ブログ稼ぐ

稼げないブログにならないために!ASPを効率よく使おう!

ブログで稼ぎたい!!

ブログを運営している人なら誰もが思うことですよね。記事を書くことで読者に価値を提供し、その対価としてお金が稼げれば嬉しいものです。お金が稼げるとブログを書くモチベーションを維持することもできます。しかしながらブログで稼ぐことは簡単なことではありません。

 

そこで自分がおすすめするのはASPというサービスです。ASPを効率よく使えるかどうかでブログ収入は大きく違ってきます。今回はASPの概要やメリットについて解説していこうと思います。

 

  • ブログを頑張って書いてるけど稼げていない
  • これからブログを始める予定でどうせなら稼げるブログにしたい

このような人には役にたつ内容となっているので読んでみてください。

 

動画でも解説しているので、移動時間などに合わせてどうぞ!

 

稼げないブログの特徴

まず、稼げないブログの特徴を一言でいうとなにで収益化するかが明確でないブログです。ゴールが決まっていないといくら記事を量産しても収入はすずめの涙です。

 

サッカーで例えてみます。サッカーはシュートを決めて点を取り、その点数を競うゲームですよね。みんなでパスをつないでゴールを目指すわけです。しかしゴールがどこにあるかわからなかったらどうでしょうか?進む先がわからないしどこにめがけてボールを蹴ればいいかもわからないですよね。ブログも同じです。

 

なにで収益化するかというゴールが決まっていないとどんな記事を書けばいいかがわからないのでただなんとなく記事を量産してしまいます。なんとなくで点が取れることもたまにはありますが本当に稀です。

ASPを利用しよう

なんとなく記事を書いた場合の収益化の手段としてはグーグルアドセンスがあります。グーグルが用意した広告を自分のブログに貼り付けて読者が広告をクリックすると収入が入るという仕組みです。広告の内容は読者がネットでよく検索する分野を自動で分析して興味を持ちそうなものを表示してくれるのでどんな記事であっても貼り付けてOKです。

 

これだけ聞くと良いことばかりですがグーグルアドセンスのクリック単価はそこまで高くありません。ワンクリックで150円くらいです。なので頑張ってブログを書いてたくさんの人が見てくれるようになっても大きく稼げるようにはならないのです。

 

そこでASPです。

 

ASPとは・・ インターネット上で商品やサービスを提供するECサイトとそのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトの間を取り持つ広告代理サービス
 

要はASPに登録するとアフィリエイトリンクを貼れるようになるってことです。アフィリエイトはグーグルアドセンスと違ってクリックされただけでは報酬は発生せず、読者がそのリンク経由で商品を買う必要がありますが一件につき8000円などの高単価のものもあります。

 

知り合いでも以前はアドセンス頼りのブログを運営していたのですが1年くらい頑張って収入は約5000円でした。そこで戦略を変えて高単価のアフィリエイト成約に結びつくような記事を書いたところ1件成約しただけでアドセンスの1年分の収入を超えました。

 

というわけでASPは絶対に利用した方がいいです。まずは自分のブログのテーマとマッチする高単価のアフィリエイトを1つ決めて、それについての記事を書いていくことをおすすめします。もちろんアドセンスも貼っておいて問題ないです。

まとめ

  • ブログで稼ぐにはなにで収益化するかを明確にする
  • ASPに登録して高単価のアフィリエイトを紹介する記事を書く

 

お金を稼ぐためにブログを書くなんて汚い」という人もいますがお金を稼ぐということは人の役に立っているということです。稼げるブログを作ればたくさんの人の役にたつことができるので稼ぐことにこだわっていきましょう〜!

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ