ブログ稼ぐ

初心者に知っておくべき、コピーライティング3つnotについて

ブログで収益が思うように上がらない!

ブログ運営を続けていると、収益を上げたい記事などに対して思うように成果が上がらない時もあると思います。そんな時は、コピーライティングを適宜取り入れることによって売上が大幅に変わるケースもあります。

 

今回は基礎的な部分についてとなります。コピーライティングは日常生活でも、様々な場面で応用できるのでこれを機会に学んでみてくださいね。

 

動画でも解説しているので、合わせてどうぞ!

 

 

コピーライティングとは?

 

一言で言うと心理学に基づき、言葉で人間を行動させることです。ブログ運営において、コピーライティングを覚えておくことは売上の向上に繫ります。なぜならば、サービスの成約や商品の購買まで読者を行動させやすくなるからです。

 

一種の学問なので、一定の定石や学び型が存在しています。全てを学ぼうとするとなかなか大変ですが、今回は基本形となる3つnotについてご紹介します。

 

コピーライティングを学ぶなら、1度は耳にするとても大事な部分です。

 

コピーライティングの3つのnotについて

マクスウェル・マックハイムさんという有名なコピーライターが提唱した、文章についての格言です。

 

  • 読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Act)

 

それぞれ、深掘りしていきます。

 

読まない(Not Read)

なんだか、このブログイマイチそうだなー!

そう思われてしまうと、文章を読み進めてもらえなくなってしまいます。当たり前ですが、読んでもらえなければ、伝えることが出来ないし、行動を促すこともできません。

 

第一印象となるブログのタイトルや導入文を、工夫して読ませる必要があります。

 

信じない(Not Believe)

読者が読んでくれたとして、見ず知らずの人の記事を信用するかは一つのポイントです。共感が生まれたり、役立つ内容となっていれば信じてもらえて行動へと繋げやすくなります。

 

ブログではよく体験談が大事と言われますが、体験したことにはリアリティが生まれるので結果的に信じてもらいやすいといった側面もあります。

 

 

行動しない(Not Act)

商品やサービスを購買に繋げたい場合は、行動させる必要があります。

「あとで、やればいいや!」っと思われてしまっては、機会損失になってしまいます。

 

そうならない為にも、限定性や希少性など取り入れると行動させやすくなります。コンビニとかでよく見かける「季節限定」などの文言もこれに当てはまります。

 

最初は読まない壁を超える事を意識

  • なぜ、ブログを途中で読まなくなったのか?
  • なぜ、ブログ最後まで読んでしまったのか?
  • 他の人はどんなタイトルや導入文を使っているのか?

 

などを意識してあげると、読まないの壁を超えやすくなります。特にタイトルはかなり大事なので、意識して勉強してほしいポイントの1つです。

 

コピーライティングを少しずつ取り入れてみよう!

 

いきなり全てを理解して、取り入れていくのは難しいと思います。自転車の乗り方を習得するときも、何回も転びながら徐々に乗れるようになりましたよね。

 

それと同じようにコピーライティングも、こうした基礎を知っておき徐々に身につけていきましょう!

 

コピーライティングを意識したことで、売上が2倍以上になるケースも珍しくありません。発信者として抑えておきたい文章術の一つです。

 

なにか交渉したい時や人を行動させたいときにも応用できる文章術となっているので、ぜひとも活用してみてくださいね。

まずは読まないの壁を超えるために、タイトルや導入文を見直してみましょう!

 

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ