの前ではないんですね〜

 

ぼくの知り合いがこの前カフェで作業をしてたら後ろの席におばさん3人組がやってきてものすごい勢いで愚痴の言い合いを始めました。内容は子供の愚痴でした。子育てってストレスが溜まるんですかね。それはどうでもいいんですが声が大きすぎて全く作業に集中できなくなってしまいました。

 

うるさいから席を変えようかなあと思ったところでひらめきました。

 

「このおばさん達をネタにしよう!」

 

エバーノートというパソコンやスマホで使えるメモアプリを使って自分が愚痴を聞いて感じたことをひたすたメモしました。そして2日後くらいに記事にして公開しましたw

 

このようにメモをすることで日常のどうでもいいこと、自分にとって迷惑なことですらもネタになるんです。何もしないでうるさい愚痴が聞こえてくるのを我慢しながら作業してもどうせ集中できないので効率が悪かったでしょう。愚痴をメモって記事にしようと頭を切り替えたおかげで無駄になるはずの時間が記事を生み出す準備時間に変わりました。

 

何気ない日常をブログのネタに変えることができるメモの力ってすごいんです。

思考を整理することができる

2つ目のメリットは思考を整理することができるということです。

 

「モテたい」と強く思っていたとします。しかし今までのやり方でずっとダメだったわけなので同じような努力をしていてもダメなわけです。そこでメモ帳とペンを用意しました。

 

まず、モテる要素は外見と内面。そこで自分の外見と内面についての現状とどう変えたいかを箇条書きで書き出していきました。そして変わるためにやるべき事を書きました。

 

そしてそのメモをずっと眺めているといろんな気づきが出てくるんです。外見は服や美容室ですぐに変えられるけど内面をいきなり変えるのは難しいとか。ずっとモテたいと思っててモテないんだから自己流で努力しても無理だ、モテる人に話を聞こうなど。

 

ただ考えるだけでなくメモに書き出しながら考える事で思考を整理しながら考えることができるんです。その結果、モテたいというただの願望から内面よりまずは外見を磨こう!モテる人にアドバイスをもらおう!という具体的な行動を導き出すことができました。

 

 

これでブログ1記事かけますよね。自分が今モテているかは秘密ですw

まとめ

メモを活用することで

 

  • 日常生活からネタを生み出すこができる
  • 思考整理しながら考えることができるので良いアイデアがうかびやすい

 

ネタの記録用に使う場合は先ほども紹介したエバーノートがオススメです。思考整理の場合は紙のメモ帳の方がやりやすいと思います。

 

 

以上、積極的にメモを使っていきましょう〜

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ