ブログの書き方

「情報」と「情熱」を綴るべき理由。

ツイッターやInstagramなどのSNSや、ブログなどで情報発信をする人が増えてきましたよね。

だけど「情報」を羅列している発信が多いようにみえて、とてももったいないと思います。

 

せっかく情報発信をするのだから、たくさんの人に見てもらいたいですよね。

だから今回は多くの人に見てもらうために、「情報発信をするときの心構え」として、情報だけでは伝わらないよ!というお話をしていきます。

 

動画でも解説しているので、あわせて解説しているのでどうぞ。

 

 

情報の羅列になってしまう

例えば「レストランを紹介する記事」を書くとします。

  • メニューの値段
  • こういう人におすすめ
  • 立地
  • 売っているもの

など、情報を羅列した記事になっていないでしょうか?

 

情報も大事ですけど、これだけだと「お店の公式ホームページを見ればいいじゃん」ってなっちゃいますよね。

 

だから、これらに加えて、感情に訴えかけることを意識しましょう。

例えば、味はどうだったとか、お店の雰囲気や、印象的な出来事などを盛り込みましょう。

情熱と情報の両立をイメージしましょう。

 

感情をのせる

例えばラブレターを書いたとして、「自分はこういう人間です」と自己紹介を書かれるより、「あなたが好きです」と書かれた方が心に響くと思います。

気持ちを伝えるようにして、文章を書きましょう。

その方が相手に好印象ですし、覚えてもらえます。

 

アナウンサーのしゃべり方はとてもていねいで聞き取りやすいですが、心に響かないですよね。

これは「情報」はあるけどしゃべり方に「感情」がのってないからです。

 

体験談を盛り込もう

ではどういう方法をとれば、「感情をのせる」ことができるのでしょうか?

 

もっとも簡単な方法として、体験談を盛り込むことがあげられます。

使ってみて「便利だよ」「よかったよ」というだけではなく、そこにプラスして自分の感情を込めましょう♪

 

まとめ

  • 情報の羅列だけじゃなく、感情を盛り込もう
  • 「体験談」があると、相手にも伝わりやすい

 

あなたの書いた記事を、せっかく読むなら楽しいと思ってもらいたいですよね。

今日お伝えしたことを意識して、たくさん記事を更新して、あなたのファンを作っていきましょう♩

最後まで読んで頂き有難うございます!

 

発信力を鍛えて月10万円稼ぐノウハウ提供中

日本の会社に馴染めず海外に現実逃避。その後、現地で働きながらブログやSNSで発信を続けると視野が広がり、結果として収入が増加してきました。ブログでは話さないお金の話をLINE@で発信中!収入を上げたい!在宅で働きたい!っという人は無料なので是非!

 

 

 

このブログの運営者

f:id:yohey-hey:20160829215728j:plain

天野洋平

1986年8月6日生まれ・東京出身

26歳で富士通退社→スノーボード大好き過ぎて、カナダの山奥に移住。三度の飯よりスノーボード!最近は仮想通貨を遊びの範囲でやってます。

ブログ開始6ヶ月で135,000円稼げたノウハウはコチラ

ブログでは言えないお金の話はコチラ

ブログ・noteの運営戦略と収益報告

 

お問い合わせなどはこちらからどうぞ→お問い合わせ