ようへいスタイル

月々いくら必要?カナダで夫婦二人ぐらしの生活費を計算してみた!

こんにちは、ようへいです。

そろそろカナダに住んで累計3年目に突入しようしています。


この6月から、カナダの家が引っ越して生活環境がやや変わりました。

それに伴って、家計にも変化が生じたのでこれを機に、

「普段どれぐらいお金を使っているのか?」を振り返ってみようと思います。

 

結論から言うと、

「思ったよりも使っているな、、、まじか?」

といった印象。

 

ちなみに、インターネットで検索してもワーホリや留学に関する生活費用しか出ていないようなので、その辺りと軽く比較しながら公開することにしました。

今後、新居や周辺環境も随時投稿していこうと思います。

 

長く住みたい人のご参考までに。

 

  

前提条件

・夫婦二人暮らし

・現在は共働き

・年に1度程度の日本との往復(多分)

・カナダのウィスラーという地域在住

 

バンクーバーから車で2時間ぐらいの標高700メートルぐらいの所に住んでいます

今回引っ越したのは、同じ街ウィスラーで前の家からは車で10分以内のところ。ゲレンデまで車で数分。

 

以前まではシェアハウスに暮らしていました。

結婚してもシェアハウスなの?っといった感じですが、それなりに楽しかったですよー!

 

で、軽く住んでいるところを紹介します。

とりあえず、冬になるとめちゃくちゃ、豪雪です。マイナス20度になるときも。

スノーボードが好きなぼくにとっては嬉しいけれども、それで辛い時もあります。

 

f:id:yohey-hey:20170613092026j:plain

 

写真は、2017年の冬のとある日。普段つかっているスバルの車が埋もれてしまった。

こういう時は町中にずっと、除雪車が走っています。

 

反面、夏場は過ごしやすくて、湖とかでのんびりできます。

f:id:yohey-hey:20170613092112j:plain

f:id:yohey-hey:20170613092120j:plain

 

友達からヨガを習えたりして面白い。今はその友達はアメリカとか、どっかに旅立ってしまったけれども。

 

冬はスノーボード・夏は湖でのんびりしたり、ハイキング・キャンプと比較的、1年中、外で遊んでいます。

 

ではでは、話は戻って生活費について。

カナダでは子供一人につき、18歳になるまで月600ドル(年間70万円程度)が支給される。(親の収入によって変動するらしい)また、高校までの教育費も全て無料。

 

なので、日本に比べれば金銭面での教育的側面の負担は少ないと思われる。

ぼくにとっては近い将来関係してくるので、非常に有難い点です。

 

実際は子育てをまだしたことがないので、なんとも言えませんが、周囲の声をちらほら聞いていると、「経済的にはだいぶ助かっている!」といった人が多いです。日本では1万円〜1万5000円程度なので、大きな違いとなっています。

 

カナダでの生活費を計算してみた

固定費、流動費、その他(年間で発生する費用など)  といった感じで分けてみました。なお、今回は1ドル=100円として計算しています。

実際は1ドル=85円〜90円前後な事が多いですが、両替時の手数料の考慮やら、面倒なので便宜上こうなった事をお許しを。

 

固定費(月額)

・家賃(1LDKみたいな感じ):86,000円

・光熱費:13,000円

・通信費用(インターネット):7,700円

・アマゾンプライム:325円

・車の保険:15,000円(概算)

・健康保険:10000円(概算)

合計:132,025円

 

夫婦二人での固定費。うーん、固定費が高いですね。

でも、一人約61,500円と考えるとそんなに高くもないのかな?

 

特筆すべきは車の保険。日本だと年間5万円ぐらいだったような記憶がありました。色々と調べてみても、どうやらカナダでは日本に比べて車の保険が高いようです

概算というのはいまいち正確な数字が把握できてないので、とりあえずの数値。

 

ぼくの住んでいる地域は、車がないと生活が不可能!というほどのレベルではないですが、車がないと行動範囲が極端に狭くなってかなり不便。長く住むなら場合は、ほぼ必須。

 

ぼくは携帯電話は持っていない、電話嫌い。でも、スノボードしているときに、怪我したらレスキューを呼べないから、所有したほうが良いのかな?とも思う。冬シーズン中のニュースで、雪山で死んだ、みたいな話をちららほらきくので。

 

どこでも滑れる反面、リスクも自分で判断しなきゃいけないんです。

過去に2回ぐらい、滑るところを間違えて、断崖絶壁に出てしまったことがあって、リアルに焦りました。

 

関連記事:ブログ読者の方がカナダのウィスラーに来たので、断崖絶壁の自殺ジャンプをした話。 

 

上記の記事ではさらっとしか触れていませんが、1歩間違えたらかなりの大怪我だったと思います。

 

あと、車もそろそろ買い換えないとやばいっぽい。(泣)

どこかに、良い車ないかな?(格安で・・・)

 

追記:友人から以下のような連絡をいただきました。

 

車の保険高いよねー
でも、車検がないから、トントンなのかなー?
あまりにも安い車買っちゃうと、修理代が高くつくので注意よ


子供手当、親の収入で金額変わるみたい!
学校上がるまでは、結構お金かかるかも
デイケア、高いよ〜

 

そいうえば、カナダ車検がないのを忘れていました。その分、保険が高い。

 

 

変動費 (月額)

・食費:20,000円

・日用品・消耗品:20,000円

・交際費:15,000円

・交通費:15,000円

・書籍:20,000円

・オンラインサロン:6000円

合計:116,000円

 

月々変動するお金の目安が,夫婦二人で約116,000円

おそらく、実際の生活費はもうちょっと少ない金額だと思います。交際費とか、食費や交際費ってこんなにかかってないだろうし。

 

日用品・消耗品にはサプリメントや化粧品も計上。化粧品がどれぐらいかかっているのかいまいちわかりませんが、二人で20,000円と計上

 

カナダで外食した場合、税金が13%+チップ(飲食費の10%前後)が必要なので、あまりしたくない。生活費を圧迫しちゃうし。

というか、チップの概念に未だに慣れない。日本はサービスも料金に含まれているから、「え?お会計とは別に、さらにお金とるのかよ?」みたいな。

 

だから、ぼくの場合はお家で持ち寄りで食事することが比較的多いです。

 

f:id:yohey-hey:20170613092139j:plain

 

正月の新年会的な。ブログばっかり書いていて、ろくに料理を提供しなかったので、もちろん、皿洗いをがんばりましたよ(笑)。

 

交通費はバンクーバーに月1,2回ぐらいと普段のバスとか。

書籍代金は約2万円ぐらい。最近は、ネット上の有料記事とかを読むことが多い。

 

オンラインサロンは2つほど所属していて今は6000円ぐらいだけど、適宜、学びたい分野について加入している。今後も積極的に活用すると思う。  

 

その他(年間で発生する費用など)  

・スノーボードシーズン券(11月〜5月まで一括):15万円(ぼくのみ)

・キャンプ関連:???→嫁に任せっきり。数万円程度

・スノーボードグッズ:4〜5万円(ぼくのみ)

・日本へ航空券往復:30万円

・日本で過ごす為の資金:15万円

合計:年間60万円+キャンプ代(数万円

 

趣味のスノーボードに年間20万円ぐらい使っています。シーズンパスとその他の用具などの合計金額。ただ、最近のぼくの趣味はこれぐらい。月で考えると1万6000円ぐらい。

 

お酒は飲まない・タバコも吸わないので、趣味に生活費がめちゃくちゃかけている!というわけでも、ないかなと思います。タバコ吸う人って1ヶ月で1万円以上使う人も、珍しくないのでは?

 

f:id:yohey-hey:20170613092101j:plain

とある日の、スノーボード。天気が良くて良い感じ。

 

夏場はキャンプやらハイキングやらに出かけますが、この辺りは完全に妻の一任。なので、費用がどれぐらいなのかイマイチわからない。キャンプのテントって3万円とかして、結構高いみたいなんですよね。

 

妻の趣味という側面が強いですが、ぼくも楽しんでいます。去年はあまり行けなかったので、今年はもう少し色々と行きたい。

 

あと、日本に帰るたびにそれなりに、お金がかかるので、用意しておく必要も。

時期にもよるけれども、一人15万円の航空券のお金がかかる、と考えておいたほうが無難。両方の実家がある、東京と九州の飛行機も含むともう少しかかる見込み。

 

なんだかんだで、航空券以外にもバスとかで、地味に出費になるんですよね。

 

あらかじめ予約しておけば、年末年始とかの繁忙期でも10万円以下で往復できる航空券もあるようなので、とりあえず早く抑えた方が良いです。ただし、予定の変更が生じたらキャンセル料もそれなりに、かかる場合もあるので注意。

 

過去に1度、キャンセル料だけで4万円ぐらいかかって、ビビりました。 

 

飛行機や趣味などで年間に60万円程度かかっているので、月額に換算すると4万円となった。こういった年間で発生する生活費用を考慮しておくこと、家計にとって安心。

 

今後、増加見込みの生活費

・子供のおもちゃ:???

・教育費:???

 

この辺り、よくわかりません(笑)。上限はない感じ。

今の所、特にこれといった教育方針はないので、多分、子供の自主性に任せます。親の楽しんでいる姿をみて、勝手に楽しく育ってくれればそれで良いです。ぼくが、そんな感じだったので。

 

「子供は親の言うことは聞かずに、親の背中を見る」という有名な言葉があるので、自分たちの背中を感じてもらえる環境があれば、それで良いかなと思う。

 

子供はその辺りはすごい敏感ですから、親との距離は近すぎるので、言ってることなんてほぼ100%聞かないと思います。というか、自分がそうでした。

 

まぁ、「来年の話をすると鬼が笑う」というので、どうなるかよくわかりません。

とりあえず、柔軟に対応していきたいです。

 

カナダでの夫婦二人の生活費に関するまとめ 

f:id:yohey-hey:20170613092147j:plain

 

  • 固定費:132,025円
  • 変動費:116,000円
  • その他:40,000円
  • 合計:288,025円

 

夫婦二人で諸々合わせると月々約29万円、年間約345万円となりました。

多少多めかな?でも、大体の項目は洗い出したので大きく違いはないと思います。

 

一人あたり、14.5万円ぐらい。貯蓄や臨時の出費に対する備えもしておきたい事を考慮すると、ざっくりですが年間400万円ぐらいの世帯年収が必要そうです。

 

今回計算して改めて驚いたのは、日本に1度帰国するだけで1,5ヶ月〜2ヶ月ぐらいの生活費がかかるという点。少し多めに計上しているとはいえ、1ヶ月分の生活費は絶対にかかる。

 

年に1回程度しかかからない出費が結構、大きな比重を占めているとは・・・。

こればかりは、どうしようもないので、なるべく早くチケットを抑えるようにして節約していきます。

 

まとめると車の保険と航空券が思ったよりもかかりますが、その他は日本で生活するのとあまり変わらないかな?といった感じだと思います。

 

「海外に住んでいる」というとお金がかかるんでしょ?と言われますが、ぼくのケースではそんなことありませんでした。

 

世帯年収400万円程度で生活できるので、そんなに特別な感じでは無いと思います。

恐らく頑張れば年間300万円ぐらいでも暮らせると思います、カツカツは嫌ですが(笑)

 

地域やライフスタイルによっても、大きく変わると思いますが、一つのご参考までにー!

 

こんな記事も書いているので、カナダやウィスラーに興味がある方は合わせてどうぞ。

 

関連記事

「海外移住」約2年カナダに住んでわかった、7つのメリットと5つのデメリット