ネットで稼ぐ

WEBライターで稼ぐ!の仕事内容と稼ぎ方

WEBライターは副業から始めやすく、今需要が高まっているおすすめの仕事です。 とはいうものの、WEBライターってなに? どんなことをするの?というところから、わからない方も多いはず。

ぼくも、以前ならいきなりWebライターと言われてもピンと来ませんでした。

というわけで、今回は、WEBライターというお仕事について、どんなものなのか、どうやって仕事を得るのかをご紹介していきます。 WEBライターというお仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

WEBライターで副業を始めるならぜひ読んでみてね!

 

動画でも紹介しているので、合わせてどうぞ。

 

 

WEBライターとは?

WEBライターとは、その名の通り「WEB媒体専門で執筆するライター」のことです。 みなさん、興味があることや知りたいことがあると、検索エンジンを使って「検索」して、自分が読みたい内容の記事を読むという経験があると思います。

 

そういった「記事」を書くお仕事、それがWEBライターです。 WEBライターは副業としての参入ハードルが低めで、今注目されている在宅ワークの一つです。

WEBライターの仕事内容

WEBライターのお仕事は基本的に「記事を書く」ことですが、この「記事を書くためのステップ(仕事の流れ)」を簡単に説明すると、以下の通りです。

 

依頼してくる会社によってステップが異なったり、そもそも構成から準備されていることもあるので、あくまで一例としてみてくださいね。

WEBライターってこうやって記事を書いているんだ!

WEBライターのお仕事の流れ
1.執筆キーワードをもらう
2.キーワードでリサーチをする
3.リサーチをもとに検索ニーズをとらえる
4.検索ニーズをもとに執筆をする
5.直接サイトへ入稿、もしくはファイル提出

1.執筆キーワードをもらう

まずは、クライアントから執筆キーワードを提示してもらいます。 最初の段階で構成まで提案してくれるクライアントさんもいるようですが、基本は「このキーワードで書いてください」という依頼も多いでしょう。

2.キーワードでリサーチをする

クライアントから提示されたキーワードで、まずは検索してみます。 検索し、競合となるサイトがどんな内容なのか、どんなニーズに対した答えが書かれているかをチェックします。

3.リサーチをもとに検索ニーズをとらえる

リサーチした情報をもとに、「このキーワードで検索してきた人は何を知りたいのか」ということをざっくり掴み、後に行う「構成」に生かします。

 

また、検索エンジンで上位に食い込んでいる記事をチェックすることで、どんな内容が検索上位になりやすいかもチェックします。

 

例えば、「チョコレート 食べ方」で検索している人は、チョコレートを美味しく食べる方法や裏技が知りたいはず。そういったニーズに対して、答えとなる記事を書くのが基本の仕事です。

4.検索ニーズをもとに構成・執筆をする

検索ニーズを把握したら、その情報をもとに、「検索してきた人が満足するような情報」をしっかり盛り込んだ記事を執筆します。

 

執筆前には、構成(文章の枠組み)を作成し、どんな流れで、どんな記事を書くかを決めましょう。 構成を作成したら、さらにその内容を肉付けできる情報を、WEBや書籍でリサーチして記事として仕上げます。

5.直接サイトへ入稿、もしくはファイル提出

執筆をしたら、その後は編集あてにデータファイルを送るか、もしくはクライアントによっては直接データ入稿を頼まれるケースも。

 

その場合、初心者向けにマニュアルを用意してくれるケースが多いです。 どちらのパターンもありますが、実際の仕事は実務経験を積んでいけば覚えられます。コツコツ経験を積んでいきましょう!

WEBライターとして仕事を得る方法

WEBライターとして仕事を得る方法は、3パターンあります。

ほとんどのWEBライターさんがこの3パターンで仕事をもらっているみたい

・ブログやSNSに執筆依頼が来る
・クラウドソーシングや仕事募集サイトで応募する
・紹介してもらう

この中でも王道のパターンは2つめ、クラウドソーシングを活用して仕事を得る方法です。

 

まずはランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイト、もしくは@SOHOなどの仕事マッチングサイトに登録し、自分ができそうな案件を探しましょう。

ぼくの知人のWEBライターさんも、2つ目の方法で今では月収50万円を獲得しているそうですよ。

WEBライターは副業から始めるのにおすすめ!コツコツと案件をこなそう

WEBライターとは、WEB媒体に掲載されている記事を専門に書くお仕事のことです。 WEBライターの一般的な仕事の流れは以下の通り。

1.執筆キーワードをもらう
2.キーワードでリサーチをする
3.リサーチをもとに検索ニーズをとらえる
4.検索ニーズをもとに執筆をする
5.直接サイトへ入稿、もしくはファイル提出

また、WEBライターとして仕事を得る方法は、3つあります。

・ブログやSNSに執筆依頼が来る
・クラウドソーシングや仕事募集サイトで応募する
・紹介して

副業として始めるにはハードルも低く、とてもおすすめです。 これから副業を始めたい方は、ぜひ、まずはWEBライターとして頑張ってみてください!

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ