ブログの書き方

ブログでインタビューや取材記事をする時の事前準備

ブログでインタビュー記事を書いてみたい!

インタビュー記事は少しハードルが高く感じるかもしれません。
でも、事前準備をしっかりとしておけば大丈夫!

っというわけで、今回はインタビュー記事の準備事項やポイントなどを綴っていきます。

 

動画でも紹介しているので、合わせてどうぞ!

 

 

ブログのインタビュー記事のメリット

インタビュー記事ってどんな利点があるの?

一番の利点は「オリジナルの体験が書ける」っといった部分だと思います。テレビやドラマでも、ドミュメンタリー番組ってリアリティや臨場感がのって面白いですよね。

 

また、コンテンツの差別化にも繋がります。インタビュー記事を取り入れることによって、コンテンツが独自の物になりやすいので、気になった分野に関してはインタビュー記事を取り入れてみると良いですよ!

 

ブログのインタビュー記事の事前準備

 

取材相手の事前調査

取材したい人が、ブログやSNSで発信している場合は一通り確認しましょう!過去の発信で書かれていることを聞かれても、インタビューを受ける側もモチベーションが上がりません。

 

基本的な事ですがこれが出来ないと、次の質問事項の選定にも影響を及ぼします。

 

 

質問事項の選定

記事にする上で聞きたい事、気になった事を10〜20程度リストアップしてみましょう!過去の発信から気になった部分を深掘りしてみると内容が濃いコンテンツとなります。

 

また、お金関連に関する話題は記事が読まれやすい傾向にあるので、もし取材していて聞けそうであれば尋ねて見るのもありです。この辺りの話題を嫌う人もいるので、インタビュー中の空気感も大事にしてあげると取材が円滑に進みやすいです。

 

音声録音を活用しよう!

取材を受けるかたの許可をとって、インタビューの音声録音をしましょう。後日、聞きなおすことによってインタビュー中には気づかなかった点や、書き漏れを防ぐことができます。

 

また、今後インタビューする時の反省点にもなるので

あの時はこっちの質問の方が、良かったかな?

っと、取材をしたあとは振り返ってみましょう!

 

そうすることにより、次回のインタビューに活かされて良いコンテンツの生産に繋がっていきます。

 

ブログのインタビュー記事を書く時の注意点

  • 吹き出しを積極的に使う
  • 改行が多めの方が読みやすい

 

例えば、新R25のインタビュー記事では吹き出しを取り入れていて、読者に読まれやすい内容なっています。

 

引用:「サイズが微妙」「届くのが遅い」とZOZOのオーダースーツにツッコんだら、作り手の情熱に圧倒された

 

インタビュー記事はどうしても文字の比重が多く気なってしまいがちなので、空白を適宜入れてあげましょう。何故ならば、スマホで読んでいるときに、文字だけだと圧迫感があって非常に読みづらいです。

 

パソコンやタブレッドなどだあれば、文字が多めでも読みづらさは軽減されますが、スマホは画面が小さいので、文字を読み続けるのは非常に疲れます。

 

個人的には「少し改行が多すぎるかな?」ぐらいの方で、ちょうど良いと思います。新R25のインタビュー記事の構成は読みやすくて、伝わりやすいので参考にしてみて下さい。

 

早速、インタビュー記事を書いてみよう!

あなたが気になっている話題や人物にインタビューをしてみましょう!経験を積むことによって、コンテンツの品質もどんどん改善されていきます。結果的に、記事の向上が体感できます。

 

記事のネタに困った時は、インタビュー記事を取り入れてオリジナルのコンテンツを作って見ると楽しいですよ!

 

ぼくへのインタビューも随時お待ちしておりますー(笑)。

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ